zuknow learn together

新しい教材を作成

刑法 第二編 罪 第10章

カード 7枚 作成者: toshiki (作成日: 2013/12/09)

  • 第十章 

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    第十章 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出水及び水利に関する罪

    解説

  • 2

    第百十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出水させて、現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物、汽車、電車又は鉱坑を浸害した者は、死刑又は無期若しくは三年以上の懲役に処する。

    解説

  • 3

    第百二十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出水させて、前条に規定する物以外の物を浸害し、よって公共の危険を生じさせた者は、一年以上十年以下の懲役に処する。

    解説

  • 4

    第百二十条  第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浸害した物が自己の所有に係るときは、その物が差押えを受け、物権を負担し、賃貸し、又は保険に付したものである場合に限り、前項の例による。

    解説

  • 5

    第百二十一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水害の際に、水防用の物を隠匿し、若しくは損壊し、又はその他の方法により、水防を妨害した者は、一年以上十年以下の懲役に処する。

    解説

  • 6

    第百二十二条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過失により出水させて、第百十九条に規定する物を浸害した者又は第百二十条に規定する物を浸害し、よって公共の危険を生じさせた者は、二十万円以下の罰金に処する。

    解説

  • 7

    第百二十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 堤防を決壊させ、水門を破壊し、その他水利の妨害となるべき行為又は出水させるべき行為をした者は、二年以下の懲役若しくは禁錮又は二十万円以下の罰金に処する。

    解説

57062

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ