zuknow learn together

新しい教材を作成

FP学習用テキスト(相続・事業継承【医療法人】)

カード 19枚 作成者: 飯田有輝 (作成日: 2013/12/12)

  • 医療法人に利益を内部留保しておけば、相続税が課税されない理由

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ファイナンシャル・プランニング技能士の学習用のテキスト代わりに、ジャンル別にまとめました。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    医療法人に利益を内部留保しておけば、相続税が課税されない理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財産(利益)は医療法人に帰属しているもののため

    解説

  • 2

    個人所有の土地・建物で医院を経営している場合、法人が個人から土地・建物を賃借して医院を経営しているという形態にすることで、その土地・建物の相続税評価額を圧縮することができる理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 土地は自用地よりも貸宅地の方が評価額は低くなるため

    解説

  • 3

    理事長報酬が支給できる利点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法人の利益の圧縮も可能 理事長は給与所得になり、個人事業で得られる事業所得より所得控除が多くなるため、課税所得を減らすことができる

    解説

  • 4

    役員報酬の利用法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人事業の場合、親族に給与を出す場合には、その業務に専ら携わっていることが条件になりますが、 法人の場合は、役員報酬として、業務に見合った報酬を出すことが可能

    解説

  • 5

    退職金の支給の利点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人事業では、院長や専従者である院長の家族に対する退職金の支給は、経費にすることができない。しかし、法人では、退職時に勤続年数に応じた退職金を支給し、法人の費用として計上可能

    解説

  • 6

    医療法人で生命保険を契約する利点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人事業では、少額の所得控除が認められているのみ。 医療法人で契約すれば、内容に応じて保険料の半額もしくは全額等、経費計上できる額が増える

    解説

  • 7

    旅費日当の支給の利点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人事業では、院長が学会等で出張した場合でも日当は支給できない。法人では、あらかじめ旅費規程で定めておけば、院長や家族に対しても日当を支給でき、経費計上することが可能

    解説

  • 8

    社会保険診療の入金について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人事業では、社会保険診療の入金時には、10%の源泉所得税が差し引かれます。医療法人では、全額振込がされる

    解説

  • 9

    社会保険について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人事業では任意であった(従業員5名未満の場合)社会保険への加入が、医療法人では必須

    解説

  • 10

    交際費について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 限度額が設けられており、支出額の10%以上は法人経費にならない。

    解説

  • 11

    法人の解散・清算時の残余財産について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療法人を解散・清算した後の残余財産は、国や地方公共団体、医師会等に帰属するものになる

    解説

  • 12

    対外的信用が増すことについて

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法人とすることで、永続可能な事業として、有能な人材確保等が可能となります。分院開設、介護老人保健施設の設置などが可能になる

    解説

  • 13

    相続税の評価額について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療法人がどれだけ儲かったとしても、相続税の評価額は基金拠出額(最初に拠出した金額)

    解説

  • 14

    事業承継が容易に出来ることについて

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人事業で親から子へ事業を引き継ぐ場合は、事業用の建物等の売買とする必要があるが、 医療法人の場合は基金拠出額の譲渡のみで事業承継が簡単に行える

    解説

  • 15

    配当について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業などの一般法人と違い、医療法人は配当が出来ない

    解説

  • 16

    利益に関係なくかかるもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 税金(均等割)

    解説

  • 17

    登記について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毎年の総資産登記、2年に1度の役員改選登記

    解説

  • 18

    欠損金の繰越

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人では3年だが、法人では7年繰り越せる。

    解説

  • 19

    生命保険について

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療法人契約とすることで、一定の保険料額を経費にすることができる。

    解説

56802

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ