zuknow learn together

新しい教材を作成

刑法 第二編 罪 第38-40章

カード 20枚 作成者: toshiki (作成日: 2013/12/09)

  • 第三十八章 

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第三十八章 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横領の罪

    解説

  • 2

    第二百五十二条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。

    解説

  • 3

    第二百五十二条  第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。

    解説

  • 4

    第二百五十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。

    解説

  • 5

    第二百五十四条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

    解説

  • 6

    第二百五十五条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二百四十四条の規定は、この章の罪について準用する。

    解説

  • 7

    第三十九章 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 盗品等に関する罪

    解説

  • 8

    第二百五十六条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 盗品その他財産に対する罪に当たる行為によって領得された物を無償で譲り受けた者は、三年以下の懲役に処する。

    解説

  • 9

    第二百五十六条  第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前項に規定する物を運搬し、保管し、若しくは有償で譲り受け、又はその有償の処分のあっせんをした者は、十年以下の懲役及び五十万円以下の罰金に処する。

    解説

  • 10

    第二百五十七条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 配偶者との間又は直系血族、同居の親族若しくはこれらの者の配偶者との間で前条の罪を犯した者は、その刑を免除する。

    解説

  • 11

    第二百五十七条  第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前項の規定は、親族でない共犯については、適用しない。

    解説

  • 12

    第四十章 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毀棄及び隠匿の罪

    解説

  • 13

    第二百五十八条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公務所の用に供する文書又は電磁的記録を毀棄した者は、三月以上七年以下の懲役に処する。

    解説

  • 14

    第二百五十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 権利又は義務に関する他人の文書又は電磁的記録を毀棄した者は、五年以下の懲役に処する。

    解説

  • 15

    第二百六十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他人の建造物又は艦船を損壊した者は、五年以下の懲役に処する。よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。

    解説

  • 16

    第二百六十一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

    解説

  • 17

    第二百六十二条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己の物であっても、差押えを受け、物権を負担し、又は賃貸したものを損壊し、又は傷害したときは、前三条の例による。

    解説

  • 18

    第二百六十二条の二  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 境界標を損壊し、移動し、若しくは除去し、又はその他の方法により、土地の境界を認識することができないようにした者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

    解説

  • 19

    第二百六十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他人の信書を隠匿した者は、六月以下の懲役若しくは禁錮又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

    解説

  • 20

    第二百六十四条 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二百五十九条、第二百六十一条及び前条の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

    解説

56665

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ