zuknow learn together

新しい教材を作成

10分テスト!FP3級ジャンル別問題集「不動産」⑤

カード 13枚 作成者: 飯田有輝 (作成日: 2013/12/12)

  • 土地や建物を譲渡した時において、短期譲渡所得における税率は①%である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ファイナンシャル・プランニング技能士3級の「不動産」問題集です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    土地や建物を譲渡した時において、短期譲渡所得における税率は①%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①39%

    解説

  • 2

    居住用財産の譲渡による特例の共通要件は①に譲渡する場合は適用することができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①生計を一にする親族

    解説

  • 3

    自己の居住用財産を譲渡し、3,000万円の特別控除を受けるための所有期間要件は①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①なし

    解説

  • 4

    自己の居住用財産を譲渡し、3,000万円の特別控除を受けた後、軽減税率の特例を受けるための所有期間要件は①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①10年超

    解説

  • 5

    自己の居住用財産を譲渡し、特定の居住用財産の買換えの特例を受けるための所有期間要件は①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①10年超

    解説

  • 6

    居住用財産を譲渡した場合、6,000万円以下の長期譲渡所得金額の場合、①%の所得額がかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①10%

    解説

  • 7

    居住用財産を譲渡した場合、6,000万円超の長期譲渡所得金額の場合、①%の所得額がかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①15%

    解説

  • 8

    個人が土地•建物を譲渡し、「居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算および繰越控除」の適用を受ける場合、譲渡した土地•建物の所有期間が譲渡の年の1月1日時点で①を超えるものでなくてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①5年

    解説

  • 9

    居住用財産を譲渡し、譲渡所得の金額の計算上生じた損失について「特定居住用財産の譲渡損失の損益通算および繰越控除」の適用を受けるためには、①の残高があることが要件の1つとしてあげられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①譲渡資産の借入金

    解説

  • 10

    個人の地主が等価交換方式を利用して土地の一部分を譲渡し、その土地に建設されたビル、マンションの一部を取得した場合、税法上一定の要件を満たせば、当該譲渡に係る譲渡益の①相当額について、課税の繰延べを受けることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①全額または80%

    解説

  • 11

    借入金利が投資回りより低い場合、多額の借入金と組み合わせるとレバレッジ効果が働き、自己資本に対する利回りが①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①上昇する

    解説

  • 12

    不動産への直接投資は、上場株式への投資と比較した場合、相対的に流動性リスクが①とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①高い

    解説

  • 13

    宅地の類型のうち、①とは、建物の定着物がなく、かつ、借地権など使用収益を制約する権利の付着していない宅地のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①更地

    解説

56738

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ