zuknow learn together

新しい教材を作成

【高校生物】自律神経系とそのはたらき

カード 7枚 作成者: ノリダー (作成日: 2013/12/11)

  • 自律神経・・・(①)と(②)の2種類がある。また、意識とは関係なく働く。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    自律神経・・・(①)と(②)の2種類がある。また、意識とは関係なく働く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①交感神経 ②副交感神経

    解説

  • 2

    交感神経と副交感神経は、それぞれがおなじ臓器に分布して、( )にはたらく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拮抗的

    解説

  • 3

    交感神経・・・( )状態ではたらく。動物では闘争や逃走などエネルギーを消費するからだの状態ではたらく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 緊張・興奮

    解説

  • 4

    副交感神経・・・( )状態ではたらく。休憩時に力を蓄えるような状態ではたらく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リラックスした

    解説

  • 5

    交感神経の作用・・・瞳孔は( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡大

    解説

  • 6

    交感神経・・・(①)から出て、(②)のシナプスを経て目的の器官に達する。(③)が神経伝達物質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①脊髄 ②交感神経幹 ③ノルアドレナリン

    解説

  • 7

    副交感神経・・・(①)・(②)・(③)からでて、目的とする器官の近くで次の神経細胞に接続する。(④)が神経伝達物質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①中脳 ②延髄 ③脊髄 ④アセチルコリン

    解説

56717

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ