zuknow learn together

新しい教材を作成

薬学用語8

カード 40枚 作成者: mako (作成日: 2013/12/16)

  • モーニングディップ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    モーニングディップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 早朝にみられる喘息発作

    解説

  • 2

    ライフスタイル・ドラッグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生命に危険を及ぼすような病気ではなく、日常生活で気になる症状や体調を改善することにより、その人の生活の質(QOL)を改善し快適に過ごすために用いられる医薬品。

    解説

  • 3

    ラクタム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環状アミド化合物。分子内のカルボキシル基とアミノ基が脱水縮合して生成する。

    解説

  • 4

    ラセミ体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エナンチオマーの等量混合物のこと。 ラセミ体は旋光性が相殺されて光学的には不活性な化合物(混合物)であり,旋光度はゼロを示す。

    解説

  • 5

    ラノリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羊毛から得た脂肪様物質を精製したもので、淡黄色の軟膏様の物質。

    解説

  • 6

    リグナン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェニルプロパノイドの中で、C6-C3単位が2-4個縮合することにより生成する化合物群をいう

    解説

  • 7

    リビングウイル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 患者が事前に不必要な延命措置をしない,すなわち尊厳死を望むことを文書で宣言しておくことをいい,その場合は医師は患者の意思に従い蘇生術などの延命措置を行わない

    解説

  • 8

    リボソーム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質合成の場として機能する小顆粒で、タンパク質とRNAからなる

    解説

  • 9

    リボフラビン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 橙黄色針状結晶で,水に可溶,アルコールに難溶,エーテルに不溶.水溶液は黄緑色の蛍光を発する.熱には中性、酸性で安定であるが,アルカリで分解されやすい.光に対しては不安定で、酸性・中性溶液中で光分解して青色蛍光物質ルミクロムとなる。アルカリ性溶液中では光には特に不安定で、分解されてルミフラビンとなる

    解説

  • 10

    レプチン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂肪細胞から分泌され、食欲の抑制やエネルギー代謝の亢進を介して体脂肪量の調節、飢餓への適応をつかさどるホルモン。

    解説

  • 11

    レペタブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内核錠に腸溶性コーティングを施し,さらに速放性の外層を組み合わせた有核錠の一種。

    解説

  • 12

    ワクチン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免疫反応の抗原となる微生物やその産物を含むものであり,感染症の予防を目的として注射や経口投与により生体に能動免疫をつくりださせる製剤.生きた弱毒病原体(生ワクチン),不活化病原体(またはその一部),病原体代謝産物(毒素,毒素の不活化物であるトキソイド)が使用される.

    解説

  • 13

    下剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 便秘、不消化物や毒物など有害物質の排泄、結腸検査、腹部手術前の処置などに用いられる 。

    解説

  • 14

    不整脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓の刺激生成あるいは刺激伝導の異常によって、心臓のリズム(洞調律)が正常でない状態。

    解説

  • 15

    中心体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動物細胞や下等植物細胞の核周辺にあり、細胞分裂時、中心的役割を果たす細胞小器官である。

    解説

  • 16

    中間径フィラメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞骨格要素の一つ。ビメンチン等の複数のタンパク質からなり、ミクロフィラメントより太く微小管より細い。

    解説

  • 17

    交感神経-副腎髄質系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視床下部-交感神経-副腎髄質系のこと。ヒトのストレスシステムを構成している。

    解説

  • 18

    人工力誘起反応法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 量子化学計算に基づく反応経路探索法の1つである.反応物同士の間に適当な人工力をかけることによって,それらが結合していく反応経路を効率よく探索できる.

    解説

  • 19

    代謝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬物、毒物などの生体外物質(Xenobiotics、異物)の代謝反応

    解説

  • 20

    体内被曝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食物や空気中に含まれる放射性物質を体内に取り込み、それから発せられる放射線を体内で受けること

    解説

  • 21

    体外被曝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体外に存在する放射性物質やX線発生装置などから放射線を受けること

    解説

  • 22

    体性幹細胞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全組織・臓器にある幹細胞のうち,胚盤胞からつくる胚性幹細胞以外のもの

    解説

  • 23

    体格指数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肥満度の判定方法の一つ。体重(kg)/身長(m)2で求められる。

    解説

  • 24

    作動薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受容体に結合し,生体内物質と同様の細胞内情報伝達系を作動させる薬物。

    解説

  • 25

    保存剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微生物の発育を阻止するために加えられる添加剤。

    解説

  • 26

    催吐薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タバコ,医薬品等の誤飲時に胃内容物を吐き出させる目的に使われる薬物

    解説

  • 27

    光学分割

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エナンチオマーの分離を行うこと。

    解説

  • 28

    免疫抑制薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体内で過剰に起こっている免疫応答を抑制しようとする薬剤

    解説

  • 29

    共有結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子の移動ではなく電子の共有により結合を形成。

    解説

  • 30

    冷凍療法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 液体窒素または二酸化炭素による超低温を局所的あるいは全身的に使用し、人為的に凍傷様の反応を起こし、病巣部の組織を破壊する外科的治療法。

    解説

  • 31

    内臓脂肪

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腸管膜脂肪や大網脂肪などの腹腔内の内臓組織に蓄積された脂肪のこと

    解説

  • 32

    冷罨法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 局所または全身に寒冷刺激を与える方法。

    解説

  • 33

    凍結製剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凍結した状態で製剤化されたプレミクスト製剤のこと

    解説

  • 34

    処方せん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医師が特定の患者の疾病に対して、治療に必要な医薬品を選定し、その分量および用法用量ならびに使用期間を定めた内容(処方)を記載したもの

    解説

  • 35

    出血傾向

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出血しやすく、いったん出血するとなかなか止まらない状態

    解説

  • 36

    初回通過効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬物が投与部位から全身循環血に移行する過程で起こる分解や代謝のこと

    解説

  • 37

    副作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病気の治療に関わる主作用に対し、それとは異なる別の作用や有害である作用のこと

    解説

  • 38

    動悸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 普通には自覚されない心臓の鼓動を前胸部に感じる不快感。普通は心臓の拍動が亢進しているときに起こるが、正常心拍でも動悸を感じる場合もある

    解説

  • 39

    化学療法薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 病原微生物に対して殺菌作用、あるいは発育抑制作用(静菌作用)を持つ化合物や、抗がん、抗腫瘍活性を持つ化合物のうち化学的に合成されたもの

    解説

  • 40

    医療用医薬品

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医師または歯科医師によって使用されること,あるいは,医師または歯科医師によって処方せんまたは指示によって使用されることを目的として供給される医薬品

    解説

57039

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ