zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 9

カード 5枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • Aは、Bに対して貸付金債権を有しており、Aはこの貸付金債権をCに対して譲渡した。当該貸付金債権に譲渡禁止特約が就いている場合で、Cが譲渡禁止特約の存在を過失なく知らないとき、BはCに対して債権譲渡が向こうであると主張することができない

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

債権譲渡に関する○×問題!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    Aは、Bに対して貸付金債権を有しており、Aはこの貸付金債権をCに対して譲渡した。当該貸付金債権に譲渡禁止特約が就いている場合で、Cが譲渡禁止特約の存在を過失なく知らないとき、BはCに対して債権譲渡が向こうであると主張することができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    「Aが,Bに土地を譲渡して登記を移転した後,詐欺を理由に売買契約を取り消した場合で,Aの取消し後に,BがCにその土地を譲渡して登記を移転したとき,Aは,登記なしにCに対して土地の所有権を主張できる。」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 遺贈により不動産を取得した受遺者Iは、遺言者Gの生前に不動産の移転を受けた者Hとの間で物権の帰属を争う関係となり、対抗問題となります。詐欺を理由として取り消した後に現れた第三者Cと元の契約を取り消したAとの優劣は、Bを基点とする二重譲渡と同じように考え、登記の先後により決まります。

    解説

  • 3

    AがBに対して1000万円の代金債権を有しており、Aがこの代金債権をCに譲渡した場合、AがBに対して債権譲渡の通知をうれば、その譲渡通知が確定日付によるものでなくても、CはBに対して伊豆からに弁済するように主張することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    Aが、AのBにたいする金銭債権をCに譲渡した場合、Aは、Cへの譲渡について、Bに対しては、Aの口頭による通知で対抗することができるが、第三者Dに対しては、Bの口頭による承諾では対抗することができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    契約時点ではまだ発生していない将来債権でも、発し原因や金額などで目的債権を具体的に特定することができれば、譲渡することができ、上と時点でその債権発生の可能性が低かったことは譲渡の効力を直ちに否定するものではない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56679

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ