zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H25 応用(51~100)

カード 250枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2014/11/01)

  • 減速動作について、安定性には下半身の筋力と上半身の姿勢コントロールが重要である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

日本体育協会公認アスレティックトレーナーを目指す!

養成校卒業生をサポートする勉強会グループ『KnowHow』。
https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/

グループ専用学習課題

H25年 AT試験 応用科目 51〜100問 全250問

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    減速動作について、安定性には下半身の筋力と上半身の姿勢コントロールが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    減速動作について、下半身では大きな減速エネルギーが生み出される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    減速動作について、体幹部には後方への慣性が作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 4

    減速動作について、姿勢のコントロールには鉛直方向の安定性が重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    減速動作について、減速区間が短いと関節に加わる応力は少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    アスレティックリハビリテーションについて、受傷後は、アスレティックトレーナーによる機能評価からはじまる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 7

    アスレティックリハビリテーションについて、対象者の状態に関わらず、もとの競技種目に完全復帰することを到達目標とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    アスレティックリハビリテーションについて、負荷を段階的に漸増しつつ進行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    アスレティックリハビリテーションについて、初期段階では競技種目特性への配慮を必要としない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 10

    アスレティックリハビリテーションについて、スポーツ復帰の許可はアスレティックトレーナーの判断による。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 11

    ジョギングはパッシブリカバリーである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    マッサージはパッシブリカバリーである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    低周波刺激はパッシブリカバリーである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    体操はパッシブリカバリーである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 15

    水泳はパッシブリカバリーである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 16

    慣性モーメントが大きい方が身体の回転速度は速くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    回転半径が小さいほど身体に加わる外力は大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    速い方向変換のためには回転中心から躯幹の距離を大きくする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 19

    ターンの円滑さは体幹の前屈の程度に影響される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    走行スピードや方向転換の角度変化が大きいほど、身体に加わる外力は大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    生体電気インピーダンス法による身体組成の測定は、体内水分量の変化の影響を受けにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    キャリパー法による身体組成測定において、3点法での計測部位は上腕背部、肩甲骨下部、腹部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    身体密度法の空気置換法や水中体重秤量法による身体組成の計測は、精度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    身体密度法の水中体重秤量法による身体組成の計測は、ニュートンの法則を利用した方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 25

    キャリパー法の皮下脂肪厚測定による%fatの推定は、測定誤差の影響を受けにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    短距離走におけるハムストリングス肉ばなれの発生要因について、骨盤の後傾が強い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    短距離走におけるハムストリングス肉ばなれの発生要因について、大腿四頭筋との筋力が同じ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    短距離走におけるハムストリングス肉ばなれの発生要因について、遊脚期の下腿の振り出しから振り戻しのタイミングが遅い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    短距離走におけるハムストリングス肉ばなれの発生要因について、ウォームアップ不足

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    短距離走におけるハムストリングス肉ばなれの発生要因について、サーフェイスが柔らかい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    握力計、背筋力計は等速性筋力を測定する場合に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 32

    筋力計を用いて測定する場合、スポーツ種目に応じて測定装置を選択する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    徒手筋力テストは客観的に筋力を評価する方法として用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    キンコム、バイオデックスの測定装置は等張性筋力を測定する場合に用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    脚伸展力の測定は傷害予防の観点からも用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    血中乳酸濃度の上昇開始点(OBLA)について、血中乳酸濃度が2mmolになる強度をさす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 37

    血中乳酸濃度の上昇開始点(OBLA)について、血中乳酸濃度が3mmolになる強度をさす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    血中乳酸濃度の上昇開始点(OBLA)について、血中乳酸濃度が4mmolになる強度をさす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    血中乳酸濃度の上昇開始点(OBLA)について、乳酸性作業閾値よりも少し下の強度で、乳酸が徐々に蓄積する点を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 40

    血中乳酸濃度の上昇開始点(OBLA)について、乳酸性作業閾値よりも少し下の強度で、運動エネルギーの大部分を脂質代謝によってまかなう運動強度を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 41

    肩関節前方脱臼の術後(鏡視下Bankart法)について、肩関節の固定期間中に、腱板筋などへの電気刺激による筋収縮は避けるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 42

    肩関節前方脱臼の術後(鏡視下Bankart法)について、伸展方向など患部に過剰なストレスが加わらない可動域の獲得を優先する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    肩関節前方脱臼の術後(鏡視下Bankart法)について、術後6週頃より腱板筋のトレーニングを軽負荷で開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    肩関節前方脱臼の術後(鏡視下Bankart法)について、リハビリテーションでは関節前方構成体へのストレスを最小限にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    肩関節前方脱臼の術後(鏡視下Bankart法)について、タックルなどのスポーツ動作では過度の外旋を強制されないように動作指導も重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    サーキットトレーニングについて、運動時間は目的とした効果に合わせるが、セット全体で得られる効果が最大になるように個々の運動種目の負荷を低めに設定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    サーキットトレーニングについて、各ステーションの距離等の配置は、同時に参加する人数や共有する人数を考慮し人の動線を配慮して設定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    サーキットトレーニングについて、主働筋と拮抗筋の運動を一組にして行うセット構成では、活動筋を交代することによる休息の効果と同時に、自律神経支配による主働筋のリラックスを生みやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    サーキットトレーニングについて、乳酸耐性を高めたい場合、主働筋群を連続させないように運動種目を配置し、不完全休息させるためインターバルを短く設定し、個々の運動強度を高く設定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    サーキットトレーニングについて、ストレッチングをサーキット形式で行う時には、スタティックストレッチとダイナミックストレッチを組み合わせて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    超音波療法による温熱効果が得られやすい組織は脂肪組織である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 52

    足関節捻挫などの外傷後に炎症を放置しておくと、周囲組織が低酸素状態に陥ることによる二次的なダメージが起きる可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    靱帯損傷などスポーツ外傷後の筋力強化や廃用性筋萎縮の予防を目的として、治療的電気刺激(TES)が用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    gate control theory では、細いAδ線維やC線維を選択的に刺激することによって疼痛が軽減するとされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    コンタクトスポーツなどにおける打撲後の急性炎症期に温熱刺激を加えると、炎症症状が増悪する危険性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    柔軟性は大きいほどパフォーマンスを積極的に助ける側面がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    柔軟性が過剰な場合は、関節損傷や筋への過剰な負担などの原因になることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    柔軟性の測定方法のうち身体の部位間の距離を測る方法は、簡易で個人の形態の影響を受けにくく信頼性が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 59

    自動運動と他動運動の可動域では、測定方法も測定値の意味も異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    実際のパフォーマンスには動的よりも静的な可動域・柔軟性が大きな意味を持つことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    現場における救急体制について、緊急時のフローチャートは迅速な対応を考え、競技ルールを理解した上で作成する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    現場における救急体制について、スポーツイベントでは規模や種類に関わらず、独自の体制で進める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 63

    現場における救急体制について、受傷者を搬送する際にはどのルートを通って搬送するかを事前に決めておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    現場における救急体制について、事前確認事項として、最寄りの消防署や医療機関、チームドクターのダイレクトコールなどを把握しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    現場における救急体制について、搬送する医療機関は、あらかじめどのような専門領域の受け入れが可能かを確認しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    外傷とその適応となる装具の組み合わせについて、オスグッド・シュラッター病 ― クラビクルバンド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 67

    外傷とその適応となる装具の組み合わせについて、膝蓋骨脱臼 ― Lenox – Hill derotation brace

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 68

    外傷とその適応となる装具の組み合わせについて、腰痛症 ― ダーメンコルセット

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    外傷とその適応となる装具の組み合わせについて、頚部外傷 ― フィラデルフィアカラー

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    外傷とその適応となる装具の組み合わせについて、TFCC損傷 ― テニス肘バンド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 71

    ウォーミングアップの目的および効果について、筋肉の適応能力を高める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    ウォーミングアップの目的および効果について、呼吸循環機能の適応を円滑にさせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    ウォーミングアップの目的および効果について、筋肉の粘性を減少させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 74

    ウォーミングアップの目的および効果について、拮抗筋の緊張度を高める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 75

    ウォーミングアップの目的および効果について、神経の伝達速度を高める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    身長170㎝、体重70㎏のBMIは、小数点以下を切り捨てて24である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    BMIとは、身長を体重の2乗で割って得られた数値によって判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 78

    競技者を対象とした皮下脂肪厚(キャリパー)法の測定では、3点法より2点法の方が多く用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    BMIが18.5未満を「やせ」と判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    BMIが25.0以上を「肥満」と判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    ACL損傷に対するアスレティックリハビリテーションについて、片脚ヒップリフトを実施する際には、骨盤を水平位に保持した状態で殿部を拳上する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 82

    ACL損傷に対するアスレティックリハビリテーションについて、両脚スクワット時には、殿部を後方にしっかり落とし、後方重心位を意識させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    ACL損傷に対するアスレティックリハビリテーションについて、knee bent walk(KBW)は通常歩行に比べ、heel contactおよびtoe -off時の衝撃が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    ACL損傷に対するアスレティックリハビリテーションについて、コンビネーションカーフレイズは、腓腹筋とヒラメ筋の効率的収縮を引き出すことを目的として実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 85

    ACL損傷に対するアスレティックリハビリテーションについて、ツイスティングは足先、膝、顔の方向を一致させ、母趾球荷重によるピボットを繰り返す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 86

    小児への自動体外式除細動器(AED)使用は通常の電流では強すぎるため、小児用パットを使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    外傷後に脊柱を固定する場合は、ストラップで固定できるバックボードが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    ソフトタイプのネックカラーは頭頚部外傷後の脊柱管理には不向きである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    AEDは心停止の中でも心室細動と無脈性心室頻拍の場合に適応となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    血圧測定は骨折や脱臼などの外傷性疾患に対する評価にはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 91

    クーリングダウンの効果について、安静よりも軽運動を行った方が乳酸の半減時間は2倍早い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    クーリングダウンの効果について、間欠的な軽運動の方が継続的な軽運動より乳酸の除去は早い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 93

    クーリングダウンの効果について、アクティブリカバリーはパッシブリカバリーに比べ呼吸循環機能水準は高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 94

    クーリングダウンは急激な運動停止による静脈還流量の不足を防止する効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 95

    クーリングダウンの効果について、炎症を抑える目的でアイシングも効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 96

    肩関節前方脱臼について、肩関節外旋、水平伸展位を強制された場合で発生しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    肩関節前方脱臼について、初回脱臼の直後には可能な限り観血的な肩関節の再建が好ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 98

    肩関節前方脱臼について、鏡視下Bankart法の術後6週までは、運動療法でも過外旋、外転、伸展は禁止する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    肩関節前方脱臼について、腱板機能の低下は生じにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 100

    肩関節前方脱臼について、投球などのノンコンタクト損傷としての発生が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 101

    スポーツマッサージの目的について、筋疲労の回復促進

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    スポーツマッサージの目的について、運動開始前のアクティブ(活動的)なウォーミングアップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 103

    スポーツマッサージの目的について、精神的な緊張を取り除くことによるパフォーマンス向上

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 104

    スポーツマッサージの目的について、試合時の競技間(インターバル)での疲労回復

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 105

    スポーツマッサージの目的について、スポーツ外傷・障害からの早期回復

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 106

    動的アライメントの評価を正確にできれば、徒手筋力測定や関節可動域測定などの検査・測定は省略できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 107

    手術方法によってリスクとなる動作が異なるため、アスレティックトレーナーは手術に関する情報を得る必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 108

    フィールドテストにおけるフォームなど数値化が困難なものについては、映像解析などを用いた分析も重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    フィールドテストは測定環境に応じて、測定条件や手順を変更して対応する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 110

    運動能力の測定では、スキルよりも体力的な側面のテストを行うことが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 111

    割創では、皮下にある器官の損傷も考慮に入れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 112

    切創では、創面は滑らかだが組織の挫滅が激しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 113

    挫傷は、皮膚表面に傷がなく、外力により内部の軟部組織が損傷している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    刺創では、物体が刺さったままの場合、抜かずに固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 115

    擦過傷の表面は組織の挫滅が少なく、化膿しにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 116

    水泳肩(swimmer’s shoulder)について、クロールのキャッチ動作では、肩挙上位での内旋運動となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 117

    水泳肩(swimmer’s shoulder)について、クロールのフィニッシュ動作では、肩内転・内旋位を呈し、いわゆるwringing out mechanismにより炎症を悪化させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 118

    水泳肩(swimmer’s shoulder)について、棘上筋腱のインピンジメントテストには、Speed テスト、Yergason テストがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 119

    水泳肩(swimmer’s shoulder)について、患部の炎症が軽減したら、3rd positionでの内旋ストレッチや近位抵抗での外転エクササイズを実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 120

    水泳肩(swimmer’s shoulder)について、ビート板を使用した場合、肩関節屈曲・内旋が強制され、疼痛を増強させてしまうことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 121

    歩行のパラメータと意味の組み合わせについて、歩幅 ― 1歩行周期の距離

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 122

    歩行のパラメータと意味の組み合わせについて、足角 ― 踵接地時の股関節外転角

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 123

    歩行のパラメータと意味の組み合わせについて、歩行率 ― 単位時間内の歩数

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 124

    歩行のパラメータと意味の組み合わせについて、歩隔 ― 左右各々の立脚中期における踵の距離

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 125

    歩行のパラメータと意味の組み合わせについて、重複歩時間 ― 1歩行周期の時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 126

    心電図解析後に電気ショックの必要がない場合、直ちに胸骨圧迫を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    救助者が2人いる場合、2人で協力してAEDを準備する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 128

    電気ショック後は、傷病者の回復状況を観察した後に胸骨圧迫を再開する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 129

    胸骨圧迫は中断してはならないため、心電図解析中も行うようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 130

    傷病者が6歳未満の小児の場合、小児用パッドがない時は成人用パッドを使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 131

    スクワット運動は、プライオメトリックトレーニングの代表的なものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 132

    フリーウエイトトレーニングでは、負荷量や反復回数の設定がしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 133

    バイクによるエクササイズは、患部外のトレーニングでの汎用性は低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 134

    ステップマシンによるエクササイズは、身体に対する衝撃が小さい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 135

    筋力増強マシンを使用したエクササイズは、スポーツ動作の習得に結びつきやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 136

    体力要素と測定項目との組み合わせについて、筋力 ― 握力

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 137

    体力要素と測定項目との組み合わせについて、筋持久力 ― 上体反らし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 138

    体力要素と測定項目との組み合わせについて、筋パワー ― 垂直跳び

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 139

    体力要素と測定項目との組み合わせについて、全身持久力 ― 全身関節弛緩性テスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 140

    体力要素と測定項目との組み合わせについて、柔軟性 ― 反復横跳び

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 141

    テーピングを用いた固定法は、装具と比較して長時間の使用が可能であり、持続性に優れている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 142

    固定法について、アキレス腱断裂が疑われる場合には、足関節を中間位に保ち固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    固定法について、足関節、下腿の骨折が疑われる場合には、足部から膝までの固定を実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 144

    固定法について、末節骨付着部での伸筋腱断裂が疑われる場合(槌指)は、遠位指節間関節を屈曲位で固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 145

    固定法について、上腕部や肘の骨折が疑われる場合には、肘を屈曲させた状態で受傷部に副木を当て固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 146

    転子果長は大転子から内果までの最短距離を計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 147

    大腿周径は巻き尺を大腿骨軸に直角に当て計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 148

    棘果長は脚長差の原因が膝関節に予想される場合に計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 149

    下腿長は腓骨小頭から外果までを計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 150

    上腕周径には肩伸展位周径と肩屈曲位周径がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 151

    外傷・障害の評価について、第2次評価は第1次評価にて生命を脅かす緊急事態でないことが確認できた後に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 152

    外傷・障害の評価について、外傷・障害評価の最終的な目的は競技続行の可否を判断することである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 153

    外傷・障害の評価について、競技者に起きたことについては、競技者自身が正しく理解できていないため、周囲の競技者からの情報を元に対応をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 154

    外傷・障害の評価について、外傷・障害発生時は、フローチャートに基づき最初に救急処置を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 155

    外傷・障害の評価について、第2次評価の目的はシーズン前のメディカルチェックと同じである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 156

    ATが単独(1名のみ)の場合、医科学チームとしての活動は必要ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 157

    ATがリーダーシップをとると、ATチームのメンバーが対立しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 158

    ATチームは、競技者数や業務の質・量によって人数が構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    ATが複数いる場合、ATは医科学サポートチームの一員となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 160

    ATチームには、ATを育成するという使命もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 161

    凍傷のリスクが高い人の特徴について、汗をかきにくい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 162

    凍傷のリスクが高い人の特徴について、体格が大きい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 163

    凍傷のリスクが高い人の特徴について、喫煙習慣がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 164

    凍傷のリスクが高い人の特徴について、皮下脂肪が少ない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    凍傷のリスクが高い人の特徴について、老人・虚弱者

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 166

    足関節捻挫直後の救急処置のテーピングでは、アンカー以外のテープはホースシュー状に行い、下腿前面、足関節前面、足背部を開放しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 167

    外がえし捻挫に対するスターアップは、外反を制限するために、外側から内側に引っ張り上げて、3本が足部で平行になるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 168

    ヒールロックテープは、踵骨の側方への動きを抑える目的で行い、外側・内側に均等に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 169

    フィギュアエイトは内がえし捻挫、外がえし捻挫ともに、外果の少し上から始め、足底でテープが斜めにならないようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 170

    足関節背屈制限を目的として、アンカー、スプリットテープ、サポートテープを行う場合、足関節の肢位はやや底屈位を保持させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 171

    ツイスティングは、足趾伸展によるウインドラス機構を利用しながら小趾球で支持して行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 172

    knee bent walk(KBW)は、膝屈曲位保持による筋活動量の増加や、接地時の衝撃力の低下などの利点がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 173

    サイドステップは、蹴り脚のknee‐outと、ステップ側の足関節外反強制に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 174

    走行時の下肢の動きは、foot‐strikeと同時に距骨下関節の回内がはじまり、mid‐supportで回内のピークをむかえ、再びtake‐offで回外する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 175

    方向転換時、フロントターンでは支持側のknee‐inに伴う足関節外反強制に、またバックターンではknee‐outに注意をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 176

    防具には通常、抗菌加工が施されており、衛生上の問題はほとんどない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 177

    防具は身体各部にしっかりと適合していないと傷害につながることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 178

    防具の誤った使用方法により、相手に外傷を負わせてしまうことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 179

    夏場の暑い日に、フル装備で防具を着用することにより脱水症状の危険がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 180

    競技者の体力に見合った防具の選択は重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 181

    体幹前屈動作では、殿筋やハムストリングスの短縮により過度に腰背部の筋群が伸張され、腰痛が生じる場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 182

    体幹前屈動作では、特に腰椎分離症で症状を増悪しやすく、前屈時に逃避性の側屈を生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 183

    体幹伸展動作では、股関節屈筋群の短縮や過緊張のために腰椎前弯が増強して腰痛を生じる場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 184

    体幹伸展時に腰痛が生じる場合は、誤った動作習慣として腰椎前弯を強めてしまう伸展動作が考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 185

    体幹回旋時に腰痛が生じる場合は、骨盤が後傾した状態で股関節での運動が大きいことが理由として考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 186

    用具とは、スポーツやトレーニングで用いられるものの総称である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 187

    道具を選択する場合は、体力や技術を考慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 188

    用具・道具・防具について、定期的に状態を点検し、不良個所があればすぐに修理、交換をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 189

    用具の規定には、競技者の体力や身体への負担を考慮し障害を減らす目的もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 190

    防具の目的は、身体を外傷や障害から守ることよりパフォーマンスアップである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 191

    関節可動域測定について、開始肢位は全て解剖学的肢位を0°とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 192

    関節可動域測定について、制限因子には筋力や疼痛性因子は該当しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 193

    関節可動域測定について、測定の際には、角度計を皮膚に密着させ基本軸、移動軸がずれないように注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 194

    関節可動域測定について、最終域感(end feel)は骨性、結合組織性の2つに分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 195

    関節可動域測定について、足部・足関節の回内・外転・背屈の複合運動を外がえし、回外・内転・底屈を内がえしとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 196

    フィットネスチェックの留意事項について、実施する際には目的を明確にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    フィットネスチェックの留意事項について、適切な測定方法を選択する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 198

    フィットネスチェックの留意事項について、信頼性の高い測定を実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    フィットネスチェックの留意事項について、測定条件は、測定環境に応じて変更しても良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 200

    フィットネスチェックの留意事項について、測定実施後は必ず評価を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 201

    ACL損傷術後早期のリハビリテーションについて、関節可動域(ROM)エクササイズは、痛みや腫脹の程度によらず開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 202

    ACL損傷術後早期のリハビリテーションについて、炎症症状の軽減を目的に可及的早期からRICE処置を行い、痛みや熱感が軽減するまで継続する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 203

    ACL損傷に対する半腱様筋を用いた術後早期のリハビリテーションについて、レッグエクステンションを行う際には、ACLへの張力を減少させるため、脛骨遠位にゴムチューブをかけて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 204

    ACL損傷に対する半腱様筋を用いた術後早期のリハビリテーションについて、内側広筋の萎縮に対しては、電気刺激を併用した大腿四頭筋セッティングが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 205

    ACL損傷のリハビリテーションについて、関節メカノレセプターを賦活するために、術後早期から、タオルギャザーや足裏でのボール転がしを行うと効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 206

    興奮とパフォーマンスの間にはU字曲線を描くような関係がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 207

    興奮水準を高めるのは身体への刺激だけでなく、動機づけによっても高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 208

    興奮水準を下げるための方法として呼吸法、漸進的筋弛緩法、旋律訓練法の3つがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 209

    興奮水準を高めることを「サインアップ」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 210

    マイナス思考から脱するためにはセルフトーク、成功のイメージを描くことが効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 211

    ゴムチューブによるエクササイズについて、求心性収縮、遠心性収縮が可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 212

    ゴムチューブによるエクササイズについて、あらゆる運動方向に抵抗を加えることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 213

    ゴムチューブによるエクササイズについて、負荷の定量化がしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 214

    ゴムチューブによるエクササイズについて、運動最終域で抵抗が強くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 215

    ゴムチューブによるエクササイズについて、マシンエクササイズと比べて手軽に行える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 216

    フリーウエイトは比較的簡易で安全に、特定の筋群を強化することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 217

    カーフレイズは足関節を底屈させ、ヒラメ筋と腓腹筋を動員する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 218

    筋力トレーニングについて、同じ筋群が連続して使用されないようするには、ベンチプレス→ショルダープレス→ベントオーバーローイングの順で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 219

    筋肥大を目標にしたトレーニングは目標反復回数1セットあたり4回以内とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 220

    筋力やパワーの向上は各セットで最大出力、最大努力を発揮するため、身体を十分に回復させて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 221

    足関節内反捻挫用装具の種類について、inversion type

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 222

    足関節内反捻挫用装具の種類について、rigid type

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 223

    足関節内反捻挫用装具の種類について、lace-up type

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 224

    足関節内反捻挫用装具の種類について、soft type

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 225

    足関節内反捻挫用装具の種類について、semi rigid type

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 226

    検査・測定と評価のプロセスについて、最初のプロセスは情報の収集・状況の掌握である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 227

    検査・測定と評価のプロセスについて、統合解釈は複数のデータを概観し、相互の関連性を理解することが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 228

    検査・測定と評価のプロセスについて、問題点をリスト化する際には対処を進める順序のプライオリティを考慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    検査・測定と評価のプロセスについて、ゴール設定の際にはタイムラインを考慮することが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 230

    検査・測定と評価のプロセスについて、効果判定では過去に行った検査・測定のみを繰り返す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 231

    スポーツ種目やポジションが異なれば、求められるスプリント能力やエンデュランス能力は異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 232

    エンデュランストレーニングは、最大酸素摂取量や有酸素作業閾値を改善することがねらいとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 233

    スプリントトレーニングのトーイングでは、ピッチを高めることに重点を置くことで筋力系に刺激を与えることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 234

    自転車エルゴメーターを一定時間全力でこぐペダリングトレーニングでは、100m走を想定するときには30秒から50秒程度が効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 235

    水中ウォーキングによるエンデュランストレーニングでは、浮力により腰、膝などへの負担が軽減する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 236

    レッグプレスは前脛骨筋の強化に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 237

    筋力増強エクササイズについて単関節運動のエクササイズは閉鎖運動連鎖(CKC)で行われることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 238

    筋力増強エクササイズについて、徒手筋力検査は6段階のグレードで筋力を評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 239

    股関節内転筋の強化ではゴムチューブを大腿部に巻き、両下肢を広げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 240

    筋力増強エクササイズについて、アッパーサイクルによるエクササイズは心臓への負荷が低く安全である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 241

    身体組成は一般的に脂肪と除脂肪の二つの要素で考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 242

    除脂肪には筋肉や骨格など脂肪以外のもの全てが含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 243

    除脂肪の割合が高いということは筋量が多いことを意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 244

    筋量が多ければ多いほど基礎代謝が低いことになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 245

    皮下脂肪の多い身体は「隠れ肥満」ともよばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 246

    LSD(long slow distance)トレーニングは、最大心拍数の80%以上の負荷で30分から2時間程度走る方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 247

    ペーストレーニングは、一定の距離を設定ペースで走行する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 248

    インターバルトレーニングでは、心拍数を急走期180拍/分、緩走期120拍/分を下回らないようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 249

    レペティショントレーニングとは、運動と不完全休息を反復し量より質を要求する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 250

    ファルトレクトレーニングとは、都会の地形や起伏を利用して行う方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

57057

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ