zuknow learn together

新しい教材を作成

ウィスキー検定対策 スコットランドの蒸留所とその特徴

カード 80枚 作成者: koichi tanikaze (作成日: 2014/11/19)

  • (ハイランド)ハイランドで2番目の古さ。『天使の分け前』の舞台。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

特徴から蒸留所を特定する

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    (ハイランド)ハイランドで2番目の古さ。『天使の分け前』の舞台。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バルブレア

    解説

  • 2

    (ハイランド)ゲール語で金色の湿地。 クラインミルトン川

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライヌリッシュ

    解説

  • 3

    (ハイランド)当時はストラススペイ。ディアジオクラシックモルトシリーズ ブラック&ホワイト、ロイヤルハウスホールド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダルウィニー

    解説

  • 4

    (ハイランド)ポットスチルは計8基。ローワインスチルのネック部分がチューリップ形。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダルモア

    解説

  • 5

    (ハイランド)ポットスチルは中古のジン用。全12基。首が全蒸留所で最長の5.14m。 ターロギー泉、ケルピー泉。超硬水。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレンモーレンジ

    解説

  • 6

    (ハイランド)ウォッシュスチルがひょうたん型、T字シェイプ。 バランタイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プルトニー

    解説

  • 7

    (ハイランド)日本企業が所有する最初の蒸留所 宝酒造 ポットスチルはかつて23基でスコットランド最大だった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トマーティン

    解説

  • 8

    (ハイランド)ベンリアックディスティラリー ティーチャーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレンドロナック

    解説

  • 9

    (ハイランド)ブランド名はアンノック。 ヘイグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノックドゥー

    解説

  • 10

    (ハイランド)カワウソがシンボル。蒸留所のあるピトロッホリーは保養所として有名で、夏目漱石が1902年に訪れた。ブレア城は昭和天皇が皇太子時代に滞在した。 8基あるウォッシュバックのうち4基が四角。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブレアアソール

    解説

  • 11

    (ハイランド)テイサイド唯一の蒸留所。赤リスがシンボル。 デュワーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アバフェルディ

    解説

  • 12

    (ハイランド)ローランドとの境界。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレンゴイン

    解説

  • 13

    (ハイランド)兼業農家で運営。1週間の生産量はホグスヘッド樽換算で14樽。 キングランサム シグナトリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エドラダワー

    解説

  • 14

    (ハイランド)西ハイランド地区で最も古い公認蒸留所。ベンネヴィス山はイギリス最高峰(1344m) ニッカ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンネヴィス

    解説

  • 15

    (ハイランド)ヘブリディーズ諸島への玄関口。ディアジオ社クラシックモルトシリーズ。メンデルスゾーンが訪れた(フィンガルの洞窟)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーバン

    解説

  • 16

    (ハイランド)ウィスキーキャット、タウザー。取ったネズミが2万8899匹。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレンタレット

    解説

  • 17

    (スペイサイド)スペイサイド最小規模。ジャックダニエルのバーボン樽とオロロソシェリー樽。2009年に新生10年がリリース。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンローマック

    解説

  • 18

    (スペイサイド)スペイサイドにしてはスモーキーでピーティ。フロアモルティングを少量実施。ピーテッド麦芽1割。ロングモーン蒸留所に隣接。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンリアック

    解説

  • 19

    (スペイサイド)初留釜がエクスターナルヒーティング方式。バランタインの主要原酒。ローモンドスチルを保有し(1958-1981)グレンクレイグを作っていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレンバーギ

    解説

  • 20

    (スペイサイド)トレードマークが白馬だったが、今はなし。冷却装置が屋外ワームタブ(自慢)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレンエルギン

    解説

  • 21

    (スペイサイド)1972年にグレングラント、ザ・グレンリベットと合併。竹鶴政孝が1919年に修行に訪れた。初留釜と再留釜が別室。初留釜が当時石炭直火式だったため。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロングモーン

    解説

  • 22

    (スペイサイド)1236年に建てられた修道院の製粉所の建物を利用。初留釜にユニークな外部加熱方式。バランタインの主要原酒。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミルトンダフ

    解説

  • 23

    (スペイサイド)スペイサイド最古。1786年。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストラスアイラ

    解説

  • 24

    (スペイサイド)イタリアシェア率70%。瓶詰プラントあり。ポットスチルすべてに精留器(ここだけ)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレングラント

    解説

  • 25

    (スペイサイド)設備の規模は大きい。ブレンダーの中ではスペイサイドトップ6にランク。カティサーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレンロセス

    解説

  • 26

    (スペイサイド)グレンフィディックの姉妹蒸留所。フロアモルティング実施。麦芽の乾燥にはトミントール産のピート。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バルヴェニー

    解説

  • 27

    (スペイサイド)設備はスコットランド最大。1963年にシングルモルトを販売開始(笑い物)。シングルモルト売上世界一。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレンフィディック

    解説

  • 28

    (スペイサイド)ディアジオの異端児。「花と動物」シリーズの16年物がリリースされた。ポットスチル「小さな魔女」。複雑な蒸留作業。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モートラック

    解説

  • 29

    (スペイサイド)1823年の酒税法改正後、政府公認第1号蒸留所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ザ・グレンリベット

    解説

  • 30

    (スペイサイド)シングルモルトトップ10.チャールズ・ドイグが設計したビクトリア朝形式の蒸留所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アベラワー

    解説

  • 31

    (スペイサイド)黒い岩。ウィスキー産業の女王(創業者の妻がすぐれた経営者だった)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カードゥ

    解説

  • 32

    (スペイサイド)再留釜がT字シェイプ。創業者ジョン・スミスのオリジナルデザイン。オールドパー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クラガンモア

    解説

  • 33

    (スペイサイド)ファミリーカスク(1952-1994のヴィンテージをそろえた)。ビジターセンターに豪華客船の廃材。ポットスチルは直火炊き。樽はすべてシェリー樽。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレンファークラス

    解説

  • 34

    (スペイサイド)エドリントングループ(株式の25%はサントリー)。売上はグレンフィディック、ザ・グレンリベットについで3位。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マッカラン

    解説

  • 35

    (アイラ島)フェにール値は55-65ppmだが再留釜の精留器でクリーン、フルーティ、スイートな方向。オフィシャルでは珍しくノンチル46%。再留釜に精留器、キルホーマンを除いてアイラ最小

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アードベッグ

    解説

  • 36

    (アイラ島)フロアモルティング実施。乾燥はピート18時間、熱風40時間。モルトスターシンプソンズの麦芽使用。温水プールあり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボウモア

    解説

  • 37

    (アイラ島)ジム・マッキューワン。アイラ等で唯一ボトリング設備あり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブルイックラディ(3-5ppm)、ポートシャーロット(30-40PPM)、オクトモア(80-160PPM)。

    解説

  • 38

    (アイラ島)麦芽はすべてポートエレン製。カリラと同系列。アイラの中で最もリッチで重厚。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラガヴーリン

    解説

  • 39

    (アイラ島)ピートに海藻。フロアモルティング実施。麦芽乾燥はピート17時間、熱風17時間。熟成はファーストフィルのバーボン樽のみ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラフロイグ

    解説

  • 40

    (アイラ島)アイラの全モルトウィスキーをブレンドしたブラックボトルのホーム蒸留所。オレゴンパイン製ウォッシュバックが6基(7万リットル)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブナハーブン

    解説

  • 41

    (アイラ島)1972年に建て替え、アイラ島最大。ヒドゥンモルトシリーズのひとつ。12年、18年、カスクストレングスなどがリリース。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カリラ

    解説

  • 42

    (オークニー諸島)フロアモルティング実施。ウォッシュバックはオレゴンパイン、ダグラスファー、カラマツ。クランティットの井戸水。中硬水。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハイランドパーク

    解説

  • 43

    (オークニー諸島)初留釜は幻のローモンドスチル。熟成はファーストフィルのバーボン樽のみ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スキャパ

    解説

  • 44

    (マル島)レダイグ(ヘビーピーテッド)も生産。熟成庫がないのでディーンストンとブナハーブンで熟成。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トバモリー

    解説

  • 45

    (スカイ島)スチーブンソンが「酒の中の王様」と称する。使用麦芽はすべてグレンオード製。1928年まで3回蒸留、現在は2回。U字のラインアームで蒸留液が還流し、コショウ味を生む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タリスカー

    解説

  • 46

    (ジュラ島)巨大なポットスチル(8m)。ノンピーテッド。マーケットロッホ湖。ピート濃い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイルオブジュラ

    解説

  • 47

    (アラン島)ハロルド・カリー(元シーバス社長)。ポットスチルは2基。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイルオブアラン

    解説

  • 48

    (ローランド)エジンバラから東へ20km。クラシックモルトシリーズの1本。初留釜(4万リットル)はスコットランド最大級。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレンキンチー

    解説

  • 49

    (ローランド)3回蒸留(初留、後留、再留)。ランタンヘッド型。ボウモア、グレンギリーとともにサントリーへ。コッコノ湖→カトリン湖。水はハイランド産。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーヘントッシャン

    解説

  • 50

    (キャンベルタウン)ボトリング設備保有。ケイデンヘッドのウィスキーも瓶詰。フロアモルティング実施。クロスヒル湖。グレンスコシア、グレンガイルにも供給。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スプリングバンク(8ppm、2.5回蒸留)、ロングロウ(50ppm、2回蒸留)、ヘーゼルバーン(0ppm、3回蒸留)

    解説

  • 51

    (スコッチ・グレン)1627年よりヘイグ家の基幹蒸留所。現在はディアジオ社の所有で、年間1億リットルのグレンウィスキーを生産。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャメロンブリッジ

    解説

  • 52

    (スコッチ・グレン)モルトウィスキーを生産していたキンクレイス蒸留所は1975年に閉鎖。グレンとニュートラルスピリッツを生産する蒸留設備がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストラスクライド

    解説

  • 53

    (スコッチ・グレン)もともとグランツの原酒用。年間の生産量は1億リットル。敷地内にレディバーン蒸留所があった(1966-75)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガーヴァン

    解説

  • 54

    (スコッチ・グレン)DCLに対抗してアンドリュー・アッシャーらが共同出資。設備の老朽化で2013年に生産停止。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノースブリティッシュ

    解説

  • 55

    (スコッチ・グレン)1959年にインバーゴードン社が設立。一時期、ベンウィヴィス蒸留所も稼働。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インバーゴードン

    解説

  • 56

    (スコッチ・グレン)連続蒸留器とポットスチルが同居。ブレンディング、ボトリング設備あり。現在休止中。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロッホローモンド

    解説

  • 57

    (スコッチ・ブレンデッド)1936年にハイラムウォーカーが買収。現在はシーバスリーガル者が買収。グレンバーギ、ミルトンダフがキーモルト。紋章が自慢。モットーは「全人類の友」。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バランタイン

    解説

  • 58

    (スコッチ・ブレンデッド)元サンデマン商会。キーモルトはブレアアソール。モットーは「Afore Ye Go旅立ちの前に」。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベル

    解説

  • 59

    (スコッチ・ブレンデッド)アイラ島の7つの蒸留所のモルト原酒をブレンド。アイラのブナハーブンを中核に、ノンピートのディーンストン、グレーン原酒がブレンドされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブラックボトル

    解説

  • 60

    (スコッチ・ブレンデッド)BBRの顧客であるブランメルの青い上着を愛用したウィリアム・ハンガー卿にちなんで名づけられた。45.6度でモルトウィスキーをヴァット。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブルーハンガー。マスターブレンダーはダグ・マッカイバー。

    解説

  • 61

    (スコッチ・ブレンデッド)1891年に完成。1950年にスペイサイド最古のストラスアイラを買収し、キーモルトにした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シーバスリーガル。マスターブレンダーはコリン・スコット。

    解説

  • 62

    (スコッチ・ブレンデッド)BBRが1923年にリリース。グレンロセスが中心。ポルトガルから買い戻されたティークリッパー(快速帆船)にちなんだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カティサーク

    解説

  • 63

    (スコッチ・ブレンデッド)アンドリュー・カーネギーより「アメリカ大統領に樽を届けてほしい」と依頼された。キーモルトはアバフェルディ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デュワーズ

    解説

  • 64

    (スコッチ・ブレンデッド)マシュー・グローグが1897年に完成。売上はスコッチの6位。英国市場では1位のベルを抜いて2位に。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェイマスグラウス。マスターブレンダーはゴードン・モーション。

    解説

  • 65

    (スコッチ・ブレンデッド)グレンフィディックのウィリアム・グラントが自らブレンド。モットーは「スタンドファースト頑なに伝統を守る」。ボトルの三角は火、水、土を表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グランツ

    解説

  • 66

    (スペイサイド)モンキーショルダー用の原酒を作る蒸留所。1990年建設。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キニンヴィ

    解説

  • 67

    (ローランド)グランツ用の原酒を作る蒸留所。2007年にグレンウィスキーの蒸留所であるガーヴァンの敷地内、レディバーン蒸留所の跡地に建設。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイルサベイ

    解説

  • 68

    (スコッチ・ブレンデッド)ローランドモルトのグレンキンチーがキーモルト。グレンロッシー、ノックドゥー、マノックモアなどがブレンド。えくぼのようなくぼみのある三角形のボトルが特徴。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘイグ(ディンプル)

    解説

  • 69

    (スコッチ・ブレンデッド)キーモルトはタリスカー。運営会社のイアンマクロード社は、他にブレンデッドのヘッジ&バトラー、ラングス。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイル・オブ・スカイ

    解説

  • 70

    (スペイサイド)フェイマスグラウスの原酒。サラディン式と呼ばれるフロアモルティングを行っている唯一の蒸留所。エドリントングループだったが2011年にイアンマクロード社が買収。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タムドゥー

    解説

  • 71

    (スコッチ・ブレンデッド)キーモルトはノッカンドオ、オスロスク、グレンスペイ、ストラスミル。長年スコッチ2位のブランドだったが現在は5位。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • J&B

    解説

  • 72

    (スコッチ・ブレンデッド)キーモルトはカードゥ。ストライディングマンがトレードマーク。販売総数は2013年次点で2010万ケース。世界1位。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョニーウォーカー

    解説

  • 73

    (スコッチ・ブレンデッド)モルトマンの肩の痛み。グレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィのヴァッテッドモルト。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モンキーショルダー

    解説

  • 74

    (スコッチ・ブレンデッド)エリザベス2世の戴冠式を記念して作られた「王礼砲」。熟年年数は王礼砲の発数。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロイヤルサルート

    解説

  • 75

    (スコッチ・ブレンデッド)152歳まで生きたトーマス・パーにちなんだ。キーモルトはクラガンモア。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オールドパー

    解説

  • 76

    (スコッチ・ブレンデッド)「英王室」。飲めるのはバッキンガム宮殿、ローデルホテル、日本。キーモルトはダルウィニー、グレンダラン。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロイヤルハウスホールド

    解説

  • 77

    (スコッチ・ブレンデッド)ドラムショップ(一杯屋)を開店。モルト原酒が45%(多め)。キーモルトはアードモア。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テイーチャーズ

    解説

  • 78

    (スコッチ・ブレンデッド)キーモルトはラガヴーリン。スペイサイドのクレイゲラキとグレンエルギンをブレンド。スクリューキャップを発明。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホワイトホース

    解説

  • 79

    (スコッチ・ブレンデッド)後熟を2回施すダブルマリッジ製法(ヴァット→樽熟→ブレンド→後熟)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホワイト&マッカイ。マスターブレンダーはリチャード・パターソン。

    解説

  • 80

    (スペイサイド)ホワイトホースの原酒用にピーター・マッキーが建設。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クレイゲラキ

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ