zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H25 応用(1~50)

カード 250枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2014/11/01)

  • 走動作について、膝関節は屈曲約130°から伸展0°までの可動域が必要である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

日本体育協会公認アスレティックトレーナーを目指す!

養成校卒業生をサポートする勉強会グループ『KnowHow』。
https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/

グループ専用学習課題

H25年 AT試験 応用科目 1〜50問 全250問

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    走動作について、膝関節は屈曲約130°から伸展0°までの可動域が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    走動作について、腕振りには下半身の角運動量を打ち消す効果がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    走動作について、速度を規定する要因にはピッチとストライドがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    走動作について、位相はサポート期、リカバリー期、テイクオフ期の3期に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    走動作について、立脚期の割合は歩行周期とほぼ同じ程度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    投球障害の発生に関係する投球フォームについて、後期コッキング期から加速期にかけての肩関節内旋不十分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 7

    投球障害の発生に関係する投球フォームについて、後期コッキングにおける投球方向への肘の突き出し

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    投球障害の発生に関係する投球フォームについて、後期コッキング期から加速期にかけての肘下がり

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    投球障害の発生に関係する投球フォームについて、後期コッキング期から加速期にかけての早い体幹回旋

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    投球障害の発生に関係する投球フォームについて、フォロースルー期でのステップ脚への不十分な体重移動

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    倫理について、ATはスポーツドクターも認めた資格なので、資格を取得すると医療行為も許される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    ATの倫理について、ハラスメントとは、不快な性的言動のことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    倫理について、ATの役割やその目的達成に全力を傾注しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    ATの倫理について、医療関係法規への理解も必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    倫理について、ATには、競技者の秘密保持義務は適用されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 16

    投投球障害肩について、球再開の可否については医師との協議が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    投投球障害肩について、肩関節前部の痛みは、上腕二頭筋長頭腱、関節唇や腱板疎部に関係する障害が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    投投球障害肩について、肩甲上腕リズムは肩関節すべての運動方向で確認する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    投投球障害肩について、投手における投球側の肩関節内旋可動域は参考可動域角度より制限されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    投投球障害肩について、肩最大外旋位では棘下筋に伸張ストレスが加わりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    アクアコンディショニングについて、水のもつ浮力、水圧、抵抗、熱伝導という特性を活用し効果を期待する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    アクアコンディショニングについて、腹部まで水につかることにより体重の80%の荷重が軽減される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    アクアコンディショニングについて、水深が深いほど水圧が増すことから、静脈血の循環促進効果を期待する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    アクアコンディショニングについて、リラクセーションを目的とする場合は、低い水温が適切である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 25

    アクアコンディショニングについて、水中では水圧により無重力に近い状態を作りだすことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    クモ膜下出血は、スポーツ外傷による脳の出血で最も多くみられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    脳内出血は、スポーツ外傷による脳の出血で最も多くみられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    急性硬膜外血腫は、スポーツ外傷による脳の出血で最も多くみられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    急性硬膜下血腫は、スポーツ外傷による脳の出血で最も多くみられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    慢性硬膜下血腫は、スポーツ外傷による脳の出血で最も多くみられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    義務研修は、有効期限の6か月前までに受講しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    義務研修を受講していなくても、資格を失効することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    義務研修を受講できない場合、受講義務を免除されることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    義務研修は、毎年受講しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    義務研修は、資格取得後の資質向上を目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    スタビリティトレーニングについて、体幹部を安定性させた上で、四肢を動かす能力を向上させるトレーニングである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    スタビリティトレーニングについて、立位でのエクササイズを行う場合は、バランスを崩さないように両足支持を中心としたエクササイズを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    スタビリティトレーニングについて、体幹筋群においては、腹直筋や背筋群を中心に鍛える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 39

    スタビリティトレーニングについて、エクササイズ実施にあたっては正しい姿勢で行うことが重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    スタビリティトレーニングについて、股関節周囲筋群強化のエクササイズは、ラテラル(横向き)、プローン(うつぶせ)、スパイン(仰向け)のポジションに分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    一般的にある肢位での骨配列を静的アライメント(static alignment)と呼び、運動時の骨配列の変化を動的アライメント(dynamic alignment)と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    スポーツ動作エクササイズについて、エクササイズ実施時には、静的アライメントを観察、評価することが大切である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    膝が内を向き、つま先が外を向く事をknee - out & toe - in(KOTI)、反対に膝が外を向きつま先が内を向く事をknee - in & toe - out(KITO)という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    スポーツ動作エクササイズについて、個々の関節や筋肉などの運動機構の改善を前提として、運動器に過剰なストレスがかからないような荷重位での運動連鎖を作り出すエクササイズである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    スポーツ動作エクササイズについて、個々の関節や筋肉の機能が改善していれば全荷重が許可されていなくても行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    救急体制の対応計画について、対象となる競技特性とルールを理解する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    救急体制の対応計画について、近隣の医療機関と医師の帯同の有無を事前に確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    救急体制の対応計画について、スポーツイベントでは、イベントの内容と救急体制の役割を確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    救急体制の対応計画について、事故発生時のフローチャートの作成と、当日のシミュレーションを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    救急体制の対応計画について、救護室やトレーナーステーションは、選手の動線から外れた場所に設置する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 51

    体力測定について、文部科学省が定期的に実施している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    体力測定について、新人競技者にはスポーツ傷害の発生要因に関連するものを中心に測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    体力測定について、データのフィードバックや分析にはコーチや監督が関わらない方がよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    体力測定について、握力は他の全ての筋の能力を反映する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    体力測定について、高齢者の機能的状態は若年者と比べて個人差が小さい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    体力要素とフィールドテストとの組み合わせについて、最大パワー ― 立幅跳び

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    体力要素とフィールドテストとの組み合わせについて、無酸素性持久力 ― 300mシャトルラン

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    体力要素とフィールドテストとの組み合わせについて、有酸素性持久力 ― マルチステージテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    体力要素とフィールドテストとの組み合わせについて、間欠的持久力 ― Tテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    体力要素とフィールドテストとの組み合わせについて、アジリティ ― エドグレンサイドステップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    TFCC損傷の主訴は尺側の痛みであるが、握力の低下なども生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    月状骨軟化症はバットや竹刀を使用する競技では発生しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    舟状骨骨折時には手根管に圧痛が生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 64

    舟状骨骨折後は骨癒合が得られやすく、予後は良好である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 65

    有鉤骨骨折は合併症として母指屈筋腱の皮下断裂を生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    個別性の原則について、トレーニングの量や強度は段階的に増加させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 67

    個別性の原則について、トレーニング効果の獲得には、通常の負荷よりもより高い負荷をかけていく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 68

    個別性の原則について、トレーニングの目的や方法を十分に理解する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 69

    個別性の原則について、男女の身体的・機能的な相違点に留意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    個別性の原則について、トレーニングは計画的に継続・実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 71

    膝前十字靭帯(ACL)の機能解剖について、大腿骨後内側から脛骨前外側に走行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 72

    膝前十字靭帯(ACL)の機能解剖について、前内側線維(AMB)は屈曲位で緊張する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    膝前十字靭帯(ACL)の機能解剖について、脛骨の前内側回旋不安定性(AMRI)を制御する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    膝前十字靭帯(ACL)の機能解剖について、下腿外旋トルクが加わると張力は大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 75

    膝前十字靭帯(ACL)の機能解剖について、膝外反モーメントが加わると張力は高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    コーディネーショントレーニングについて、五感で察知した情報を瞬時に、認識、処理、判断して、筋肉を動かすといった過程をスムーズに行う能力を高める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    コーディネーショントレーニングについて、神経系の発達が著しい子供の時期が過ぎると、そのトレーニング効果はほとんど期待できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 78

    コーディネーショントレーニングについて、神経系のトレーニングであるために、高齢者に対しては有効なトレーニングといえない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    コーディネーショントレーニングについて、同じトレーニングでも反応能力を第一に意識する場合と識別能力を意識する場合もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    コーディネーショントレーニングについて、神経系のトレーニングなのでサーキット形式にすることは望ましくない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 81

    熱中症について、熱失神は、末梢血管の収縮によって一時的に脳の血圧が上昇したために起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 82

    熱中症について、熱けいれんは水分を補給せず塩分のみを摂取したために起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    熱中症について、まっすぐ走れない、あるいは、まっすぐ歩けない場合は救急車を要請する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 84

    熱中症について、冷却処置として、氷嚢を前額部と上腹部にあてて、脳と内臓を冷却する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 85

    熱中症について、横紋筋融解によるミオグロビン尿は特有の臭いがあり、急性肝不全の危険性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 86

    代謝系トレーニングについて、脂質代謝の亢進を促す場合、30分以上の運動を続けられる強度と時間を選ぶべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    代謝系トレーニングについて、客観的運動強度スケールは提唱者の名から「Borgスケール」と呼ばれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 88

    代謝系トレーニングについて、目標心拍数を求める簡便な方法にカルボーネン法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    インターバルトレーニングは、速いスピードでの急走期と休息期を繰り返しながら、最大酸素摂取量の向上や全身持久力の改善、無酸素性代謝の亢進を促す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    リハビリテーション中の患部外トレーニングでは、患部にストレスをかけないようにサーキットトレーニングを行うと競技力に必要な持久力を維持できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    立位姿勢の評価について、矢状面での理想的な姿勢は①耳垂、②肩峰、③大転子、④膝蓋骨中央、⑤外果の前方が垂直線上に並ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 92

    立位姿勢の評価について、前額面での理想的な姿勢は①後頭隆起、②椎骨横突起、③殿裂、④両膝関節内側の間の中点、⑤両内果の間の中点が垂直に並ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 93

    立位姿勢の評価について、胸椎部が過度に後弯した姿勢を平背という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 94

    立位姿勢の評価について、解剖学的立位姿勢では前腕を回内位とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 95

    立位姿勢の評価について、側弯のアライメントの変化は前額面で観察される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 96

    スポーツ用補装具の適応について、身体部位の保護

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    スポーツ用補装具の適応について身体における弱点の補強

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    スポーツ用補装具の適応について競技力の向上

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 99

    スポーツ用補装具の適応について接触プレーの強化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 100

    スポーツ用補装具の適応について筋力の強化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 101

    フィールドテストについて、高価な装置を用い実験室などで評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 102

    フィールドテストについて、全ての競技種目で共有するため、競技特性に合わせてテスト項目を選択する必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 103

    フィールドテストについて、一般的体力における問題点の把握、コンディションレベルの確認を行うものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 104

    フィールドテストについて、年間計画の中に目標設定およびトレーニング効果の判断材料として行うべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 105

    フィールドテストについて、テスト実施後は、評価表や比較データを用意し、速やかにフィードバックしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 106

    頚椎捻挫の評価について、関節可動域テストでは、規定の角度測定のみならず頚椎の機能ユニット単位で動きを考慮し、慢性的な可動域制限(拘縮)を見逃さないように気をつける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 107

    頚椎捻挫の評価について、疼痛誘発テストは、練習への参加の可否を判断するために行われるものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 108

    頚椎捻挫の評価について、疼痛誘発テストは、損傷部位が回復していない段階でも、二次損傷に注意しながら実施すれば問題はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 109

    頚椎捻挫後の筋力回復状況を確認するには、徒手筋力検査(MMT)に加えて通常行っている筋力強化トレーニングの方法に沿っても評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 110

    頚椎捻挫の評価について、筋によっては頚部の位置や共同筋の筋力などで働きが変わるものがあり、検者が意図する筋の働きに沿った筋力が発揮されているかどうかを確認するよう心がける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    敏捷性や協調性のテストは、シーズンを通して継続的に計測することによって、コンディションチェックの一つにもなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 112

    協調性とは単純な動作において、一つの関節を効率よく動かせる能力といえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 113

    リハビリテーションからのスポーツ復帰時には、再発予防のため敏捷性や協調性のチェックは避けるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 114

    敏捷性の測定において左右のどちらのターンが遅いかなどの観察は特に必要ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 115

    競技特有の敏捷性を測定したい場合には、その競技に必要な動きが含まれる測定方法を選択すべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    動脈性出血は外見上、暗赤色をしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 117

    静脈性出血では鮮紅色の血液が勢いよく噴き出す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 118

    大血管の動脈性出血の場合、短時間に多量の血液が失われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 119

    毛細血管性出血は出血量が多く、直接圧迫法や間接圧迫法で止血できない場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 120

    太い血管からの静脈性出血では、放っておくと短時間でショック状態に陥ることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 121

    多関節同時運動について、開放運動連鎖(OKC)で行われることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 122

    多関節同時運動について、個々の筋に対する負荷は不明確である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 123

    多関節同時運動について、対象とする筋群を限定し適正な負荷を加えることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 124

    多関節同時運動について、運動方法はやや難しくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 125

    多関節同時運動について、ある部位に問題があると運動全体に影響をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 126

    ウォーミングアップの効果について、筋温を高めることにより、筋肉中のカルシウムイオンが活性化し、筋肉の粘性低下が起こり、筋力発揮がスムーズになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    ウォーミングアップの効果について、体温の上昇に伴い、滑液が十分に分泌され、関節の動きもスムーズになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 128

    ウォーミングアップによって反応時間は短縮できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 129

    筋温が上昇すると筋の酵素活性を高め、筋肉の化学反応を促進し、筋における代謝が下がる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 130

    筋温の上昇に伴い、筋収縮運動の抵抗が減少することにより筋収縮におけるエネルギー消費が低減し、作業効率が向上する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 131

    最大心拍数の推定式について、220-年齢

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    最大心拍数の推定式について、210-年齢(鍛錬者)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 133

    最大心拍数の推定式について、204-0.69×年齢

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 134

    最大心拍数の推定式について、214-0.8×年齢

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 135

    最大心拍数の推定式について、2.0×安静時心拍数+115

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 136

    投球障害を来たす肘関節疾患について、前腕屈筋群の炎症も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 137

    投球障害肘の中には肘内側側副靱帯損傷も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 138

    投球障害を来たす肘関節疾患について、肘内側側副靱帯は屈曲位においても内反方向への安定性に関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 139

    投球障害肘の発生には投球フォームの問題は関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 140

    投球障害肘の発生要因として体幹機能の低下がみられることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 141

    アスレティックトレーナーによる評価について、対象となる競技者の病態診断を正確に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 142

    アスレティックトレーナーによる評価について、測定評価データの収集だけでなく、企画能力も必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 143

    アスレティックトレーナーによる評価について、検査・測定結果の解釈には、研究論文として公開されているデータとの比較を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 144

    アスレティックトレーナーによる評価について、データの解釈・活用には医学的視点とスポーツ科学的視点が必要不可欠である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 145

    アスレティックトレーナーによる評価について、評価結果を競技者に説明する際には、解剖学や運動学の専門的な用語を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 146

    競技者が受傷した時、ドクターが現場にいない場合はATが診断後に救急処置を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 147

    ATは、競技者の身体状況を常に把握しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 148

    医科学スタッフには、チーフ(統括者)を置くことが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 149

    ATは、競技実行のためのスタッフに含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 150

    医学スタッフは、ATを中心としてそれぞれの活動を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 151

    救急処置の基本的留意点について、細菌やウィルスなどの感染のリスクに注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 152

    救急処置の基本的留意点について、迅速に対応するため、まずは傷病者の状況を観察する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 153

    救急処置の基本的留意点について、傷病者の状態を適切に把握するには生死の有無を確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 154

    救急処置の基本的留意点について、傷病者の状態の推移および行った救急処置を時系列に記録することが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 155

    救急処置の基本的留意点について、意識の有無に関わらず回復体位をとらせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 156

    腰部疾患における腹筋群の筋力強化について、腰部の痛みに関わらず積極的にシットアップを行い、腹筋を収縮させ骨盤を後傾させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 157

    腰部疾患における腹筋群の筋力強化について、下部腹筋の緊張による骨盤の安定化と上部腹筋による体幹の屈曲を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 158

    腰部疾患における腹筋群の筋力強化について、体幹の回旋筋群では、呼吸を止めて実施できるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 159

    腰部疾患における腹筋群の筋力強化について、ブリッジトレーニングでは、腹筋群を緊張させ、骨盤を安定させた状態で股関節を伸展させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 160

    腰部疾患における腹筋群の筋力強化について、パートナーが腹部にゆっくりと圧を加えることで、反射的な腹筋群の収縮を習得させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 161

    膝蓋靭帯炎には、大腿四頭筋のストレッチングが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 162

    アキレス腱炎には、下腿三頭筋のストレッチングが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 163

    鵞足炎には、大腿二頭筋、薄筋、縫工筋のストレッチングが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 164

    下腿疲労骨折の予防には、下腿三頭筋のストレッチングが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    腰痛には、ハムストリングスのストレッチングが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 166

    敏捷性や協調性の測定について、反応時間は、神経系の伝達時間と筋力という二つの要素から構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 167

    細かいステップ動作が必要な球技系の競技者は、立位ステッピングテストにおいて高値を示す傾向にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 168

    敏捷性や協調性の測定について、立位ステッピングテストでは、小刻みな脚の切り替え動作の素早さを計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 169

    シャトルラン(10m×5)と50m走とのタイム差が小さい方が協調性に劣るといえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 170

    多方向への敏捷性評価には反復横跳びよりもTテストが適している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 171

    アスレティックリハビリテーションについて、用いる手法は、主として物理療法、徒手療法になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 172

    アスレティックリハビリテーションについて、問診では、痛みや腫脹の部位に話題を限定して確認をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 173

    アスレティックリハビリテーションについて、機能評価では、スポーツ動作の分析が重要になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 174

    アスレティックリハビリテーションについて、実施環境や使用用具の問題は、進行上のリスクとなりにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 175

    アスレティックリハビリテーションについて、外傷発生機転の確認を早い段階で行い、得た情報を再発予防策などに活かしていく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 176

    アジリティトレーニングについて、コーディネーション能力の各要素に加えて、より力強さとスピードが求められるトレーニングである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 177

    アジリティトレーニングについて、ラダー種目を行う時には、身体の軸が崩れても足元を早く動かすことを意識することが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 178

    アジリティトレーニングについて、ミニハードル種目でステップやジャンプを行う時には、膝を引き上げることだけでなくバランスよく接地することも意識して行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 179

    アジリティトレーニングについて、直線的で規則的な動きに素早く対応できれば、リアクションで反応が遅くてもボール競技への復帰は十分可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 180

    アジリティトレーニングについて、ターンやストップ動作では、動作局面の一歩手前のステップや減速動作が重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 181

    関節弛緩性検査について、手関節を掌屈し母指が前腕につく場合を陽性と判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 182

    関節弛緩性検査について、足関節の背屈が30°の場合は陰性と判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 183

    関節弛緩性検査について、東大式の全身関節弛緩性テストでは12箇所12点満点で評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 184

    関節弛緩性検査について、立位体前屈で手掌全体が床につく場合を陽性と判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 185

    関節弛緩性検査について、膝関節過伸展が20°以上ある場合を陽性と判定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 186

    バスケットボールでは、一連の動作流れの中で、ジャンプの踏切や着地で腰椎の過度な前弯が出現し伸展型腰痛となりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 187

    バレーボールのアタック動作のように上肢を振り上げた際に腹筋の緊張が低下し、相対的に腰椎の過度な前弯を生じて伸展型腰痛となることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 188

    他の競技者とのあたり動作を行うコンタクトスポーツでは、瞬時に体幹の剛性を高めて外傷を予防することが必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 189

    ラグビーのスクラムでは骨盤を後傾させて体幹の安定を図ることで、腰痛の予防だけでなくパフォーマンスも向上する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 190

    ランニング動作は過度な腰椎前弯や後弯のまま行わないように注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 191

    コンディショニングは、目標となる大会などでピークパフォーマンスを発揮するための全てのプロセスのことを指す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 192

    コンディション評価は一般的なものであり、競技特性を踏まえる必要性はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 193

    自覚的コンディション評価法などの質的な評価と、体重や心拍数といった客観的な評価の双方を含むことが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 194

    コンディションの評価を行った後のフィードバックは個人情報の観点から、チームのスタッフにもコンディションの記録を共有させてはいけない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 195

    コンディション評価における二次コントロールの評価は主にアスレティックトレーナーが行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 196

    徒手筋力検査について、特別な機器や器具を必要としないため、実施場所の制約がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    徒手筋力検査について、検査に用いる関節運動範囲とは、関節可動域測定の参考可動域角度とは異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 198

    徒手筋力検査について、抗抵抗自動運動テスト(full ark test)と抑止テスト(break test)があり、原則として抑止テストを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    徒手筋力検査は5段階で表示しこの段階づけは順序尺度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 200

    徒手筋力検査について、段階づけの際には、各段階に「+」、「-」を付記することで詳細な判定が可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 201

    MCL損傷のアスレティックリハビリテーションについて、大腿四頭筋の等尺性筋力トレーニングは、急性期から回復期にかけて広く活用できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 202

    MCL損傷のアスレティックリハビリテーションについて、チューブを用いたレッグカールを行う際は、下腿外旋位を意識させるとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 203

    MCL損傷のアスレティックリハビリテーションについて、前内側回旋不安定性(AMRI)が認められる場合も、近位チューブ法は有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 204

    MCL損傷のアスレティックリハビリテーションについて、部分荷重の時期になるとペダリング動作などのSKCトレーニングを導入する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 205

    MCL損傷のアスレティックリハビリテーションについて、スクワットなどのCKCトレーニングでは、膝外反が生じないよう留意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 206

    コーディネーション能力が高まることで、スポーツパフォーマンスは改善するが、傷害の予防は期待できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 207

    コーディネーション能力について、変換能力とは状況の変化に応じて機敏に身体の動きを切り替える能力である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 208

    コーディネーション能力について、定位能力とは、位置関係を把握する能力であり空間認知能力ともいえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 209

    コーディネーション能力について、リズム能力とは、手と脚でそれぞれ別々な動きを効率よく行う能力である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 210

    コーディネーション能力について、反応能力とは、予測できたあるいはできなかった情報に対して、素早く対応できる能力である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 211

    ACL損傷術後の筋力増強トレーニングについて、大腿四頭筋セッティングは、下腿部に置いたクッションを押し潰すようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 212

    ACL損傷術後の筋力増強トレーニングについて、下肢伸展挙上(SLR)は重錘を下腿遠位に巻き、足関節背屈位で実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 213

    ACL損傷術後の筋力増強トレーニングについて、逆SLRは足関節背屈位とし、膝が完全伸展しない肢位で実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 214

    ACL損傷術後の筋力増強トレーニングについて、レッグカールは下腿外旋位にし、大腿二頭筋を優位に収縮させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 215

    ACL損傷術後の筋力増強トレーニングについて、レッグエクステンションは、痛みに配慮しつつ近位チューブ法から開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 216

    スポーツでみられる内科的疾患について、回転性めまいは一過性の脳血流低下によって起こることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 217

    スポーツでみられる内科的疾患について、締め付けられるような強い前胸部痛が運動中に突然起きた場合は緊急性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 218

    スポーツでみられる内科的疾患について、中高年の運動時の胸痛を伴った呼吸困難は体力不足が原因であり、緊急性はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 219

    スポーツでみられる内科的疾患について、腹痛のため身体を折り曲げて膝を抱えている場合は重症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 220

    スポーツでみられる内科的疾患について、急性高山病では、高地到着後6~12時間で症状がピークとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 221

    徒手抵抗ストレッチングについて、パートナーと組んで行われるものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 222

    徒手抵抗ストレッチングについて、効果を得るには時間を要するが、効果の持続時間は長い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 223

    徒手抵抗ストレッチングについて、テクニックの選択を誤ると、筋肉に微小な損傷や疼痛の増大を招く危険性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 224

    徒手抵抗ストレッチングについて、誰にでも簡単に行えるストレッチング法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 225

    徒手抵抗ストレッチングについて、アイソトニック法とアイソメトリック法があり、一般的にはアイソトニック法の方が可動域の拡大には優れている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 226

    物理療法について、寒冷療法の生理学的効果には、代謝の低下、毛細血管透過性の低下、神経活動の低下などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 227

    物理療法について、冷水浴で広範囲を冷却する場合の水温は、0~5℃が効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 228

    物理療法について、寒冷過敏症、レイノー現象、末梢循環障害は寒冷療法の禁忌となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    物理療法について、アイスカップを使用したアイスマッサージは、20分以上患部に固定することが効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 230

    物理療法について、温熱療法の生理学的効果には、血管拡張、疼痛閾値の上昇、代謝率の上昇、組織伸展性の上昇などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 231

    一次救命処置において傷病者に反応がないと判断した直後に行うべき行動は、呼吸の確認

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 232

    一次救命処置において傷病者に反応がないと判断した直後に行うべき行動は、気道の確保

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 233

    一次救命処置において傷病者に反応がないと判断した直後に行うべき行動は、119番通報とAEDの依頼

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 234

    一次救命処置において傷病者に反応がないと判断した直後に行うべき行動は、胸骨の圧迫

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 235

    一次救命処置において傷病者に反応がないと判断した直後に行うべき行動は、脈拍の確認

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 236

    マシンエクササイズについて、重力下で負荷(ウエイト)をコントロールするため危険が伴う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 237

    マシンエクササイズについて、技術はあまり必要にならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 238

    マシンエクササイズについて、負荷量や回数の設定がしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 239

    マシンエクササイズについて、多くのスポーツ動作に応用できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 240

    マシンエクササイズについて、マシンの種類により筋収縮様式が異なることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 241

    全身反応時間テストは、光刺激に反応し、足がマットから離れて再度足がつくまでの時間を計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 242

    選択反応時間テストは、全身反応時間テストに比べて判断やスキルの要素も加わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 243

    反復横跳びでは、多方向への切り返し能力に必要な筋力を評価できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 244

    50m走とステップ50とのタイム差が大きい方が協調性に優れているといえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 245

    ステップ50では、球技スポーツなどに必要な敏捷性や協調性を評価することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 246

    投球再開前に確認すべきことについて、炎症症状が消失していること

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 247

    投球再開前に確認すべきことについて、肩関節外旋・内旋可動域が参考可動域角度に合致していること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 248

    投球再開前に確認すべきことについて、腱板機能が改善・向上していること

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 249

    投球再開前に確認すべきことについて、投球動作に悪影響を及ぼすと考えられる関節が機能改善していること

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 250

    投球再開前に確認すべきことについて、ワインドアップ期や早期コッキング期での投球動作が改善していること

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56777

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ