zuknow learn together

新しい教材を作成

●CBT(医の原則01)

カード 133枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/11/08)

  • ビタミンの概念がなかった100年前には、(   )は重大な国民病であった。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

2015 QB_CBT vol.1(1~34)

医学/医療

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ビタミンの概念がなかった100年前には、(   )は重大な国民病であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脚気

    解説

  • 2

    (   )は、陸軍省医務局長で、脚気細菌説を主張した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 森鴎外

    解説

  • 3

    森鴎外は、陸軍省医務局長で、(   )を主張した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脚気細菌説

    解説

  • 4

    (   )は、海軍軍医総監で、脚気原因説を主張し、脚気の原因が食生活にあることを推測して、海軍の兵食改革を行った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高木兼寛

    解説

  • 5

    高木兼寛は、海軍軍医総監で、(   )を主張し、脚気の原因が食生活にあることを推測して、海軍の兵食改革を行った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脚気原因説

    解説

  • 6

    (   )は、オリザニン(ビタミンB1)を発見し、脚気の原因物質を特定した人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鈴木梅太郎

    解説

  • 7

    鈴木梅太郎は、(   )を発見し、脚気の原因物質を特定した人物である。

    補足(例文と訳など)

    • ビタミンB1

    答え

    • オリザニン

    解説

  • 8

    (   )は、日本の細菌学の父と呼ばれ、破傷風の抗毒素の研究を行った人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北里柴三郎

    解説

  • 9

    北里柴三郎は、日本の(   )と呼ばれ、破傷風の抗毒素の研究を行った人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細菌学の父

    解説

  • 10

    北里柴三郎は、日本の細菌学の父と呼ばれ、(   )の研究を行った人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 破傷風の抗毒素

    解説

  • 11

    (   )は、陸軍軍医総監で、脚気大量発生に対して総司令官として批判された人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小池正直

    解説

  • 12

    (   )は、結核菌,炭疽菌,コレラ菌を発見した人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Koch

    解説

  • 13

    Kochは、(   )を発見した人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結核菌,炭疽菌,コレラ菌

    解説

  • 14

    (   )は、天然痘ワクチンを発見した人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Jenner

    解説

  • 15

    Jennerは、(   )を発見した人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天然痘ワクチン

    解説

  • 16

    (   )は、黄熱病病原体を発見したが、後日ウイルスが原因であるとわかり否定された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 野口英世

    解説

  • 17

    野口英世は、(   )を発見したが、後日ウイルスが原因であるとわかり否定された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黄熱病病原体

    解説

  • 18

    (   )は、赤痢菌の発見と関連がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 志賀潔

    解説

  • 19

    志賀潔は、(   )の発見と関連がある。

    補足(例文と訳など)

    • 赤痢菌の属名:Shigella

    答え

    • 赤痢菌

    解説

  • 20

    (   )は、消毒法や狂犬病ワクチンを発見した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パスツール

    解説

  • 21

    パスツールは、(   )を発見した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消毒法,狂犬病ワクチン

    解説

  • 22

    [尊厳死・安楽死]とは、傷病により「不治かつ末期」になった場合に、事前の健全な状態での意思表示に基づいて、延命措置を行わず、人間としての尊厳を保ちながら死を迎えることをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尊厳死

    解説

  • 23

    尊厳死とは、傷病により「不治かつ末期」になった場合に、事前の健全な状態での意思表示に基づいて、(   )を行わず、人間としての尊厳を保ちながら死を迎えることをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延命措置

    解説

  • 24

    尊厳死は、(   )の「尊厳に関する権利」の実現であり、終末期医療における自己決定権を尊重する考えに基づいている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リスボン宣言

    解説

  • 25

    尊厳死は、「リスボン宣言」の「尊厳に関する権利」の実現であり、終末期医療における(   )を尊重する考えに基づいている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己決定権

    解説

  • 26

    [尊厳死・安楽死]とは、耐え難い苦痛を訴える末期患者の求めに応じて、何らかの手段により人為的にその生命を絶つことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安楽死

    解説

  • 27

    末期患者に対して、致死量の鎮静剤を投与したり、KCl,筋弛緩剤などを静注したりすることで生命の短縮措置を行うことを[消極的・間接的・積極的]安楽死という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 積極的

    解説

  • 28

    日本では、積極的安楽死を認める法律は、[ある・ない]。

    補足(例文と訳など)

    • 日本に安楽死,尊厳死を認める法律はない。

    答え

    • ない

    解説

  • 29

    安楽死を合法化している国は、[ある・ない]。

    補足(例文と訳など)

    • オランダ,ベルギーなどは厳格な条件かでの安楽死を認めている。

    答え

    • ある

    解説

  • 30

    (   )とは、本人が明晰なうちに、意思決定能力を失った場合における、医療ケアに関する希望を表明した文書のことで、事前指示書(アドバンス・ディレクティブ)とも呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    • 輸血・輸液,心肺蘇生,人工透析など、多岐にわたる。

    答え

    • リビングウィル

    解説

  • 31

    リビングウィルとは、本人が明晰なうちに、意思決定能力を失った場合における、医療ケアに関する希望を表明した文書のことで、(   )とも呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事前指示書(アドバンス・ディレクティブ)

    解説

  • 32

    尊厳死を望み、延命措置を拒否する場合、(   )を患者本人が作成する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尊厳死宣言書

    解説

  • 33

    日本では、「尊厳死宣言書」を含むリビングウィルは、法的に規定されて[いる・いない]。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いない

    解説

  • 34

    (   )は、医師の倫理性や客観性について述べ、「医学の父」と呼ばれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒポクラテス

    解説

  • 35

    ヒポクラテスは、医師の倫理性や客観性について述べ、(   )と呼ばれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医学の父

    解説

  • 36

    (   )は、ヒポクラテスの誓いを基に医の倫理を宣言したもので、1947年に発足した世界医師会(WMA)において、翌年第2回総会で採択された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジュネーブ宣言

    解説

  • 37

    ジュネーブ宣言は、ヒポクラテスの誓いを基に医の倫理を宣言したもので、1947年に発足した(   )において、翌年第2回総会で採択された。

    補足(例文と訳など)

    • 何度か修正が加えられた後、現在の形になっている。

    答え

    • 世界医師会(WMA)

    解説

  • 38

    ジュネーブ宣言について、 ●「全生涯を(   )のために捧げる。」 ●「(   )的立場にのっとり、医を実践する」

    補足(例文と訳など)

    • 「人道的〜」→道徳的・良識的配慮

    答え

    • 人道

    解説

  • 39

    ジュネーブ宣言について、 「(   )の時から人命を最大限に尊重する。」

    補足(例文と訳など)

    • 人命の尊重 ×「出生の時から〜」

    答え

    • 受胎

    解説

  • 40

    ジュネーブ宣言について、 「患者の(   )を第一に考慮する。」

    補足(例文と訳など)

    • 患者の健康の優先

    答え

    • 健康

    解説

  • 41

    ジュネーブ宣言について、 「患者の(   )を厳守する。」

    補足(例文と訳など)

    • 守秘義務

    答え

    • 秘密

    解説

  • 42

    ジュネーブ宣言について、 「患者に対して(   )をしない。」

    補足(例文と訳など)

    • 患者の非差別

    答え

    • 差別・偏見

    解説

  • 43

    ジュネーブ宣言について、 「(   )をもって自身の専門職を実践する。」

    補足(例文と訳など)

    • 医師の良心と尊厳

    答え

    • 良心と尊厳

    解説

  • 44

    ジュネーブ宣言について、 「たとえ脅迫の下であっても、(   )を犯すために、自分の医学的知識を利用することはしない。」

    補足(例文と訳など)

    • 人権の尊重

    答え

    • 人権や国民の自由

    解説

  • 45

    (   )は、「医学の父」ヒポクラテスが立てた、医師の倫理を規定する誓いである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒポクラテスの誓い

    解説

  • 46

    (   )は、1981年に世界医師会(WMA)総会で採択された、患者の権利に関する宣言文である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リスボン宣言

    解説

  • 47

    リスボン宣言は、1981年に世界医師会(WMA)総会で採択された、(   )に関する宣言文である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 患者の権利

    解説

  • 48

    (   )は、ニュルンベルク網領をもとにヒトを対象とする医学研究における倫理を規定したもので、被験者の人権尊重を主旨とし、実験計画や倫理審査委員会,インフォームド・コンセントについて述べられている。

    補足(例文と訳など)

    • 1964年

    答え

    • ヘルシンキ宣言

    解説

  • 49

    ヘルシンキ宣言は、ニュルンベルク網領をもとに(   )における倫理を規定したもので、被験者の人権尊重を主旨とし、実験計画や倫理審査委員会,インフォームド・コンセントについて述べられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒトを対象とする医学研究

    解説

  • 50

    ヘルシンキ宣言は、ヒトを対象とする医学研究における倫理を規定したもので、被験者の人権尊重を主旨とし、実験計画や(   )について述べられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 倫理委員会,インフォームド・コンセント

    解説

  • 51

    (   )は、死亡判定に関する声明である。

    補足(例文と訳など)

    • 1968年

    答え

    • シドニー宣言

    解説

  • 52

    シドニー宣言は、(   )に関する声明である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 死亡判定

    解説

  • 53

    (   )は、ヘルシンキ宣言に基づいており、日本では2001年から実施されるようになった。

    補足(例文と訳など)

    • Good Clinical Practice

    答え

    • 医薬品の臨床試験の実施基準(GCP)

    解説

  • 54

    「医薬品の臨床試験の実施基準」(GCP)は、(   )宣言に基づいており、日本では2001年から実施されるようになった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘルシンキ

    解説

  • 55

    ジュネーブ宣言は、(   )を基に作成された医師の倫理宣言である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒポクラテスの誓い

    解説

  • 56

    (   )は、1978年9月にWHO,UNICEFが、「2000年までに世界の全ての人に健康を」という基本戦略のもと、プライマリヘルスケア(PHC)の理念を宣言したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルマ・アタ宣言

    解説

  • 57

    アルマ・アタ宣言は、1978年9月にWHO,UNICEFが、「2000年までに(   )を」という基本戦略のもと、プライマリヘルスケア(PHC)の理念を宣言したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 世界のすべての人に健康

    解説

  • 58

    アルマ・アタ宣言は、1978年9月にWHO,UNICEFが、「2000年までに世界の全ての人に健康を」という基本戦略のもと、(   )の理念を宣言したものである。

    補足(例文と訳など)

    • Primary Health Care

    答え

    • プライマリヘルスケア(PHC)

    解説

  • 59

    ヘルシンキ宣言は、(   )をもとにヒトを対象とする医学研究における倫理を規定したもので、被験者の人権尊重を主旨とし、実験計画や倫理審査委員会,インフォームド・コンセントについて述べられている。

    補足(例文と訳など)

    • 1947年 第二次世界大戦におけるナチスの人体実験の反省から制定された。

    答え

    • ニュルンベルク網領

    解説

  • 60

    新薬臨床試験とは、ヒトを対象として医薬品などの(   )を調べる介入試験のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有用性や安全性

    解説

  • 61

    新薬臨床試験のうち、国(厚生労働省)から医薬品としての承認を受けるために行う試験のことを(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 治験

    解説

  • 62

    患者の自己決定権の根拠となる規定は、日本国憲法第13条の(   )で、公共の福祉に反しない限り尊重される権利である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幸福追求権

    解説

  • 63

    未成年で婚姻をしている場合、手術などをする上で、保護者や親権者の同意は[必要・不要]である。

    補足(例文と訳など)

    • 民放753条の規定により、婚姻をした未成年者は成年に達したものとみなされる。

    答え

    • 不要

    解説

  • 64

    「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)」において、精神病患者の入院形態(5つ)のうち、(   )入院は唯一患者本人の同意が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 任意

    解説

  • 65

    精神保健福祉法に基づく入院形態について、 第22条の3,[任意入院・措置入院]は、患者本人の同意を得て行われる入院である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 任意入院

    解説

  • 66

    精神保健福祉法に基づく入院形態について、 第33条,(   )入院は、任意入院が行われる状態でない場合に保護者の同意を得て行われる入院である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療保護

    解説

  • 67

    精神保健福祉法に基づく入院形態について、 第33条の4,(   )入院は、急速を要し、保護者の同意を得られない場合に行われる入院である。

    補足(例文と訳など)

    • 入院期限:72時間

    答え

    • 応急

    解説

  • 68

    精神保健福祉法に基づく入院形態について、 第29条,(   )入院は、自傷他害のおそれのあると認められた患者に対し行われる入院である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 措置

    解説

  • 69

    精神保健福祉法に基づく入院形態について、 第29条の2,(   )入院は、急速を要し、時間的余裕がない場合に適用される措置入院のことである。

    補足(例文と訳など)

    • 入院期限:72時間

    答え

    • 緊急措置

    解説

  • 70

    「児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)」について、 第2条:児童虐待とは、保護者が児童に対し、(   )を行うことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体的虐待,保護の怠慢・拒否(ネグレクト),心理的虐待,性的虐待

    解説

  • 71

    「児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)」について、 第5条:児童の福祉に業務上・職務上関係する者は、児童虐待を発見しやすい立場を自覚し、児童虐待の(   )に努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    • 学校の職員,児童福祉施設の職員,医師,保健師,弁護士など

    答え

    • 早期発見

    解説

  • 72

    「児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)」について、 第6条:児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、(   )に通告しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    • ×警察 守秘義務違反には該当しない。

    答え

    • 福祉事務所or児童相談所

    解説

  • 73

    処方箋を交付できるのは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    • ×看護師,薬剤師

    答え

    • 医師、歯科医師、獣医師

    解説

  • 74

    診療録は、一定の条件の下で医師以外が記載[できる・できない]。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる

    解説

  • 75

    死亡診断書は、(   )が発行できる。

    補足(例文と訳など)

    • 医師法 歯科医師法(歯科疾患に限る)

    答え

    • 医師、歯科医師

    解説

  • 76

    死亡検案書は、(   )が発行できる。

    補足(例文と訳など)

    • 医師法

    答え

    • 医師のみ

    解説

  • 77

    出生証明書は、出産に立ち会った者のうち、(   )の順序で作成する。

    補足(例文と訳など)

    • 医師法、保健師助産師看護師法、戸籍法

    答え

    • 医師、助産師、その他の者

    解説

  • 78

    母子健康手帳への記入は、医師以外の職種が記載[できる・できない]。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる

    解説

  • 79

    診断書や死亡診断書,死亡検案書に虚偽の記載をしたときは、(   )に問われる。

    補足(例文と訳など)

    • 刑法第160条

    答え

    • 虚偽診断書等作成罪

    解説

  • 80

    医師法第1条:医師は、医療と保健指導を掌ることによって、(   )の向上と増進に寄与し、国民の健康的な生活を確保する任務がある。

    補足(例文と訳など)

    • 医師の任務

    答え

    • 公衆衛生

    解説

  • 81

    医師法第1条:医師は、医療と保健指導を掌ることによって、公衆衛生の向上と増進に寄与し、国民の(   )を確保する任務がある。

    補足(例文と訳など)

    • 医師の任務

    答え

    • 健康的な生活

    解説

  • 82

    医師国家試験に合格したあと、(   )に登録されて初めて医療行為が可能となる。

    補足(例文と訳など)

    • 厚生労働省の医務課にある資格者名簿

    答え

    • 医籍

    解説

  • 83

    医師法第4条より、精神科疾患のある者は、(   )事由にあたり、医師免許が交付されないことがある。

    補足(例文と訳など)

    • 心身の障害,麻薬・大麻・あへん中毒,罰金以上の刑,医事に関する犯罪・不正行為

    答え

    • 相対的欠格

    解説

  • 84

    医師法第24条:診療したときは、遅滞なく(   )に記載しなければならない。また、(   )の保存期間は5年間とする。

    補足(例文と訳など)

    • ×医療法

    答え

    • 診療録

    解説

  • 85

    [診療科名の広告・応召の義務]は、医療法に規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 診療科名の広告

    解説

  • 86

    応召の義務は、[医療法・医師法]第19条に記載されている。

    補足(例文と訳など)

    • 診察治療の求めがあった場合、正当な事由がなければ拒んではならない。

    答え

    • 医師法

    解説

  • 87

    1〜5類感染症の届出は、(   )に規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感染症法

    解説

  • 88

    感染性廃棄物の処理は、(   )に規定されている。

    補足(例文と訳など)

    • 廃棄物の処理および清掃に関する法律

    答え

    • 廃棄物処理法

    解説

  • 89

    基準病床数の設定は、(   )に規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療法

    解説

  • 90

    医師法第3条:(   )は、絶対的欠格事由にあたり、医師免許は与えられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 未成年者,成年被後見人,被保佐人

    解説

  • 91

    「医師免許の停止,取消」は、[医師法第7条・医療法第7条]に記載されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医師法7条

    解説

  • 92

    医師法第20条:自ら診察せずに(   )を行ってはならない。

    補足(例文と訳など)

    • 無診察治療等の禁止

    答え

    • 治療,診断書・処方箋の交付

    解説

  • 93

    医師法第21条:医師は、死体または妊娠4ヶ月以上の死産児を検案して、異状があると認めたときは、(   )以内に所轄警察署に届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    • 病死・自然死以外は全て異状死となる。

    答え

    • 24時間

    解説

  • 94

    異状死の届出は、遺族の同意が[必要・不要]である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不要

    解説

  • 95

    医師法第22条:投薬の必要を認めた場合、(   )を交付しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    • 処方箋の交付義務

    答え

    • 処方箋

    解説

  • 96

    医療法第1条の5:病院は、入院施設が(   )床以上、診療所は、入院施設が0~19床とする。

    補足(例文と訳など)

    • 常時3人以上の医師が必要

    答え

    • 20

    解説

  • 97

    医療法第1条の5:病院は、入院施設が20床以上、診療所は、入院施設が(   )床とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0~19

    解説

  • 98

    医療法第4条:特定機能病院とは、(   )の承認が必要であり、高度医療,先進医療を提供できる病院のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厚生労働大臣

    解説

  • 99

    医療法第4条:(   )病院とは、厚生労働大臣の承認が必要であり、高度医療,先進医療を提供できる病院のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定機能

    解説

  • 100

    医療法第4条:地域医療支援病院とは、(   )の承認が必要であり、かかりつけ医を支援する能力があり、医療の提供と救急医療を行うことができる病院のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県知事

    解説

  • 101

    医療法第4条:(   )病院とは、都道府県知事の承認が必要であり、かかりつけ医を支援する能力があり、医療の提供と救急医療を行うことができる病院のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域医療支援

    解説

  • 102

    医療法第7~8条:病院を開設する場合は、(   )を得なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県知事の許可

    解説

  • 103

    医療法第7~8条:診療所を開設する場合は、開設後(   )日以内に都道府県知事に届け出ればよい。

    補足(例文と訳など)

    • 臨床研修を修了した医師に限る。

    答え

    • 10

    解説

  • 104

    医療法第30条の4:(   )は、医療法に基づいて都道府県が策定する。

    補足(例文と訳など)

    • 基準病床数、医療圏の設定、医療従事者の確保、医療の安全の確保など

    答え

    • 医療計画

    解説

  • 105

    医療法第30条の4:医療計画は、医療法に基づいて(   )が策定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県

    解説

  • 106

    医療法第6条の6:法律で定められた範囲内であれば、医師・歯科医師の資格をもつ者は、専門分野や経験年数を問わず、(   )を重複して標榜(広告)することができる。

    補足(例文と訳など)

    • 呼吸器内科、糖尿病眼科など

    答え

    • 診療科名

    解説

  • 107

    インフォームド・コンセントは、[医師法・医療法]第1条の4に記載されており、医師等の義務である。

    補足(例文と訳など)

    • 医療従事者側からの十分な説明、患者側の理解,納得,同意,選択 ×医師法

    答え

    • 医療法

    解説

  • 108

    食中毒の届出は、「食品衛生法」で義務づけられており、患者の同意は必要なく、医師は直ちに(24時間以内)保健所長に届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食品衛生法

    解説

  • 109

    食中毒の届出は、「食品衛生法」で義務づけられており、患者の同意は必要なく、医師は直ちに(24時間以内)、(   )に届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    • 保健所長は、都道府県知事に報告する。

    答え

    • 保健所長

    解説

  • 110

    医師の届出義務について、 「感染症法」により、(   )類感染症,新型インフルエンザ等感染症,新感染症(疑い)は、直ちに保健所長を経て都道府県知事に届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1~4

    解説

  • 111

    医師の届出義務について、 「感染症法」により、(   )類感染症は、7日以内に保健所長を経て都道府県知事に届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 112

    医師の届出義務について、 「感染症法」により、5類感染症は、(   )以内に保健所長を経て都道府県知事に届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7日

    解説

  • 113

    医師の届出義務について、 (   )法により、不妊手術,人工妊娠中絶は、翌月10日までに都道府県知事に届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母体保護

    解説

  • 114

    医師の届出義務について、 「母体保護法」により、(   )は、翌月10日までに都道府県知事に届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不妊手術,人工妊娠中絶

    解説

  • 115

    医師の届出義務について、 「麻薬及び向精神薬取締法」により、麻薬中毒は、速やかに(   )に届け出なければならない。

    補足(例文と訳など)

    • ×警察署 麻薬:モルヒネ、コデイン、ヘロイン、コカイン、LSD、MDMA 向精神薬:ジアゼパム、ニトラゼパム

    答え

    • 都道府県知事

    解説

  • 116

    医師の届出義務について、 「[麻薬・覚醒剤]取締法」により、[麻薬・覚醒剤]中毒は、届出義務はない。

    補足(例文と訳など)

    • 大麻,シンナーなども「大麻取締法」,「毒物及び劇物取締法」により、医師の届出義務はない。

    答え

    • 覚醒剤

    解説

  • 117

    人工妊娠中絶は、都道府県医師会が審査・認定した(   )のみが行える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母体保護法指定医

    解説

  • 118

    人工妊娠中絶は、(   )が審査・認定した母体保護法指定医のみが行える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県医師会

    解説

  • 119

    人工妊娠中絶は、法に定めた適応用件に該当すると認めたときに、(   )の同意を得て実施することができる。

    補足(例文と訳など)

    • 未成年の場合でも親の同意は不要

    答え

    • 本人および配偶者

    解説

  • 120

    精神障害者の(   )入院は、精神保健指定医の診察が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療保護,応急,措置,緊急措置

    解説

  • 121

    精神障害者の任意入院以外の入院形態には、(   )の診察が必要である。

    補足(例文と訳など)

    • 医療保護,応急,緊急措置入院:1人の精神保健指定医の診察 措置入院:2人以上の精神保健指定医の診察

    答え

    • 精神保健指定医

    解説

  • 122

    麻薬の処方,施用には、医師(歯科医師,獣医師)免許に加えて、(   )の免許が必要である。

    補足(例文と訳など)

    • 都道府県知事が交付

    答え

    • 麻薬施用者

    解説

  • 123

    医師資格のみで産業医になることは、[できる・できない]。

    補足(例文と訳など)

    • 産業医学の修了者、労働衛生コンサルタント試験の合格者など

    答え

    • できない

    解説

  • 124

    医師(歯科医,獣医を含む),薬剤師,医薬品販売業者,助産師などには、「(   )法」第134条により守秘義務が課せられており、守らなかった場合、6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金に処せられる。

    補足(例文と訳など)

    • 業務上知り得た患者の情報を正当な理由なく漏洩してはならない。

    答え

    解説

  • 125

    死体検案書を作成する場合、[異状死と認めて24時間以内・警察官の検死終了後]に行う。

    補足(例文と訳など)

    • 異状死と認めた場合、24時間以内に所轄警察署へ届け出る。

    答え

    • 警察官の検死終了後

    解説

  • 126

    異状死と認めた場合、求めに応じて、[死亡診断書・死体検案書]を発行する。

    補足(例文と訳など)

    • 死亡診断書:傷病で診療継続中の患者が、その診療に係る傷病に関連して死亡した場合のみ交付できる。

    答え

    • 死体検案書

    解説

  • 127

    感染症の類型について、 (   )類感染症には、7疾患あり、エボラ出血熱,クリミア・コンゴ出血熱,痘瘡(天然痘),南米出血熱,ペスト,マールブルグ病,ラッサ熱のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    • 危険性(感染力,重篤性)が極めて高い感染症

    答え

    • 1

    解説

  • 128

    感染症の類型について、 (   )類感染症には、5疾患あり、急性灰白質髄炎(ポリオ),結核,ジフテリア,重症急性呼吸器症候群(SARS),鳥インフルエンザ(H5N1 or H7N9)のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    • 危険性が高い感染症

    答え

    • 2

    解説

  • 129

    感染症の類型について、 (   )類感染症には、5疾患あり、コレラ,細菌性赤痢,腸管出血性大腸菌感染症,腸チフス,パラチフスのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    • 特定の職業への就業によって集団発生を起こし得る感染症

    答え

    • 3

    解説

  • 130

    感染症の類型について、 (   )類感染症には、43疾患あり、A,E型肝炎,黄熱,Q熱,狂犬病,炭疽,鳥インフルエンザ(H5N1,H7N9以外),ボツリヌス症,マラリア,野兎病などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    • 動物,飲食物などを介して人に感染し、健康に影響を与えるおそれのある感染症

    答え

    • 4

    解説

  • 131

    感染症の類型について、 (   )類感染症(全数把握対象疾患)には、18疾患あり、ウイルス肝炎(A,E型以外),クリプトスポリジウム症,後天性免疫不全症候群(AIDS),梅毒,麻疹,風疹,破傷風,クロイツフェルト・ヤコブ病などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    • 発生・拡大を防止すべき感染症 感染症発生動向調査→情報提供・公開→発生・拡大防止

    答え

    • 5

    解説

  • 132

    感染症の類型について、 (   )類感染症(定点把握対象疾患)には、26疾患あり、インフルエンザ(鳥,新型以外),性器クラミジア感染症,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症,急性出血性結膜炎,流行性耳下腺炎,マイコプラズマ肺炎などのことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 133

    キューブラー・ロスモデルとは、エリザベス・キューブラー=ロスが、人間が死を受容する心の動きを、(   )の5段階で説明したものである。

    補足(例文と訳など)

    • すべての患者に当てはまるわけではない。 順序通り進むわけではなく、行ったり来たりを繰り返す。

    答え

    • 否認→怒り→取引→抑うつ→受容

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ