zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H25 基礎 ( 外科 )

カード 161枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2014/11/01)

  • 成長期の野球肘では、肘内・外反の繰り返しにより骨棘が出現する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

日本体育協会公認アスレティックトレーナーを目指す!

養成校卒業生をサポートする勉強会グループ『KnowHow』。
https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/

グループ専用学習課題

H25年 AT試験 基礎科目 からスポーツ外傷・障害の基礎知識の範囲を抜粋

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    成長期の野球肘では、肘内・外反の繰り返しにより骨棘が出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    離断性骨軟骨炎は、上腕骨滑車部の発生が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    リトルリーグ肘は、上腕骨外側上顆の靭帯付着部の障害である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 4

    成長期の野球肘は、手術適応になる場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    離断性骨軟骨炎は、病期が進行すると関節遊離体(ネズミ)を生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    肩腱板断裂について、中高年に多い疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    肩腱板断裂について、MRIで腱板断裂がみつかれば直ちに手術が必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    肩腱板断裂について、受傷直後は肩関節の拳上が困難である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    肩腱板断裂について、無症候性が多く存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    肩腱板断裂について、関節鏡視下手術により、早期競技復帰の可能性が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    Lachman テストは仰臥位で膝90°屈曲位として実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    後方不安定性テストは、仰臥位で膝90°屈曲位として脛骨を後方に押し込む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    外反ストレステストは膝外側側副靭帯損傷の徒手不安定性検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    McMurray テストは軟骨損傷の診断に有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 15

    膝蓋骨のapprehension サインは反復性膝蓋骨脱臼の診断に有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    Thomsen テストは、アキレス腱断裂の診断に有用なテストである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    Lachmanテストは、アキレス腱断裂の診断に有用なテストである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 18

    Thompsonテストは、アキレス腱断裂の診断に有用なテストである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    Jacksonテストは、アキレス腱断裂の診断に有用なテストである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 20

    McMurray テストは、アキレス腱断裂の診断に有用なテストである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    中手骨骨折について、頚部骨折の診断は、困難なことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    中手骨骨折について、骨頭骨折では、治療は容易に行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    中手骨骨折について、骨幹部骨折は、横骨折、縦骨折、斜骨折の3タイプに分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    中手骨骨折について、頚部骨折はボクサー骨折とも呼ばれ、主に第5中手骨に発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    中手骨骨折について、基部骨折では、骨癒合は早期に生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    女性に膝蓋大腿関節障害が多いのは、膝アライメントの性差が関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    女性に前十字靭帯損傷が多いのは、動作時の膝外反が大きいことなどが関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    女性の高齢者では、男性より変形性膝関節症に注意する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    成長期に多い脛骨疾走型疲労骨折は、16歳前後に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    成長期の離断性骨軟骨炎は、成長が終了すれば治癒する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    肘関節周辺には橈骨神経、正中神経および尺骨神経の3本が走行している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    スポーツによる肘関節神経障害は、ほとんどが正中神経にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    肘部管症候群では、変形性肘関節症と尺骨神経脱臼が代表的原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    Tinel徴候とは、神経障害部位をたたくと、末梢に疼痛が走る現象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    神経障害により筋萎縮が生じると回復が困難であるため、早期の対処が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    顔面外傷について、現場でできる顔面の創処置は、流水による洗浄と圧迫止血が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    顔面外傷について、防具による顔面外傷の予防は難しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    顔面外傷について、顔面骨骨折により気道閉塞が起こる可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    顔面外傷について、鼻や耳は血流が豊富なので、凍傷などで壊死に陥る可能性は低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 40

    顔面外傷について、顔面は血流が豊富なので、外傷では出血が多く、治癒が遅い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 41

    股関節周囲の筋にも肉ばなれは発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    スポーツでは股関節脱臼は起こらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    成長期では腸腰筋による上前腸骨棘の裂離骨折がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    梨状筋の損傷や炎症により、恥骨周辺への放散痛が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 45

    大転子部の滑液包炎では、ばね股となることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    眼窩より大きいもので目を打ったとき、瞳孔出血を起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 47

    吹き抜け骨折では、上顎洞に眼球が陥入する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズより小さく、水道水でも保存可能で使いやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    網膜剥離では激痛・視力低下・光過敏などの症状がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    眼瞼結膜と眼球結膜は連続している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    心臓振とうについて、心臓近くの胸部にボールなどが当たることによって起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    心臓振とうについて、多くは致命的な不整脈である心室細動が発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    心臓振とうについて、治療法として電気的除細動は無効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    心臓振とうについて、除細動が1分遅れるごとに救命率は7~10%減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    心臓振とうについて、誰でも自動体外式除細動器(AED)を使用してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    最近の医学の進歩により脊髄損傷は治癒できるようになった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 57

    脊髄損傷の原因として水中への飛び込みの頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    高所からの転落で殿部から着地した場合には、頚椎胸椎移行部に脊柱の損傷が好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 59

    アメリカンフットボールでは、ヘルメットの頭頂部からのタックルで予防できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    脊柱管狭窄は脊髄損傷発生リスクを高める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    頚椎椎間板ヘルニアについて、頚椎椎間板内の髄核が前方に突出し神経を圧迫して発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 62

    頚椎椎間板ヘルニアについて、第5頚椎・第6頚椎間に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    頚椎椎間板ヘルニアについて、神経根が圧迫されると上肢への放散痛が出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    頚椎椎間板ヘルニアについて、下位頚椎に発生した場合、握力の低下を呈することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    頚椎椎間板ヘルニアについて、神経根型は自然寛解しにくいため手術を必要とすることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    骨化性筋炎について、筋挫傷後に起こりやすい合併症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    骨化性筋炎について、大腿前面の骨化性筋炎では膝の伸展制限が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 68

    骨化性筋炎について、筋挫傷後、骨化部は受傷後3週間以降にエックス線でみられることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    骨化性筋炎について、他動的な関節可動域訓練は痛みを生じない程度に愛護的に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    骨化性筋炎について、骨化部は3か月以内に完全に吸収されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 71

    反復性肩関節脱臼について、関節窩前方部の関節唇の剥離を伴う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    反復性肩関節脱臼について、外傷性肩関節脱臼に続発して反復性になるものをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    反復性肩関節脱臼について、10代での初回脱臼は反復性に移行しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    反復性肩関節脱臼について、根治には手術が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    反復性肩関節脱臼について、術式の選択には、スポーツ種目やポジションを考慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    バーナー症候群について、コンタクトスポーツ競技での発生頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    バーナー症候群について、ストレッチ損傷と神経根圧迫損傷がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    バーナー症候群について、損傷部位は脳、脊髄、神経根、腕神経叢と様々である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    バーナー症候群について、上肢に焼けつくような痛みが出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    バーナー症候群について、腕神経叢の牽引や直接圧迫によっても発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    ウイルス性結膜炎は主として飛沫により他の人へ感染する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 82

    舟状骨骨折について、手関節の背屈強制の機会が多いスポーツで好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 83

    舟状骨骨折について、解剖学的嗅ぎタバコ入れの腫脹と圧痛が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 84

    舟状骨骨折について、見逃されやすい外傷であるが、放置しても影響はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 85

    舟状骨骨折について、受傷後早期の単純エックス線像で診断が容易である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 86

    舟状骨骨折について、早期復帰を要する競技者には、外固定を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 87

    鼻中隔骨折では軟膜下に血腫が溜まらないようによく鼻をかむとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 88

    鼻骨骨折では早期なら徒手整復できることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    鼻出血の好発部位は前鼻部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    水っぽい鼻出血がつづく場合は、鼻タンポンを挿入する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 91

    鼻骨骨折のエックス線診断では鼻骨撮影2方向やCT撮影が適する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    前十字靭帯損傷に対する再建材料として、自家骨付膝蓋腱や半腱様筋腱を使用することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    前十字靭帯再建術後、3~4か月でスポーツ復帰を許可される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 94

    半月板を損傷すると治癒しにくいため、手術療法により切除する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 95

    膝のスポーツ外傷について、単独内側側副靭帯損傷に対して、通常は手術治療を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 96

    膝のスポーツ外傷について、損傷軟骨に対する手術治療は様々な方法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    肘関節内側側副靭帯損傷について、繰り返す微細損傷による靭帯変性が障害の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    肘関節内側側副靭帯損傷について、合併障害として上腕骨外側上顆炎がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 99

    肘関節内側側副靭帯損傷について、画像診断としてMRIが有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 100

    肘関節内側側副靭帯損傷について、外反ストレステストで肘関節の内側が開大し疼痛を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 101

    肘関節内側側副靭帯損傷について、投球時痛が持続する場合、靭帯再建術の適応となる場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    大腿四頭筋の肉ばなれについて、中間広筋に生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 103

    大腿四頭筋の肉ばなれについて成長期には下前腸骨棘の裂離骨折をみることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 104

    大腿四頭筋の肉ばなれについて完全断裂では受傷直後に欠損部に陥凹を触れることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 105

    大腿四頭筋の肉ばなれについて最も受傷しやすいのは、股関節屈曲位・膝関節伸展位の時である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 106

    大腿四頭筋の肉ばなれについて「尻上がり現象」は内側広筋の肉ばなれを疑う兆候の1つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 107

    足関節や足部の障害における組み合わせについて、足関節底屈時の後足部痛―――三角骨

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 108

    足関節や足部の障害における組み合わせについて、足部外側部痛―――外脛骨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 109

    足関節や足部の障害における組み合わせについて、二分靭帯損傷―――ショパール関節

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 110

    足関節や足部の障害における組み合わせについて、足根洞症候群―――浅腓骨神経麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 111

    足関節や足部の障害における組み合わせについて、内がえし捻挫―――外側靭帯損傷

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 112

    肩腱板損傷は、成長期に特有のスポーツ障害である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 113

    肘内側上顆裂離骨折は、成長期に特有のスポーツ障害である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    分裂膝蓋骨は、成長期に特有のスポーツ障害である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 115

    Osgood-Schlatter病は、成長期に特有のスポーツ障害である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    外反母趾は、成長期に特有のスポーツ障害である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 117

    距骨離断性骨軟骨炎について、距骨滑車内側では後方に生じることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 118

    距骨離断性骨軟骨炎について、距骨滑車外側に生じることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 119

    距骨離断性骨軟骨炎について、診断にはMRIが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 120

    距骨離断性骨軟骨炎について、鏡視下で変性軟骨を切除するだけで症状が改善することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    距骨離断性骨軟骨炎について、手術ではドリリングや病巣掻爬、骨釘移植、骨軟骨移植などが行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 122

    下腿の疲労骨折について、高齢者に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 123

    下腿の疲労骨折について、長距離選手に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 124

    下腿の疲労骨折について、発症早期にはエックス線で変化が描出されないことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 125

    下腿の疲労骨折について、腓骨の疾走型疲労骨折は腓骨近位にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 126

    下腿の疲労骨折について、脛骨の跳躍型疲労骨折は脛骨中央にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    足関節外側靭帯損傷について、前距腓靭帯が損傷することは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 128

    足関節外側靭帯損傷について、踵腓靭帯単独での損傷が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 129

    足関節外側靭帯損傷について、新鮮損傷においては外固定の必要性はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 130

    足関節外側靭帯損傷について、後距腓靭帯は前距腓靭帯や踵腓靭帯に比べると損傷を受けにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 131

    足関節外側靭帯損傷について、軟骨損傷の合併に注意を払う必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    踵骨に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 133

    脛骨中央に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 134

    腓骨遠位に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 135

    第2中足骨に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 136

    第5中足骨に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 137

    腰椎分離症は、発育期の過度なスポーツ活動が原因となることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 138

    腰椎分離症では、後屈時より前屈時に痛みが増悪することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 139

    筋・筋膜性腰痛症の単純エックス線画像では、「テリアの首輪」がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 140

    筋・筋膜性腰痛症に理学所見はないので、診断の際に下肢伸展拳上(SLR)テストや腱反射などの神経学的検査は省略してもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 141

    筋・筋膜性腰痛症と診断されていても、経過中に別の疾患の可能性も考えておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 142

    腰椎椎間板ヘルニアについて、好発年齢は50歳代である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    腰椎椎間板ヘルニアについて、椎間板内圧は座位より立位で高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 144

    腰椎椎間板ヘルニアについて、髄核の移動による神経の圧迫で疼痛や麻痺症状が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 145

    腰椎椎間板ヘルニアについて、下肢伸展拳上(SLR)テストは、被験者を腹臥位にして実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 146

    腰椎椎間板ヘルニアについて、逃避性側弯を呈する場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 147

    Jone’s骨折は第2中足骨基部の骨折である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 148

    踵骨疲労骨折では通常、手術は不要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 149

    舟状骨疲労骨折の治療では免荷が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 150

    外反母趾傾向がみられる場合、母趾末節骨に疲労骨折が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 151

    足関節内果疲労骨折は通常のエックス線撮影で容易に診断できることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 152

    上腕骨外側・内側上顆炎について、テニス肘やゴルフ肘と呼ばれるものも多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 153

    上腕骨外側・内側上顆炎について、内側上顆炎の診断に、Thomsen テストや中指伸展テストが有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 154

    上腕骨外側・内側上顆炎について、エックス線やMRIの診断的価値はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 155

    上腕骨外側・内側上顆炎について、外側上顆炎に対する手関節伸筋群のストレッチは有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    上腕骨外側・内側上顆炎について、治療は保存療法が原則で、手術を要することはまれである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 157

    手・指の外傷について、キーンベック病は、主にスポーツが誘因となる例が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 158

    手・指の外傷について、有鉤骨骨折は、保存療法で容易に骨癒合が得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 159

    手・指の外傷について、深指屈筋腱裂離損傷は、ラグビーなどで相手のシャツをつかんだまま振り払われたときに発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 160

    手・指の外傷について、ギオン管症候群は、尺骨神経の急性・慢性圧迫により発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 161

    手・指の外傷について、手根管症候群は、手関節の橈屈・尺屈を繰り返す競技に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

57045

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ