zuknow learn together

新しい教材を作成

マクロ経済学用語集その10

カード 10枚 作成者: kitashin (作成日: 2013/12/10)

  • 70の法則

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

マクロ経済学の用語集です。後期試験のために作成しました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    70の法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時間の経過とともに成長する変数が2倍になるのにかかる時間は、70をその変数の1年間の成長率で割った値に等しい。

    解説

  • 2

    物的資本

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建物や機会のような人工の資源のこと。

    解説

  • 3

    人的資本

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者に体化された教育や知識が生み出す労働力の改善のこと。

    解説

  • 4

    技術

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 財・サービスの生産方法のこと。

    解説

  • 5

    集計的生産関数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生産性(1人当たり実質GDP)が、労働者1人あたりの物的資本や人的資本の量、また技術水準にどう依存しているかを表す仮想の関数。

    解説

  • 6

    物的資本に関する収穫遁減

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人的資本と技術を一定として、物的資本を増やすごとに生産性の上昇が小さくなる場合、集計的生産関数はこれを表す。

    解説

  • 7

    全要素生産性(TFP)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要素投入量を一定として生産できる産出量。

    解説

  • 8

    インフラストラクチャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通称インフラ。道路、電力供給ライン、港湾、情報ネットワーク、その他経済活動の土台となるもの。

    解説

  • 9

    研究開発(R&D)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新しい技術を想像し実用化するための支出。

    解説

  • 10

    収束仮説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一人当たり実質GDPの国際的な格差は時間がたつと小さくなる傾向にある。

    解説

56907

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ