zuknow learn together

新しい教材を作成

ウイスキー検定 ウイスキーの製造 数字暗記用

カード 7枚 作成者: kaori (作成日: 2014/11/23)

  • 精麦/モルティング
    大麦を①日水に浸けておくと発芽
    収穫直後の大麦の含水率は②%
    浸麦後③%
    グリーンモルトを乾燥させて④%程度まで水分を落としたものが麦芽

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ウイスキーの製造工程ででてくる数字覚え用
構成がクイズ形式には向きません。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    精麦/モルティング 大麦を①日水に浸けておくと発芽 収穫直後の大麦の含水率は②% 浸麦後③% グリーンモルトを乾燥させて④%程度まで水分を落としたものが麦芽

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①2〜3 ②16〜17 ③45 ④4

    解説

  • 2

    糖化/マッシング 麦芽をモルトミルで粉砕 粉砕麦芽(グリスト)をマッシュタンに移し、約①℃のお湯が加えられ、ゆっくり撹拌される 加えるお湯の回数は通常②回 そのたびにお湯の温度を上げる 得られた糖液をワート、絞りかすをドラフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①67〜70 ②3から4

    解説

  • 3

    発酵/ファーメンテーション ワートはヒートエクスチェンジャーを使って①℃前後に冷却(高温だと酵母が死んでしまう為) そしてウォッシュバックに移され、酵母を加えて発酵 発酵は通常②日で終了し、アルコール度数③%の発酵液(ウォッシュ)が出来上がる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①20 ②2〜4 ③7〜9

    解説

  • 4

    蒸留/ディスティレーション ポットスチルによる蒸留はいくつかの例外を除いて①回蒸留が基本 アルコールの沸点は約②℃なので、水とアルコールの沸点の違いを利用 通常1回の蒸留でアルコール度数は約③倍に高められるので、初留液(ローワイン)は度数④%程度の蒸留酒となる 2回目の蒸留ではスピリッツセイフの中でミドルカットを行う ミドルカットの量は通常再留釜に張り込んだ量の⑤%くらい 取り出されたスピリッツはスピリッツレシーバーに入れられ、シェル&チューブといわれるコンデンサーで冷やされる(ワームタブを使用するところもあり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①2 ②78.3 ③3 ④22〜25 ⑤20〜30

    解説

  • 5

    熟成/マチュレーション スコッチは最低①年の熟成が義務 できたてのスピリッツはアルコール度数②%程度 これに水を加えて度数を③%前後に落としてから樽詰め

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①3 ②70〜72 ③63

    解説

  • 6

    瓶詰め/ボトリング 熟成の完了した樽はいったんすべてタンクに集められ、混合される このままではアルコール度数が高すぎる為、加水して①%に落とし、その上で瓶詰め かつて輸出用は②%、現在はEU機格の③%が一般的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①40〜46 ②43 ③40

    解説

  • 7

    英国の法律で定められたスコッチウイスキーの定義 *水とイースト菌と大麦の麦芽のみを原料とする (麦芽以外の穀物の使用も可) *スコットランドの蒸留所で糖化、発酵、蒸留を行う *アルコール度数①%以下で蒸留 *容量②㍑以下のオーク樽に詰める *スコットランド国内の保税倉庫で③年以上熟成させる *水とスピリッツカラメル以外の添加を認めない *最低瓶詰めアルコール度数は④%

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①94.8 ②700 ③3 ④40

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ