zuknow learn together

新しい教材を作成

10分テスト!FP3級ジャンル別問題集「不動産」②

カード 15枚 作成者: 飯田有輝 (作成日: 2013/12/12)

  • 土地の売買契約において①とは、実際の面積を測定し、その面積に基づいて取引金額を確定させるものをいう。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ファイナンシャル・プランニング技能士3級の「不動産」問題集です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    土地の売買契約において①とは、実際の面積を測定し、その面積に基づいて取引金額を確定させるものをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①実測売買

    解説

  • 2

    土地の売買契約において①とは、売買対象面積は登記面積とし、実測面積との差異は計算しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①公簿売買

    解説

  • 3

    土地の売買契約において、契約履行に着手するまでの、手付金による契約解除条件は、買い主の場合は①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①手付金の放棄

    解説

  • 4

    土地の売買契約において、契約履行に着手するまでの、手付金による契約解除条件は、売り主の場合は①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①手付金の倍額を買い主に償還

    解説

  • 5

    建築基準法において建ぺい率とは、①に対する割合である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①建築面積の敷地面積

    解説

  • 6

    建築基準法において容積率とは、①に対する割合である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①延べ面積の敷地面積

    解説

  • 7

    防火地域内にある耐火建築物は、原則①%加算であり、建ぺい率が②の地域の場合は③%加算される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①10 ②80 ③20

    解説

  • 8

    特定行政庁が指定する角地は建ぺい率が①%加算される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①10

    解説

  • 9

    事業用定期借地権は、①には利用できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①居住用建物建築

    解説

  • 10

    借地人が、地上権を譲渡•転貸に地主の承諾は①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①不要

    解説

  • 11

    借地人が、貸借権を譲渡•転貸に地主の承諾は①。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①必要

    解説

  • 12

    普通借地権にて、正当な事由なく地主は①

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①更新を拒絶することができない

    解説

  • 13

    定期借地権は①とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①更新なし

    解説

  • 14

    借地借家法では規定上、いわゆる普通借地権を更新する場合において、最初の更新では更新の日から①、それ以降の更新では②とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①20年 ②10年

    解説

  • 15

    借地借家法における、いわゆる普通借家契約の最初の存続期限は、原則として①年とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①30

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ