zuknow learn together

新しい教材を作成

現代社会 一問一答 その40

カード 13枚 作成者: kekke (作成日: 2013/10/26)

  • 産業革命期、イギリスで自由主義経済を唱えた一連の経済学者たちを何学派というか

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

経済学説に関する一問一答!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    産業革命期、イギリスで自由主義経済を唱えた一連の経済学者たちを何学派というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 古典学派

    解説

  • 2

    新自由主義の1つで、フリードマンの唱えた政府の仕事は通貨量調節だけでよいとする考え方をなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マネタリズム

    解説

  • 3

    古典派に共通する商品解説(商品価値=投下労働量で決定)を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働価値説

    解説

  • 4

    古典派の一人アダム=スミスは、利己心にもとづく各人の行動が結果的に社会全体の利益につながる市場の自動調節機能を何と呼んだか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神の見えざる手

    解説

  • 5

    現代は半ケインズ的な「小さな政府」の考え方(=新自由主義)が主流だが、そこでは不況時、どんな政策をとるべきだとされるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 減税と規制緩和

    解説

  • 6

    ドイツのリストは、イギリスと比べて後進国であるドイツには、自由貿易よりも何が必要であると唱えたか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保護貿易

    解説

  • 7

    世界恐慌時に有効需要を実践したアメリカの不況対策は、何と言う政策か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニューディール政策

    解説

  • 8

    イギリスのケインズは古典派を批判し、不況時には政府が積極的に何を創出すべきだと考えたか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 有効需要

    解説

  • 9

    イギリスでは、アダム=スミスらの古典派経済学が主流であるが、どのような立場を基調としているか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自由放任主義

    解説

  • 10

    フランスで重農主義を唱えたのは誰か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケネー

    解説

  • 11

    フランスのケネーが唱えた、工業生産よりも農業を重視する考え方を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重農主義

    解説

  • 12

    古典派の一人リカードは、各国が得意な商品だつくり、その後貿易で交換するという国際分業理論を唱えたが、これを何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比較生産費説

    解説

  • 13

    比較生産費説において、自国の中で比較的生産効率のいい財のことをなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比較優位を持つ財

    解説

56968

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ