zuknow learn together

新しい教材を作成

現代社会 人物一覧

カード 61枚 作成者: exfootball49 (作成日: 2014/11/24)

  • 近代自然法の父とよばれる人物

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    近代自然法の父とよばれる人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グロチウス

    解説

  • 2

    イギリス人で『リヴァイアサン』をときらこれより自由・平等をみたそうとし、ついには[万人の万人に対する闘争]状態が発生してしまうことを唱えた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホッブズ

    解説

  • 3

    イギリス人で『市民政府二論』を唱え選挙で選んだ代表者が議会に集まっていろいろ決める間接民主制の形を形成した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロック

    解説

  • 4

    フランス人で『社会契約論』を唱え選挙で代表を選ぶ形は一般意思は実現できない。当然理想の政体は、全人民参加型の直接民主制を形成した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルソー

    解説

  • 5

    イギリスで『王権神授説』を根拠に専制政治を復活させ人民を恐怖のどん底に叩き込んだ人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェームズ1世

    解説

  • 6

    ジェームズ1世が圧政している当時の裁判官で王に対し権利請願を出し王に元に戻ってほしいと訴えた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーク

    解説

  • 7

    『戦争と平和の法』を唱えた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グロチウス

    解説

  • 8

    哲学者で『国際平和のために』でその必要性を説いている人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カント

    解説

  • 9

    『平和原則14か条』を提唱した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィルソン

    解説

  • 10

    1985年にソ連大革命をおこした人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴルバチョフ

    解説

  • 11

    多極化の中で途上国で東西どちらの陣営にもつかない[非同盟主義]運動が展開された。インドの主導者は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネルー

    解説

  • 12

    多極化の中で途上国で東西どちらの陣営にもつかない[非同盟主義]運動が展開された。中国の主導者は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 周恩来

    解説

  • 13

    多極化の中で途上国で東西どちらの陣営にもつかない[非同盟主義]運動が展開された。ユーゴの主導者は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チトー

    解説

  • 14

    狂信的イスラム主義にもとづき、アフガニスタンを統治した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タリバン

    解説

  • 15

    国際テロ組織『アルカイダ』の長

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビンラディン

    解説

  • 16

    経済学者でこの人物の理論を実践したのがニューディール政策である。さらに、有効需要の原理を唱えた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケインズ

    解説

  • 17

    自由放任主義を唱え各人が利己心にもとづき経済活動して神が見えざる手で調節し経済は調和的に発展させた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アダムスミス

    解説

  • 18

    比較生産費説を説いて各国で生産比率のいい財に特化し、貿易で交換するように唱えた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リカード

    解説

  • 19

    マネタリズムで政府の仕事は通過調節のみと説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フリードマン

    解説

  • 20

    世界恐慌後のニューディール政策を実施した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランクリン・ローズヴェルト

    解説

  • 21

    初の社会保険でドイツの首相が『アメとムチ』を行った。ドイツの首相とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビスマルク

    解説

  • 22

    1971年にドルと金の交換を一時停止させた大統領は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニクソン

    解説

  • 23

    『沈黙の春』という環境問題に関する最初期の警告本を出した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カーソン

    解説

  • 24

    『人口論』で人口が増えすぎると食糧が足りなくなると説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルサス

    解説

  • 25

    文明国以外での青年期は短くしかも安定していると研究で示した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミード

    解説

  • 26

    モラトリアム期に人と多く付き合うことで自他の違いを明確に理解し、アイデンティティを確立したければならないと説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリクソン

    解説

  • 27

    教育学者で青年期の発達課題を述べた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハヴィガースト

    解説

  • 28

    [自己実現の欲求]を出題した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マズロー

    解説

  • 29

    個性の分類で体型による分類を行った人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クレッチマー

    解説

  • 30

    個性の分類で関心の向きによる分類を行った人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユング

    解説

  • 31

    個性の分類で追求する価値による分類を行った人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュプランガー

    解説

  • 32

    アメリカの社会学者で『孤独な群衆』を説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リースマン

    解説

  • 33

    『支配の社会学』より官僚制の特徴を述べた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マックス=ウェーバー

    解説

  • 34

    情報化社会の到来を予測した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダニエル=ベル、アルヴィン=トフラー

    解説

  • 35

    『1984年』で管理社会化・全体主義化の危険を、警告した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーウェル

    解説

  • 36

    アルケー(万物の根源)の探求で水を探求した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タレス

    解説

  • 37

    アルケー(万物の根源)の探求で数を探求した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピュタゴラス

    解説

  • 38

    アルケー(万物の根源)の探求で火を探求した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘラクレイスト

    解説

  • 39

    アルケー(万物の根源)の探求で原子を探求した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デモクリトス

    解説

  • 40

    アテネ市民に弁論術を指導した職業教師

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソフィスト

    解説

  • 41

    問答法を唱え対話を通じて矛盾を突き、相手が無知であると自覚(=無知の知)にいたら手助けをした人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソクラテス

    解説

  • 42

    ソクラテスの弟子でイデア論の提唱者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラトン

    解説

  • 43

    プラトンの弟子でイデアの批判者。 人間の幸福な生活は、ポリスで社会主義を実現して始めて可『人間はポリス的動物と説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アリストテレス

    解説

  • 44

    『人間は考える葦である』と説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パスカル

    解説

  • 45

    合理法(理性の働き)を重視した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デカルト

    解説

  • 46

    事物認識には経験論・合理論の共働が必要と説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カント

    解説

  • 47

    人間は自由を本質とする神的な存在に操られて自由をめざすと説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘーゲル

    解説

  • 48

    量的功利主義。『最大多数の最大幸福』をめざす人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンサム

    解説

  • 49

    質的功利主義。快楽に質的差異があると説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • J=S=ミル

    解説

  • 50

    大規模社会ではじぶんの必要性をみいだせず絶望(=しに至る病)にいたると説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キルケゴール

    解説

  • 51

    現代は人生に意味や価値をみいだせない“価値否定(=ニヒリズム)”の時代と説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニーチェ

    解説

  • 52

    人生には越えられない壁がある(限界状況)があると説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヤスパース

    解説

  • 53

    人間の根本不安は『死への不安』。これを直視し、不安をごまかす生き方はやめようと説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハイデガー

    解説

  • 54

    『実存は本質に先立つ』人間は自由でありその運命から逃れられない(=人間は自由の刑に処せられている)と説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サルトル

    解説

  • 55

    アフリカでの医療・伝道活動に一生を捧げた。 『生命への畏敬』こそ倫理の核心と考えた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュヴァイツァー

    解説

  • 56

    『非暴力・不服従』を説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガンディー

    解説

  • 57

    神の愛(=アガペー)の実践者としてインドのスラム街で恵まれないひとのために検診的に働いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マザーテレサ

    解説

  • 58

    黒人解放運動。『愛と非暴力』を説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キング牧師

    解説

  • 59

    哲学者ラッセルとともに核兵器廃絶運動を展開し、パグウォッシュ会議を開催した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アインシュタイン

    解説

  • 60

    人類愛のためなら平和の敵とも闘えと説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロマン=ロラン

    解説

  • 61

    ナチス支持者は自由への不安から、自ら権威に服従と説いた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロム

    解説

56701

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ