zuknow learn together

新しい教材を作成

現代社会 一問一答 その33

カード 13枚 作成者: kekke (作成日: 2013/10/26)

  • 1950年~60年代に進行した、米ソ二極優位の崩壊を何というか

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

冷戦に関する一問一答!②

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    1950年~60年代に進行した、米ソ二極優位の崩壊を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多極化

    解説

  • 2

    西側資本主義陣営が1949年につくった軍事同盟を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NATO(北大西洋条約機構)

    解説

  • 3

    1962年に発生した、米ソの核戦争が懸念された事態を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キューバ危機

    解説

  • 4

    米ソが直接戦わず、対立する小国同士の戦争を支援するやり方をなんというか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代理戦争

    解説

  • 5

    多極化に関連して、同じく中ソ対立が発生したが、1969年には両国間で何が勃発したか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国境紛争

    解説

  • 6

    独立国家共同体に参加しなかった旧ソ連のエストニア・ラトビア・リトアニアを合わせて何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バルト三国

    解説

  • 7

    ベルリン封鎖の後、東ドイツ政府が西ドイツへの亡命阻止のため、西ベルリンの周囲に築いた壁を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベルリンの壁

    解説

  • 8

    アメリカ国務長官マーシャルが実施した、西欧諸国の戦後復興への援助計画を何というか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーシャル=プラン

    解説

  • 9

    ヤルタ会議に出席した米英ソの首脳の名前をそれぞれ答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルーズベルト、チャーチル、スターリン

    解説

  • 10

    冷戦後の世界で大きく現れてきた特徴といえば、東欧諸国の民主化・市場経済への移行と、何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民族紛争の激化

    解説

  • 11

    1946年、イギリス首相チャーチルが行った、冷戦対立表面化のきっかけとなった演説は何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「鉄のカーテン」演説

    解説

  • 12

    1950年代半ば以降の東西緊張緩和の動き(雪解け)を、西側諸国はフランス語で何と表現したか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デタント

    解説

  • 13

    多極化の1つとして、フランスがとった行動は、社会主義国中国の承認と何か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NATO軍の脱退

    解説

57021

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ