zuknow learn together

新しい教材を作成

FP学習用テキスト(不動産運用設計【投資判断指標】)

カード 33枚 作成者: 飯田有輝 (作成日: 2013/12/12)

  • 不動産投資の判断指標
    単年度の収益によるもの(二つ)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ファイナンシャル・プランニング技能士の学習用のテキスト代わりに、ジャンル別にまとめました。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    不動産投資の判断指標 単年度の収益によるもの(二つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単純利回り(%) NOI利回り(%)

    解説

  • 2

    不動産投資の判断指標 投資期間全体の収益 等によるもの(二つ)"

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NPV法 lRR法

    解説

  • 3

    不動産投資の判断指標 その他の指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 投資回収期間法(年)

    解説

  • 4

    (年間賃料総収入)/(総投資額)×100 で表される指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単純利回り(%)

    解説

  • 5

    (償却前営業利益)/総投資額)×100 で表される指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NOI利回り(%)

    解説

  • 6

    (毎期の純収益と復帰価格の現在価値の合計)―(投資予定額)=大きいほど有利な投資 で表される指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NPV法

    解説

  • 7

    (毎期の純収益と復帰価格の現在価値の合計)=(投資予定額)となる割引率を求める で表される指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • lRR法

    解説

  • 8

    NPV法は、各期のキャッシュフローを年利を与えて現価に割り引いた累計額 (すなわち①)がプラスなら採用し,マイナスならば却下するという方法です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正味現在価値

    解説

  • 9

    IRRは、何の略称か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • InternalRateofReturn

    解説

  • 10

    NOIは、何の略称か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NetOperatingIncomeの略。純収益という意味

    解説

  • 11

    収入(賃料)から、実際に発生した経費(管理費、固定資産税など)のみを控除して求める指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NOI

    解説

  • 12

    減価償却費のような支出を伴わない費用、支払利息のような金融費用、修繕費などの資本的な支出は収入から控除しないため、事業によって生み出される単純なキャッシュフローとなる指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NOI

    解説

  • 13

    IRRは、投資案件の「①」に着目して採算性を評価する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利回り

    解説

  • 14

    IRRは、①がゼロになるような割引率(内部利益率と呼ぶ)を計算

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正味現在価値

    解説

  • 15

    正味現在価値がゼロになるような割引率(内部利益率と呼ぶ)は、①点という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 損益分岐点

    解説

  • 16

    (総投資額)/(償却前営業利益) で表される指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 投資回収期間法(年)

    解説

  • 17

    設備投資の経済性計算の手法で、日本でもっともよく使用されているのは、正味現在価値法でも内部利益率法でもなく、①法です

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 投資回収期間法(年)

    解説

  • 18

    投資案件の採算性を検証する方法として他にNPV法やIRR法があるが、これらと比べて①は計算が簡単で理解しやすい特徴を持つ。反面、金銭の②価値を勘案できない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①投資回収期間法(年) ②時間的

    解説

  • 19

    投資回収期間法(年)では、判断基準となる①を何によって決めるべきか曖昧、などの限界も指摘されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガイドライン期間

    解説

  • 20

    満室時の年間賃料を物件価格で割ったもので、計算が簡単なことから一般に用いられている指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単純利回り(%)

    解説

  • 21

    公租公課や維持管理費等の諸費用は考慮されておらず、現実とは乖離した利回りである指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単純利回り(%)

    解説

  • 22

    諸費用を差し引いた後の償却前営業利益を総投資額で割って求めるため、単純利回りよりもはるかに実態に即している指標

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NOI利回り(%)

    解説

  • 23

    ①だけを取り出す指標では、賃料や諸費用の②、売却予想価格の②は反映されない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①単年度 ②変動

    解説

  • 24

    投資期間全体の収益等を考慮する方法(概念)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DCF法

    解説

  • 25

    利子のことをDCF法では①という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 割引率

    解説

  • 26

    現在の価値に直したキャッシュのことを頭文字で①という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PV

    解説

  • 27

    将来得られるキャッシュのPVの累計を頭文字で①という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NPV

    解説

  • 28

    PVは、何の略称か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (PresentValue現在価値)

    解説

  • 29

    NPVは、何の略称か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (NetPresentValue正味現在価値)

    解説

  • 30

    DCF法は、毎期の①の変動や②(売却予想価格一売却費用)も反映することができるので、不動産の特性に最もマッチした指標と考えられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①純収益 ②復帰価格

    解説

  • 31

    DCF法のひとつであるIRR(内部収益率)は、すべてのインカムゲインとキャピタルゲイン(またはキャピタルロス)を反映した利回りなので、実物不動産と①との比較にも適した投資判断指標といえる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①証券化商品

    解説

  • 32

    IRRにて適切な収益予想、修繕計画、売却価格の想定をするためには、さまざまな①が要求されるため、個人が不動産投資の判断指標とするには②いといえる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①専門的知識と経験 ②ハードルが高い

    解説

  • 33

    一般的には、①法の考え方を尊重して将来予測をしつつ、実際の収入や費用の確認ができる資料に基づいて②を用いることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①IRR ②NOI利回り

    解説

56661

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ