zuknow learn together

新しい教材を作成

生産士2級②管理技術の概要

カード 15枚 作成者: ノーエクスチェンジ (作成日: 2014/11/15)

  • 固有技術とは

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    固有技術とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各種の製品の設計・製造に用いられる技術。 製品の種類毎に固有のもの

    解説

  • 2

    管理技術とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造効率を向上させる方法を体系化したもの。 共通技術ともいう

    解説

  • 3

    分業論とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1776年にイギリスの経済学者、アダムスミスが国富論を発表し、分業による生産性の向上効果を説いた。

    解説

  • 4

    互換性を提唱したのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 18世紀末、アメリカのホイットニーが組立品の効率を向上させるために提唱

    解説

  • 5

    もう一つの技術が必要と強調したのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1830年頃、イギリスの数学者、バベージ。 単に作る技術以外に製造活動を効率的に行うのに、もう一つの技術が必要であることを強調した。

    解説

  • 6

    テーラーが提唱したのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 19世紀末から20世紀にかけて科学的管理法を提唱した。 これは時間研究を基礎としている。

    解説

  • 7

    ギルブレスが確立したのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 作業方法の研究をもとに動作研究という手法を確立

    解説

  • 8

    IEとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事を科学的な考え方によって改善する知識体系

    解説

  • 9

    ホーソン実験により明らかになったのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職場の人間関係が生産性に関係していること。 これが意思決定論、行動科学などに発展していく

    解説

  • 10

    アメリカのシューハート博士により提唱されたのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 統計的手法を用いて工程をコントロ一ルする統計的品質管理が提唱された

    解説

  • 11

    ORとは、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第2次世界大戦で、軍の作戦に学者や研究者が参加し、戦争が科学化した。 これをOR、作戦計

    解説

  • 12

    管理技術を作業区分によって分類すると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加工管理、検査管理、運搬管理、倉庫管理のように区分出来る

    解説

  • 13

    管理技術を4Mによって分類すると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要員管埋、設備管理、現品管理、技術文書管理のように区分出来る

    解説

  • 14

    生産活動は、それぞれの段階で、目的である( )、( )と、手段である( )の3つの目標を持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 品質 納期 コスト

    解説

  • 15

    情報処理は、情報処理を行う( )と、処理の対象となる( )に区分できる。この2 つは格子状の関係にあり、( )で交差していない状態は ( )、 ( )があり、 ( )で交差していない状態は ( )になっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報処理主体、情報処理対象、手待ち、空移動、停滞

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ