zuknow learn together

新しい教材を作成

厳選!FP3級2級テスト問題⑦

カード 15枚 作成者: 飯田有輝 (作成日: 2013/12/12)

  • 建物譲渡特約付借地権の契約期間は、__である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ファイナンシャル・プランニング技能士3級2級のテスト問題です。
通勤中などにお使いください。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    建物譲渡特約付借地権の契約期間は、__である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30年

    解説

  • 2

    事業用定期借地権の契約期間は、__である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10年以上50年未満

    解説

  • 3

    区分所有者の意思決定において、建物の建替えに必要な議決権の必要割合は__である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4月5日

    解説

  • 4

    区分所有者の意思決定において、規約の設定・変更・廃止にに必要な議決権の必要割合は__である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3/4

    解説

  • 5

    区分所有者の意思決定において、議決権の4/5が必要なのは__である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建物の建替え

    解説

  • 6

    区分所有者の意思決定において、議決権の3/4が必要なのは__である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 規約の設定・変更・廃止

    解説

  • 7

    長期譲渡所得と短期譲渡所得は、_月_日において、__年超と以内で区分される。 長期譲渡所得の、所得税は__%、住民税は__%である。 短期譲渡所得の、所得税は__%、住民税は__%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1月1日 5年 15% 5% 30% 9%

    解説

  • 8

    長期譲渡所得と短期譲渡所得は、_月_日において、__年超と以内で区分される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "1月1日 5年

    解説

  • 9

    長期譲渡所得の、所得税は__%、住民税は__%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15% 5%

    解説

  • 10

    長期譲渡所得の所得税は、__%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15%

    解説

  • 11

    長期譲渡所得の住民税は、__%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5%

    解説

  • 12

    短期譲渡所得の、所得税は__%、住民税は__%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30% 9%

    解説

  • 13

    短期譲渡所得の所得税は、__%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30%

    解説

  • 14

    短期譲渡所得の住民税は、__%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 9%

    解説

  • 15

    1月1日において所有期間が10年を超える住居用財産の譲渡の低率課税は、__万円超の部分について所得税__%、住民税__%、それ以下の部分について所得税__%住民税__%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6,000万 15% 5% 10% 4%

    解説

56953

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ