zuknow learn together

新しい教材を作成

薬学用語6

カード 40枚 作成者: mako (作成日: 2013/12/16)

  • タクロリムス

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    タクロリムス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免疫抑制薬の一つ。肝・腎・骨髄移植時の拒絶反応抑制に用いられる。

    解説

  • 2

    タフトの立体因子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Taftにより考案された置換基の大きさを表す代表的なパラメーターのこと

    解説

  • 3

    タモキシフェン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗エストロゲン薬。乳がん組織などのエストロゲンレセプターに対してエストロゲンと競合的に結合し,抗腫瘍作用を発揮する。

    解説

  • 4

    タンニン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 植物起源のポリフェノールで、タンパク質、塩基性物質、金属などと水に難溶性の沈殿を生じる化合物群

    解説

  • 5

    タンパク質の1次構造

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質は生体を構成する主要な高分子化合物で、アミノ酸が1次元的にアミド結合(ペプチド結合)で多数つながったもの

    解説

  • 6

    タンパク質の高次構造

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質分子を渦巻状にまく(2次構造)、ひとつのタンパク質はαヘリックスやβシートなどで分子全体がまとまりをもった状態(3次構造)、複数のポリペプチド鎖が集まって全体として機能を発揮(4次構造)の総称。

    解説

  • 7

    チアノーゼ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血中の還元ヘモグロビンの増加によって、皮膚、粘膜が暗紫色になる状態

    解説

  • 8

    チアミン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB1のこと

    解説

  • 9

    チェックポイント制御

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞周期の各期の進行を秩序正しく進行させるための、細胞周期制御機構

    解説

  • 10

    チオール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルコールやフェノールのヒドロキシ基をスルファニル基(−SH)に置換した化合物

    解説

  • 11

    チトクロムP450

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細菌から植物,哺乳動物に至るまでのほとんどすべての生物に存在する、分子量約45000から60000の酸化酵素で,異物(薬物)代謝においては主要な第一相反応の酵素

    解説

  • 12

    チュアブル錠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 錠剤をかみ砕いたり,唾液で溶かしたりして服用する錠剤

    解説

  • 13

    ツベルクリン反応

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結核抗体の有無を検査する抗原抗体反応

    解説

  • 14

    テトロドトキシン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フグ毒の主成。アルカリ、強酸溶液中で分解し、熱には安定。。テトロドトキシンの中毒症状は、消化管からの吸収が速いために30分から4時間程度で、唇や舌、指先のしびれ、言語障害、運動失調、知覚麻痺が現れ、麻痺が進行すると呼吸麻痺で死亡する

    解説

  • 15

    テルペノイド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イソプレンが複数個結合してできた天然有機化合物群

    解説

  • 16

    デザイナードラッグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 規制薬物である麻薬や覚せい剤の化学構造の一部を,他の官能基に置き換えたものであり,乱用目的で流通している化学物質を指す

    解説

  • 17

    トコフェロール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂溶性ビタミンの一つ。ビタミンEのこと。無色,または淡黄色油状.熱,紫外線により分解されにくいが,非常に酸化されやすい。

    解説

  • 18

    トラフ値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬物を反復投与したときの定常状態における最低血中薬物濃度。

    解説

  • 19

    トランスレーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞内でメッセンジャーRNA(mRNA)の塩基配列情報をもとにリボソーム上でタンパク質が合成される過程

    解説

  • 20

    トリアージ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大事故や大規模災害などで発生した多数の負傷者を重症度と緊急度によって分類し,治療や搬送の優先順位を決めること

    解説

  • 21

    トリテルペン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファルネシル二リン酸(FPP)の2量化で生成するスクワレンを共通の前駆体として生合成されるC30のイソプレノイド

    解説

  • 22

    トルサード・ド・ポアント

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  トルサード・ド・ポアントは心室性頻拍の一種であり、QRS complexがねじれながら続いているような心電図波形を示す不整脈

    解説

  • 23

    ドクターレター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予期せぬ重大な副作用など、薬の安全性に関する緊急かつ重篤な情報の伝達が必要とされる場合に、厚生労働省の指示で製薬企業が配布する文書

    解説

  • 24

    ドナン効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある種のイオン(コロイドイオンなど)を通さない半透膜を隔てた電解質溶液間に成り立つ平衡状態では,透過性のイオンも不透過性のイオンの影響を受けて膜の両側に不均衡に分布され,これにより膜の両側に電位差が生じる現象

    解説

  • 25

    ドラッガブル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標的分子などにおいて,低分子化合物により機能を調節できる可能性が高いことをさす

    解説

  • 26

    ドラッグデリバリーシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要な部位に必要な薬物量を必要時間だけ作用させるような最適化を目的に設計させた投与システム

    解説

  • 27

    ドーピング効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不純物をわずかに添加することで,物質の性質が変化すること

    解説

  • 28

    ナフタレン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンゼン環が2個縮合した化合物で分子量128、融点81度、沸点218度の無色固体。

    解説

  • 29

    ニトロベンゼン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンゼン環にニトロ基が結合した芳香族ニトロ化合物で分子量123、融点6度、沸点210度の淡黄色オイル。有機溶媒に溶けやすい。

    解説

  • 30

    ニュートリゲノミクス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝子中のタンパク質・代謝物などを解析して、食品が体に与える影響を研究する手法

    解説

  • 31

    ハプテン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗体と結合するが、分子量が小さいため単独で抗体産生を誘起する免疫原性を示さない物質

    解説

  • 32

    バイオアベイラビリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 投与された薬物(製剤)が、どれだけ全身循環血中に到達し作用するかの指標

    解説

  • 33

    バイオインフォーマティクス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生物、医学及び薬学関連の情報解析に関わる情報処理のすべて含めた学問。

    解説

  • 34

    バイオフィルム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水と接触する物質表面に付着し形成される微生物の共同体のこと

    解説

  • 35

    バイオプローブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生物機能を解析するために有用な低分子有機化合物のこと

    解説

  • 36

    バイオマーカー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生体内の生物学的変化を定量的に把握するため、生体情報を数値化・定量化した指標。

    解説

  • 37

    口腔剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全身作用を期待し,歯と歯茎の間に挟み,唾液により徐々に薬物を溶解させて,口腔粘膜から吸収させる錠剤

    解説

  • 38

    バルビツール酸系睡眠薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バルビツール酸系睡眠薬はベンゾジアゼピン系と並ぶ代表的中枢系睡眠、鎮静薬

    解説

  • 39

    パップ剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬物をグリセリン、水などの液状物質とともに高分子で成型した外用剤。

    解説

  • 40

    ヒドロキシプロピルセルロース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セルロースのブドウ糖残基のアルコールの5~8割をヒドロキシプロポキシル基(-OC3H6OH)で置換したもの。セルロースと異なり、水、アルコール類に溶ける。

    解説

56571

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ