zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建 ○×問題 3

カード 7枚 作成者: kazu (作成日: 2013/10/26)

  • BからB所有の土地売買の代理権を与えられたAが、CをだましてBC間の売買契約を締結した場合は、Bが詐欺の事実を知っていたと否とにかかわらず、Cは、Bに対して売買契約を取り消すことができる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

代理に関する○×もんだい!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    BからB所有の土地売買の代理権を与えられたAが、CをだましてBC間の売買契約を締結した場合は、Bが詐欺の事実を知っていたと否とにかかわらず、Cは、Bに対して売買契約を取り消すことができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    Aが、Bの代理人として、Bから土地売買の委任状を受領した後、破産手続き開始の決定を受けたのに、Cに当該委任状を示して売買契約を締結した場合、Cは、Aが破産手続き開始の決定を受けたことを知っていたときでも、Bに対して土地の引渡しを求めることができる    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × Aが代理権を失った後で代理人として行ってもその効力は、本人Bに帰属する。しかし、Aが破産手続き開始の決定を受けて代理権を失ったことを、相手方Cが知っていた場合には、Cは保護に値しない。だから、この場合には、Aの代理行為は無効となる。

    解説

  • 3

    Bの代理人Aが未成年者であって、法定代理人の同意を得ずにBの所有地をCに売却する売買契約を締結した場合、Bは、Aに代理権を与えていても、その売買契約を取り消すことができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 未成年者でも、代理人になれる。だからBは契約を取り消せない

    解説

  • 4

    Aは、Bにマンションの一室を賃貸するにあたり、管理を業としないCとの間で管理委託契約を締結して、Cに賃料取立て等の管理委託契約を締結して、Cに賃料取立て等の代理権を与えた。Cは、地震のため負傷を負った場合、Aの承諾なく、Dに賃料の取立てを委託することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    Aの代理人Bが復代理人Cを適法に選任したときは、CはAに対して、代理人と同一の権利を有し、義務を負うため、Bは代理権は消滅する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 復代理人を選任しても、代理人は代理権を失わない

    解説

  • 6

    買主Aが、Bの代理人Cとの間でB所有の甲地の売買契約を締結する場合、CがBの代理人でることをAに告げなくても、Aがその旨を知っていれば、当該売買契約によりAは甲地を取得することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    Aが、Bに代理権を授与してA所有の土地を売却する場合、Bは、Aの同意がなければ、この土地の買主になることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

57033

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ