zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H25 基礎 (トレーニング科学ほか)

カード 55枚 作成者: AT KnowHow (作成日: 2014/10/24)

  • 24時間(1日)を周期とした生物学的現象を考慮した調整法をディトレーニングという。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

養成校卒業生をサポートする勉強会グループ『KnowHow』。
https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/

グループから現役生に向けて、プレゼント。

あと3週間弱、しっかり勉強してくださいね!

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    24時間(1日)を周期とした生物学的現象を考慮した調整法をディトレーニングという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    トレーニングの質もしくは量を減らすことで、パフォーマンス向上を意図するテーパリングの期間は2〜3週間が一般的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    ピーキングとは、競技会などに備えて心身の状態を最高に高める調整法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    グリコーゲンローディングはピーキングの一つの方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    一般的なテーパリングにおいてトレーニング量を減らしても最大酸素摂取量は維持される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    エキセントリックトレーニングはアイソメトリックトレーニングの一種である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 7

    懸垂や腕立て伏せもレジスタンストレーニングである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    バーベルをゆっくり下ろしながらの肘伸展運動は、上腕二頭筋のコンセントリックな収縮を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 9

    アイソメトリックトレーニングは筋の等尺性収縮を利用している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    アイソキネティックトレーニングは運動の角度などを規定して行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 11

    歩行では両脚支持期が存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    通常歩行では重心の上下動は起こらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    歩行1サイクル中の地面反力の鉛直方向成分は一定で体重値を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    歩行の経済速度(至適速度)は時速4㎞前後である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    歩行は神経系の反射を生じることなく可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 16

    走動作のバイオメカニクスについて、走動作は両脚支持期のない点で歩行と異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    走動作のバイオメカニクスについて、走スピードはピッチのみによって決定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 18

    走動作のバイオメカニクスについて、発育発達において走速度はストライドと平行して発達する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    走動作のバイオメカニクスについて、位置エネルギーと運動エネルギーの増減は逆位相になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 20

    走動作のバイオメカニクスについて、走運動では筋・腱の弾性エネルギーが再利用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、重心の上昇高は足が地面から離れた瞬間の速度には関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、垂直跳びの地面反力は常に重力と釣り合っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、跳躍では、腕の振り込みや反動動作は役に立たない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、ドロップジャンプの台の高さは着地後の跳躍高に影響を与えない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 25

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、ホッピングでは下肢の筋腱複合体の伸張と短縮が繰り返される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    最大収縮時には負荷が大きければ大きな力が発揮されるが、収縮速度は遅くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    最大収縮時には負荷が軽ければ収縮速度は遅くなり、発揮される力は減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    パワーは仕事量を時間で除した値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    仕事量は力と収縮時間の積として計算される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    力と収縮速度の積が最大の時に最大パワーが出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    代謝当量(METS)は、作業時代謝量を基礎代謝量で除したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 32

    主観的運動強度(RPE)は心拍数と密接に関係しているが、物理的仕事量とは無関係である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    %最大酸素摂取量(%VO2max)は練習中に消費された酸素の総量の指標である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    %最高心拍数(%HRmax)は安静時心拍数を考慮しており、生理的負担度として普遍的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    血中乳酸濃度4mmol/lとなる時点の運動強度をOBLAという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    適切な目標は、選手の不安を軽減したり、自信を持たせたり、集中させたり、満足感を与えるなど、心理面に与える影響が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    詳しくて具体的な目標ではなく、一般的で抽象的な目標を設定すると選手のやる気が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    現実的で挑戦的な目標や勝敗目標よりもプレー目標を設定するとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 39

    個人目標よりもチーム目標を設定し、短期目標より長期目標を大切にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 40

    目標設定は、選手の外発的な動機づけの役割を果たし、練習の量を高めることに有効に働く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    ローパワーの測定法について、20mシャトルランテストは最大酸素摂取量を過大評価する可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 42

    ローパワーの測定法について、長距離ランナーには、自転車エルゴメータを用いるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    ローパワーの測定法について、フィールドテストでは最大酸素摂取量を求めることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    ローパワーの測定法について、対象者の特性に関係なく、測定負荷方法は統一すべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 45

    ローパワーの測定法について、自転車エルゴメータより、トレッドミルで求めた最大酸素摂取量の値の方が5〜15%程度大きい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    成長期のスポーツ指導で注意すべきことについて、どんなトレーニングも小学校入学前から開始したほうが効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 47

    成長期のスポーツ指導で注意すべきことについて、一種目ではなく、数種目のスポーツをさせるのが理想的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    成長期のスポーツ指導で注意すべきことについて、突然死など危険を回避するために、12~14歳の年齢では呼吸・循環系のトレーニングは控える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    成長期のスポーツ指導で注意すべきことについて、ファストフードや既製品の摂取による貧血に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    成長期のスポーツ指導で注意すべきことについて、食物依存性運動誘発性アナフィラキシーでは、死に至ることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    競技者のトレーニングについて、青年期競技選手の年間トレーニングにおいては、通常準備期として3~5か月間が設定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    競技者のトレーニングについて、体力の増進が最も強調されるのは試合期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 53

    競技者のトレーニングについて、有酸素性トレーニングとして最も効果的な方法は、高強度、短時間の間欠的運動である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    競技者のトレーニングについて、トレーニング内容に加えて、原理・原則も非競技者と異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    競技者のトレーニングについて、移行期には、より専門性(競技特異性)の高いトレーニングを実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

56803

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ