zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H25 基礎 (解剖)

カード 50枚 作成者: AT KnowHow (作成日: 2014/10/24)

  • 肩甲骨は、肩甲上腕関節にて上腕骨と肩鎖関節にて鎖骨と連結しており、体幹との連結は筋のみによる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

受験生の皆さん、試験お疲れ様でした! こちらのアプリも皆さんの試験対策の一助になっていれば幸いです。 いくつかの暗記帳は、「公開」設定で、どなたでもチャレンジできるように残しておきます。 最新の問題や、「KnowHow」グループで作成した模擬問題などチャレンジしたい方は、facebookグループへの登録、もしくは下記アドレスへ qat.t.s.14@gmail.com 氏名と出身(在籍)校または養成講習、ペーパー試験受験年度をご連絡頂けましたら、使用できるように設定します。 以下グループの紹介です。 AT養成校 卒業生向け、AT試験対策グループ『KnowHow』 養成校卒業後、AT資格取得を目指す卒業生をサポートするグループ。 facebookアカウントをお持ちの方は、 こちらのグループへの参加をお待ちしています。 https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/ グループマスター 佐藤哲史(JASA-AT) https://www.facebook.com/tetsushi.satou

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    肩甲骨は、肩甲上腕関節にて上腕骨と肩鎖関節にて鎖骨と連結しており、体幹との連結は筋のみによる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    鎖骨は胸鎖関節にて胸骨と連結しており、これが上肢帯にとって唯一の体幹との骨性の連結である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    上肢帯には真の関節構造を持たない機能的関節として、肩峰下滑液包(第二肩関節)と肩甲胸郭関節がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    スポーツ動作など上肢の運動がスムーズに行われるためには、肩甲骨と胸郭の動きが不可欠である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    スポーツ以外の日常生活動作における上肢運動では、肩甲骨と胸郭は通常動かない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    前十字靭帯の長さは約35mmである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    前十字靭帯は前外側線維束と後内側線維束とに区別することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    膝関節の内側支持機構は3層に分類することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    後十字靭帯は膝関節の後方不安定性に対する主制動因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    腸脛靭帯は脛骨外側顆のGerdy結節に付着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    足関節の靭帯について、前距腓靭帯は足関節を安定させる靭帯である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    足関節の靭帯について、踵腓靭帯は距骨下関節の安定には関係ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    足関節の靭帯について、後距腓靭帯は三角靭帯の一部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    足関節の靭帯について、二分靭帯は脛腓間の安定に重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 15

    足関節の靭帯について、三角靭帯には浅層と深層の線維がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    腰椎は5個、胸椎は12個、頚椎は7個の椎骨から構成されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    脊柱を側面からみると頚椎は前弯、胸椎は後弯、腰椎は前弯している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    Q-angleとは大腿骨軸と下腿軸のなす角度をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 19

    carrying angleとは上腕と前腕(回外位)からなるアライメントをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    足部には縦のアーチ(内側と外側)と横のアーチがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    肘関節の解剖・運動について、内側側副靭帯は、前斜走線維と後斜走線維および横走線維からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    肘関節の解剖・運動について、上肢の基本肢位は、上腕に対し前腕はやや外反している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    肘関節の解剖・運動について、手関節屈曲・前腕回内筋群は、上腕骨外側上顆から起始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    肘関節の解剖・運動について、上腕三頭筋は肘頭に付着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    肘関節の解剖・運動について、肘関節の前面には上腕動脈が正中神経とともに走行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    手関節について、可動域は背屈よりも掌屈が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    手関節について、背屈運動の可動域は、手根中央関節よりも橈骨手根関節で大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    手関節について、三角線維軟骨複合体(TFCC)は、遠位橈尺関節の安定性や尺側手根骨の支持機構にも関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    手関節について、可動域は、尺屈よりも橈屈が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    手関節について、近位手根骨列は舟状骨、月状骨、有鉤骨、三角骨である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    椎間板は主に垂直方向の力を受けるが、3/4を髄核が、残り1/4を線維輪が受け持っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    腰椎の安定化に関与する靭帯には、前縦靭帯、後縦靭帯、棘間靭帯、棘上靭帯および青色靭帯がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    腰部の運動に関与する筋のうち、反対側への回旋時に収縮するのは内腹斜筋と脊柱起立筋である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    第12胸椎から第1仙椎までを合わせた関節可動域のうち、前後屈運動の約60%の運動は、第4腰椎と第5腰椎間で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)は股関節の屈筋であるが、下肢が固定された場合、腰椎を屈曲させる作用を持っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    肩甲上腕関節について、股関節と同様に球関節に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    肩甲上腕関節について、股関節と比べて骨頭に対する臼蓋(関節窩)の割合が小さく、可動域が大きいなどより機能的な関節である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    肩甲上腕関節について、動的安定化機構には、腱板筋群と上腕二頭筋長頭腱が重要な役割を果たしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    肩甲上腕関節について、関節上腕靭帯などの軟部組織がその安定性に大きく関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    肩甲上腕関節について、反復性肩関節脱臼で骨性要素が壊れることはまれである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 41

    下腿のストレッチングにおいて、膝関節伸展位で足関節背屈した際に最も伸張される筋は後脛骨筋である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 42

    下腿のストレッチングにおいて、膝関節伸展位で足関節背屈した際に最も伸張される筋は前脛骨筋である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    下腿のストレッチングにおいて、膝関節伸展位で足関節背屈した際に最も伸張される筋は腓腹筋である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    下腿のストレッチングにおいて、膝関節伸展位で足関節背屈した際に最も伸張される筋はヒラメ筋である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 45

    下腿のストレッチングにおいて、膝関節伸展位で足関節背屈した際に最も伸張される筋は長趾屈筋である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    膝の半月板について、膝の屈伸で動かず、適合性を維持している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 47

    膝の半月板について、荷重の伝達・分散、膝の安定、関節の潤滑などの役割がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    膝の半月板について、一般に外側半月板に比して内側半月板は可動性が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    膝の半月板について、硝子軟骨である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    膝の半月板について、断面はくさび状である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56679

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ