zuknow learn together

新しい教材を作成

倫理 ギリシャ思想 満点を目指せ!

カード 22枚 作成者: 砂糖 (作成日: 2014/11/24)

  • ホメロス

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

センターで満点をとるために作りました。
高得点を狙ってください!

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ホメロス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神話的世界観 著書 叙事詩「オデュッセイア」 「イリアス」 ギリシャ神話

    解説

  • 2

    ヘシオドス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 著書「神統記」 神々の系譜を描写

    解説

  • 3

    ソフォクレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 著書 悲劇「オイディプス王」

    解説

  • 4

    タレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然哲学(=世界のあらゆる現象を全て説明できる、万物の根源・原理、アルケーを求める)の祖 万物の根源(アルケー)=水

    解説

  • 5

    ピュタゴラス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 万物の根源=数 魂の不死と輪廻転生を主張 →プラトンに影響 宇宙をコスモス(秩序)と呼んだ

    解説

  • 6

    ヘラクレイトス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 万物の根源=火 「万物は流転する」「同じ河に二度入ることはできない」と述べた。

    解説

  • 7

    デモクリトス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 万物の根源=原子(アトム)と空虚(ケノン)

    解説

  • 8

    パルメニデス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一切の運動を否定し、「有るものはあり、有らぬものはあらぬ」と述べた。

    解説

  • 9

    エンペドクレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 万物の根源=水、火、空気、土の四元素 自然哲学を集大成

    解説

  • 10

    プロタゴラス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代表的なソフィスト(=弁論術などを教える職業的教師 知者の意味を持つ) 物事の判断基準を人間側に求める。人間中心主義 相対主義 「人間は万物の尺度である」

    解説

  • 11

    ゴルギアス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弁論術を大成 最大のソフィスト

    解説

  • 12

    ソクラテス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間にとっての徳(アレテー)とは魂をよいものにすること(=魂への配慮)。 知行合一。知徳合一。 愛知者(=知の探求者) 無知の知 「汝自身を知れ」 問答法(助産術) 一つも著書を残していない! プラトンの著作で伝わる。

    解説

  • 13

    プラトン①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソクラテスの弟子 観念論を大成。理想主義 美そのもののような感覚で捉えられない永遠不滅の真の実在=イデア 個物(現象)をエロースによってイデアを想起(アナムネーシス)することで理解する。 エロース=真理を追い求める本能的な欲求。 イデアは感覚ではなく知性で捉える。 洞窟の比喩 主著「クリトン」「ゴルギアス」「国家」「ソクラテスの弁明」

    解説

  • 14

    プラトン②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学園アカデメイアを設立 魂は理性、気概、欲望からなる(=魂の三分説) 徳 各階級の徳 理性=知恵←統治者 気概=勇気←防衛者 欲望=節制←生産者 この三つの徳が調和して正義となり、この四つを四元徳という。 哲人政治=知恵を持つ哲学者が王として統治するか、王が哲学を学ぶ政治

    解説

  • 15

    アリストテレス①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラトンの弟子 「万学の祖」と呼ばれる 現実主義(⇔理想主義) プラトンのイデア論を批判 万物は全て形相(エイドス=それが何であるか)+質料(ヒュレー=それが何からできているか)からなる。 知性的徳(学習によって獲得)習性的徳(善行の実践、習慣化で体得) 善行=中庸(=事柄の本質において最適である)に合致した行為。 目的論的自然観 例えば、木材は机の可能態(=デュミナス)である 机は木材の現実態(=エネルゲイア)である、といえる。 主著「ニコマコス倫理学」

    解説

  • 16

    アリストテレス②

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間にとっての目的=幸福 幸福は最高善であり何ものの目的ともならない。 観想的生活によって幸福になれる。 ポリスを成立されるためには友愛(フィリア)と正義が必要。 正義論 全体的正義と部分的正義(配分的正義、調整的正義を含む)によって社会の秩序を保つ。 最もリスクが小さく、安定的なのは共和政である。 「人間はポリス的動物である」

    解説

  • 17

    エピクロス派

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エピクロスが創始 快楽主義:肉体的、刹那的な快楽ではなくアタラクシア(心の平静)を追求「隠れて生きよ」 原子論的唯物論:死はアトムの離散に過ぎない「死を恐れるな」 デモクリトスと同様に原子論の立場である

    解説

  • 18

    ストア派

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゼノンが創始 禁欲主義:欲望に惑わされない不動心(アパテイア)を追求 宇宙はロゴス(理論、理性)が支配していることから「自然に従って生きよ」(ここでの自然とは理性のこと) エピクテトス、マルクス・アウレリウスも思索を展開。 世界市民主義。 自然法を育む

    解説

  • 19

    アリストテレスの正義論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全体的正義:全ての市民が法を守る 部分的正義:状況に応じた正義、いかに公平を守るか 配分的正義:個人の地位、能力、功績に応じて報酬、名誉を分配 調整的正義:利害得失の不均衡を調整 配分的正義と調整正義は部分的正義に含まれる

    解説

  • 20

    目的論的自然観

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目的因(事物の存在目的)が世界の主たる動因であるという思想 中世以前に主だった

    解説

  • 21

    洞窟の比喩

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラトンが提唱 洞窟に閉じ込められて、外界を知らない囚人は壁面に写る影を見て本物と思い込む。 人間が個物をイデア(本物)だと思い込むのもこれと同様である。

    解説

  • 22

    太陽の比喩

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラトンの思想。 ここのイデアをイデアたらしめているのが、善のイデアである。 プラトンはそれを世界を照らす太陽にたとえた。

    解説

56706

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ