zuknow learn together

新しい教材を作成

刑法 第二編 罪 第36,37章

カード 26枚 作成者: toshiki (作成日: 2013/12/09)

  • 第三十六章 

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第三十六章 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 窃盗及び強盗の罪

    解説

  • 2

    第二百三十五条 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

    解説

  • 3

    第二百三十五条の二 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他人の不動産を侵奪した者は、十年以下の懲役に処する。

    解説

  • 4

    第二百三十六条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。

    解説

  • 5

    第二百三十六条  第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

    解説

  • 6

    第二百三十七条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強盗の罪を犯す目的で、その予備をした者は、二年以下の懲役に処する。

    解説

  • 7

    第二百三十八条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 窃盗が、財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、逮捕を免れ、又は罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫をしたときは、強盗として論ずる。

    解説

  • 8

    第二百三十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人を昏酔させてその財物を盗取した者は、強盗として論ずる。

    解説

  • 9

    第二百四十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。

    解説

  • 10

    第二百四十一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強盗が女子を強姦したときは、無期又は七年以上の懲役に処する。よって女子を死亡させたときは、死刑又は無期懲役に処する。

    解説

  • 11

    第二百四十二条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己の財物であっても、他人が占有し、又は公務所の命令により他人が看守するものであるときは、この章の罪については、他人の財物とみなす

    解説

  • 12

    第二百四十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二百三十五条から第二百三十六条まで及び第二百三十八条から第二百四十一条までの罪の未遂は、罰する。

    解説

  • 13

    第二百四十四条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 配偶者、直系血族又は同居の親族との間で第二百三十五条の罪、第二百三十五条の二の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯した者は、その刑を免除する。

    解説

  • 14

    第二百四十四条  第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前項に規定する親族以外の親族との間で犯した同項に規定する罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

    解説

  • 15

    第二百四十四条  第3項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前二項の規定は、親族でない共犯については、適用しない。

    解説

  • 16

    第二百四十五条 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • この章の罪については、電気は、財物とみなす。

    解説

  • 17

    第三十七章 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 詐欺及び恐喝の罪

    解説

  • 18

    第二百四十六条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

    解説

  • 19

    第二百四十六条  第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

    解説

  • 20

    第二百四十六条の二 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前条に規定するもののほか、人の事務処理に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与えて財産権の得喪若しくは変更に係る不実の電磁的記録を作り、又は財産権の得喪若しくは変更に係る虚偽の電磁的記録を人の事務処理の用に供して、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者は、十年以下の懲役に処する。

    解説

  • 21

    第二百四十七条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他人のためにその事務を処理する者が、自己若しくは第三者の利益を図り又は本人に損害を加える目的で、その任務に背く行為をし、本人に財産上の損害を加えたときは、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

    解説

  • 22

    第二百四十八条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 未成年者の知慮浅薄又は人の心神耗弱に乗じて、その財物を交付させ、又は財産上不法の利益を得、若しくは他人にこれを得させた者は、十年以下の懲役に処する。

    解説

  • 23

    第二百四十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

    解説

  • 24

    第二百四十九条  第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

    解説

  • 25

    第二百五十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • この章の罪の未遂は、罰する。

    解説

  • 26

    第二百五十一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第二百四十二条、第二百四十四条及び第二百四十五条の規定は、この章の罪について準用する。

    解説

56635

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ