zuknow learn together

新しい教材を作成

薬学用語2

カード 38枚 作成者: mako (作成日: 2013/12/16)

  • アドレナリン

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アドレナリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カテコールアミンに分類される生体内アミンの1つ。チロシンを前駆体とし、ドーパミン、ノルアドレナリンを経て生合成される。

    解説

  • 2

    SSRI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Selective Serotonin Reuptake Inhibitor。新世代の抗うつ薬のうち、セロトニン神経に選択的に働き、シナプス間隙に放出されたセロトニンの再吸収を阻害し、濃度を高めることにより抑うつ状態の改善を促す薬物

    解説

  • 3

    サルファ剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4-アミノベンゼンスルホンアミド(スルファニルアミド)骨格を有する代表的化学療法薬で、作用機序は葉酸合成の最初の段階の阻害。すなわち、4-アミノベンゼンスルホンアミドがパラアミノ安息香酸(PABA)に類似した構造を持ち、PABAとの拮抗により葉酸合成を阻害してプリン合成を抑制する。

    解説

  • 4

    T細胞

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨髄の造血幹細胞に由来し,胸腺内で分化,成熟するリンパ球の一種.一部は胸腺外でも分化する.末梢血リンパ球の60-80% を占める。

    解説

  • 5

    T細胞非依存的抗原

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一方,T細胞の関与なしにB細胞の抗体産生を誘導する抗原

    解説

  • 6

    T細胞非依存的抗原

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗原となるものはタンパク質であり,B細胞は自らが提示した抗原を認識するヘルパーT細胞が現れることにより活性化

    解説

  • 7

    制瀉薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腸粘膜の刺激緩和、抗炎症作用、腸運動抑制作用などにより下痢を抑える。

    解説

  • 8

    ジヒドロピリジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピリジンの還元体で1,4-ジヒドロ体と1,2-ジヒドロ体がある。ピリジンと異なり芳香族性はない。

    解説

  • 9

    水素結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • N、O のような電気陰性度の高い原子に結合したH はδ+性を帯び、孤立電子対をもつ他のN、O、ハロゲンとの間で、O−H…O のようにHを介した結合を形成する。

    解説

  • 10

    ピペリジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピリジンが完全に還元(飽和)された化合物で芳香族性はない。融点-7℃、沸点106℃の塩基性液状物質。

    解説

  • 11

    過酸化水素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過酸化水素は酸素分子の分子軌道の2つのπ*軌道(反結合性のπ軌道)が4つの電子で占有され、飽和した状態の活性酸素種であり、ラジカルではない。

    解説

  • 12

    立体異性体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原子の配列順は同じで3次元空間での配置が異なる

    解説

  • 13

    位置異性体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 位置異性体は原子の配列順が異なる

    解説

  • 14

    逆相分配クロマトグラフィー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般に極性の高い化合物から溶出する。

    解説

  • 15

    一重項酸素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一重項酸素は酸素分子の分子軌道のπ*軌道(反結合性のπ軌道)に入った2個の電子のスピンの向きが異なる一重項状態、すなわち全スピン量子数が0である励起状態

    解説

  • 16

    チアゾール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イミダゾールのひとつの窒素が硫黄に代わった沸点117℃の塩基性の芳香族複素環式化合物。

    解説

  • 17

    三重項酸素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生命維持に必要な酸素分子は基底状態で三重項酸素と呼ばれる。

    解説

  • 18

    ビタミンK

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂溶性ビタミンの一種。主要な働きとして血液凝固作用(止血作用)がある。

    解説

  • 19

    α1ブロッカー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドレナリンα1受容体にてノルアドレナリンと拮抗して、アドレナリン作動性神経の影響を遮断する薬。α1受容体は血管・尿路などの平滑筋に主に存在する

    解説

  • 20

    αブロッカー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドレナリンのα受容体に拮抗してアドレナリン作動性神経の影響を遮断する薬。

    解説

  • 21

    αヘリックス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質の二次構造の共通モチーフの1つ。骨格となるアミノ酸の全てのアミノ基は4残基離れたカルボキシル基と水素結合を形成している。

    解説

  • 22

    βシート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タンパク質の二次構造の一つ。隣り合ったペプチド鎖の間で、一方の主鎖の N-H の部分が隣接する主鎖の C=O の部分と水素結合を形成し、全体として平面構造を形成している。

    解説

  • 23

    Ⅰ型アレルギー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主にIgE抗体を介したI型アレルギー機序により,急激な全身状態の変化をきたす病態.原因物質との接触直後から数分以内に,じん麻しん,顔面の紅潮,粘膜浮腫,血圧低下をきたす。

    解説

  • 24

    II型アレルギー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞毒性型または細胞融解型アレルギー

    解説

  • 25

    III型アレルギー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免疫複合体による組織障害で,抗原抗体複合体による補体の活性化あるいは,多形核白血球の集積による組織障害を起す反応

    解説

  • 26

    IV型アレルギー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遅延型アレルギー。抗原に感作されたTリンパ球とそこから分泌されるサイトカインによって,集積したマクロファージが,炎症を引き起す反応。

    解説

  • 27

    V型アレルギー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受容体に対する自己抗体が産生され、その自己抗体がリガンドと同様に受容体を刺激することで、細胞から物質が分泌され続けるために起こるアレルギー

    解説

  • 28

    アナフィラキシーショック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 循環器不全や気管支ぜん息重積状態のような、生死に関わる重篤な症状を伴う状態

    解説

  • 29

    あへん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けしの液汁が凝固したもの(生あへん)およびこれに加工を施したもの

    解説

  • 30

    おくび

    補足(例文と訳など)

    答え

    • げっぷ。酸っぱい液が一緒に逆流する場合は酸性おくび(呑酸)と呼んでいる。

    解説

  • 31

    おたふくかぜ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ムンプスウイルスの感染による小児の急性感染症で、耳下腺を主とする唾液腺が腫脹する

    解説

  • 32

    じょくそう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 圧迫により血行が遮断され、皮膚の栄養/代謝障害が起こり損傷を受けた状態

    解説

  • 33

    アウトカム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 治療的介入あるいは危険因子への曝露の及ぼす影響のこと

    解説

  • 34

    アゴニスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受容体に結合し,生体内物質と同様の細胞内情報伝達系を作動させる薬物。

    解説

  • 35

    アジソン病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎の機能不全による副腎皮質ホルモン(コルチゾール、アルドステロン、アンドロゲンなど)の分泌低下に起因する疾患

    解説

  • 36

    ビタミンC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分子量176.13.水溶性ビタミンの一つ。白色結晶で酸味が強い。

    解説

  • 37

    アスピリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロスタグランジン合成酵素であるシクロオキシゲナーゼ分子内のセリン残基のヒドロキシル基をアセチル化して不可逆的に阻害し、起炎性のエイコサノイド産生を抑制する。

    解説

  • 38

    アセチルコリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動神経の神経筋接合部、副交感神経末端、神経節の節前・節後繊維間のシナプスにおける神経伝達物質であり、中枢神経系でも伝達物質として働いている

    解説

56894

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ