zuknow learn together

新しい教材を作成

薬学用語3

カード 40枚 作成者: mako (作成日: 2013/12/16)

  • アンテドラッグ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アンテドラッグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 科学的修飾により作用増強された局所適用の外用剤として用いられる薬物

    解説

  • 2

    アントシアニジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フラボノイドの中で、2-phenylbenzopyrylium (flacvylium)を基本骨格とする化合物群

    解説

  • 3

    アンフェタミン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 合成覚醒剤の一種。食欲低下や体重抑制、およびナルコレプシーや注意欠陥多動性障害 (ADHD) などの治療に用いられる。

    解説

  • 4

    イオンチャネル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膜に存在するタンパク質で、刺激に応じて開閉しイオンが通過する小孔を形成

    解説

  • 5

    イオン結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カチオンとアニオンの引合い(クーロン力)による結合

    解説

  • 6

    イリドイド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イリダン骨格を持つ変形モノテルペンであり、通常含酸素六員環と結合したシクロペンタン環を含んでいる

    解説

  • 7

    イリノテカン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヌマミズキ科キジュより見出されたカンプトテシンをリード化合物として合成された抗腫瘍薬

    解説

  • 8

    インクレチン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炭水化物や脂質の摂取後に消化管細胞より分泌され、グルコースによる膵臓からのインスリン分泌を増強させる消化管ホルモン

    解説

  • 9

    インシュリン受容体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞膜表面レセプターでチロシンキナーゼ共役型レセプターの一つ

    解説

  • 10

    インスリノーマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膵島β細胞由来の腫瘍で,腫瘍から自律的過剰に分泌されたインスリンによる低血糖症状が起こり,痙攣や昏睡などの中枢神経症状が生じる

    解説

  • 11

    インスリン抵抗性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスリンの標的臓器(骨格筋,脂肪組織,肝臓)において,その作用効率が低下している状態

    解説

  • 12

    インターフェロン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウイルス感染に際して生体内でリンパ球などから産生され、分泌されるサイトカイン

    解説

  • 13

    インターロイキン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リンパ球や単球,マクロファージなど免疫担当細胞が産生する生物活性物質。免疫反応に関連する細胞間相互作用を媒介するペプチド/蛋白性物質である.サイトカインの中の一群

    解説

  • 14

    開口放出

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小胞膜と細胞膜を融合させ、小胞の内容物を細胞内から細胞外に放出する機構。中枢神経系などでの神経からの神経伝達物質の放出や、多くの内分泌細胞からのホルモンの分泌が行われている。

    解説

  • 15

    鏡像異性体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二つの分子がキラル(鏡像)の関係にあり,重ね合わすことができないときに使われる

    解説

  • 16

    抗原決定基

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗体が認識して結合する抗原の特定の構造単位をエピトープとよび、6~10個のアミノ酸や5~8個の単糖の配列から成る

    解説

  • 17

    エピネフリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カテコールアミンに分類される生体内アミンの1つ。

    解説

  • 18

    エフェドリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 麻黄(マオウ)に含まれる薬効アルカロイド成分であり、モノアミンオキシダーゼ(MAO)により分解されない。アンフェタミンより弱いが中枢興奮作用がある。

    解説

  • 19

    エブネル腺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舌に存在する小唾液腺の1つ.有郭乳頭を取り巻く溝の底と葉状乳頭の乳頭間の溝に開口しており,純漿液性の唾液を分泌する

    解説

  • 20

    エルゴメータ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 固定された自転車のような装置に抵抗をつけ、定量的な負荷をかけて運動を行う器具

    解説

  • 21

    エンド、エキソ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二環式構造化合物の置換基の相対的配置(立体化学)を表す際に用いる

    解説

  • 22

    エンドサイトーシス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膜動輸送のひとつ。細胞膜の形態変化により,細胞外から細胞内へ物質を取り込む

    解説

  • 23

    オピオイドレセプター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モルヒネ系薬物と特異的に結合し,作用を発現するレセプター

    解説

  • 24

    オブラート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寒天と澱粉から作られた半透明の薄膜で水に溶け易い性質をもつ。食品の包装や苦味の強い粉薬などを包んで服用しやすくするため等に利用される

    解説

  • 25

    オートファゴソーム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質分解系の1つであるオートファジーの主要なシステムの(マクロ)オートファジーにおいて現れる二重膜で囲まれるオルガネラである

    解説

  • 26

    カイロミクロン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腸管から吸収された食事性脂質に由来する外因性脂肪の運搬体であり,ほとんどがトリアシルグリセロールからなる

    解説

  • 27

    カスケード型反応

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一度の操作によって3つ以上の反応が次々と起こる反応様式のこと

    解説

  • 28

    カテコールアミン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分子構造のなかにカテコール環(1,2-ジヒドロキシベンゼン)とエチルアミン構造をもった化合物

    解説

  • 29

    カルシウムブロッカー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膜電位依存性Ca2+チャネルのひとつであるL型Ca2+チャネルに働き、Ca2+イオンの細胞内流入を抑制する薬物

    解説

  • 30

    カルシウム拮抗薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膜電位依存性CaチャネルのひとつであるL型Caチャネルに働き、Caイオンの細胞内流入を抑制する薬物

    解説

  • 31

    カルバマゼピン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • んかん(精神運動発作,大発作など),躁病・躁うつ病の躁状態,統合失調症の興奮状態などの治療薬

    解説

  • 32

    カルボン酸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有機化合物の中で最も代表的な酸性化合物。中性条件下で解離するカルボン酸類は酸味料となる。

    解説

  • 33

    カロテノイド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天然に存在する色素で、化学式 C40H56 の基本構造を持つ化合物の誘導体

    解説

  • 34

    カンナビノイド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マリファナ(大麻)特有の成分.炭素,水素,酸素のみからなり窒素を含まないC21関連化合物

    解説

  • 35

    キメラ遺伝子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2つの違った遺伝子,または2つの違った遺伝子の一部が融合した遺伝子のこと

    解説

  • 36

    キラル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4つの異なった置換基と結合している炭素のように、自らの鏡像と重ね合わすことのできない分子のこと

    解説

  • 37

    クッシング症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎皮質糖質コルチコイドのコルチゾール(ヒドロコルチゾン)の過剰で生じる病態

    解説

  • 38

    クライオセラピー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • がん化学療法時におけるクライオセラピー(冷却療法)とは,薬物投与開始5分前から30分間程度氷片を口に含み,口腔内を冷やす方法

    解説

  • 39

    クロフィブラート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィブラート系抗高脂血症薬であり、主に高トリグリセライド血症の治療に使用されコレステロールよりもトリアシルグリセロールの低下作用を示す

    解説

  • 40

    グラデュメット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多孔性の不溶性プラスチックマトリックスの格子間隙に薬物分子を分散させた製剤で、消化液が格子間隙に浸入すると、薬物が溶解、拡散し、徐々に放出される。

    解説

56585

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ