zuknow learn together

新しい教材を作成

刑法 第二編 罪 第14,15章

カード 15枚 作成者: toshiki (作成日: 2013/12/09)

  • 第十四章 

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第十四章 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あへん煙に関する罪

    解説

  • 2

    第百三十六条 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あへん煙を輸入し、製造し、販売し、又は販売の目的で所持した者は、六月以上七年以下の懲役に処する。

    解説

  • 3

    第百三十七条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あへん煙を吸食する器具を輸入し、製造し、販売し、又は販売の目的で所持した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

    解説

  • 4

    第百三十八条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 税関職員が、あへん煙又はあへん煙を吸食するための器具を輸入し、又はこれらの輸入を許したときは、一年以上十年以下の懲役に処する。

    解説

  • 5

    第百三十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あへん煙を吸食した者は、三年以下の懲役に処する。

    解説

  • 6

    第百三十九条  第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あへん煙の吸食のため建物又は室を提供して利益を図った者は、六月以上七年以下の懲役に処する。

    解説

  • 7

    第百四十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あへん煙又はあへん煙を吸食するための器具を所持した者は、一年以下の懲役に処する。

    解説

  • 8

    第百四十一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • この章の罪の未遂は、罰する。

    解説

  • 9

    第十五章 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飲料水に関する罪

    解説

  • 10

    第百四十二条 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人の飲料に供する浄水を汚染し、よって使用することができないようにした者は、六月以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

    解説

  • 11

    第百四十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水道により公衆に供給する飲料の浄水又はその水源を汚染し、よって使用することができないようにした者は、六月以上七年以下の懲役に処する。

    解説

  • 12

    第百四十四条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人の飲料に供する浄水に毒物その他人の健康を害すべき物を混入した者は、三年以下の懲役に処する。

    解説

  • 13

    第百四十五条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前三条の罪を犯し、よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。

    解説

  • 14

    第百四十六条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水道により公衆に供給する飲料の浄水又はその水源に毒物その他人の健康を害すべき物を混入した者は、二年以上の有期懲役に処する。よって人を死亡させた者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

    解説

  • 15

    第百四十七条 

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  公衆の飲料に供する浄水の水道を損壊し、又は閉塞した者は、一年以上十年以下の懲役に処する。

    解説

56892

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ