zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H25 基礎 (内科)

カード 70枚 作成者: AT KnowHow (作成日: 2014/10/24)

  • 突然死について、若年者では冠動脈硬化性心疾患によるものが多い。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

養成校卒業生をサポートする勉強会グループ『KnowHow』。
https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/

グループから現役生に向けて、プレゼント。

あと3週間弱、しっかり勉強してくださいね!

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    突然死について、若年者では冠動脈硬化性心疾患によるものが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    突然死について、若年者のメディカルチェックには心エコー図検査は有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    突然死について、中高年者の突然死の原因で冠硬化は少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 4

    突然死について、運動負荷試験は虚血性心疾患の判定に有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    突然死について、家族の既往歴や症状は重要ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    鉄欠乏性貧血について、血液中のヘモグロビンの量が男性で25g/dl未満、女性で20 g/dl未満を目安としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 7

    鉄欠乏性貧血について、骨格筋の酸化的エネルギー産生能力は著しく増進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    鉄欠乏性貧血について、女性では月経による喪失分が加わるため、鉄の排出量は男性よりも多くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    鉄欠乏性貧血について、症状としては、息切れ、呼吸困難、動悸、頻脈などが挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    鉄欠乏性貧血について、非ヘム鉄は、ビタミンCの存在下で吸収率が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 11

    高所での影響について、動脈血酸素飽和度は3000m台で75%程度まで低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    高所での影響について、急性高山病の予防のために、高所では水分補給は控える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    高所での影響について、急性高山病の予防には、ゆっくりと高地馴化をしながら高度を上げていくとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    高所での影響について、急性高山病の症状として頭痛、睡眠障害、食欲不振がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    高所での影響について、低酸素刺激では、赤血球やヘモグロビンは減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 16

    オーバートレーニング症候群は、運動負荷試験の絶対的禁忌である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    急性心筋梗塞は、運動負荷試験の絶対的禁忌である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    貧血は、運動負荷試験の絶対的禁忌である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 19

    不安定狭心症は、運動負荷試験の絶対的禁忌である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    高血圧症は、運動負荷試験の絶対的禁忌である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    海外遠征時に注意すべき感染症について、頻度が高い疾患は、かぜ症候群と下痢である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    海外遠征時に注意すべき感染症について、下痢をきたす感染性腸炎の原因は、細菌でありウイルスではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    海外遠征時に注意すべき感染症について、感染性腸炎では下痢症状を止めるために、下痢止めを内服させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    海外遠征時に注意すべき感染症について、黄熱ワクチン接種は、特定の国への入国に際して必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    海外遠征時に注意すべき感染症について、破傷風は、ワクチンが無効の感染症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    ドーピングコントロールについて、オリンピック競技大会でドーピングが発覚したのは、1988年のソウルオリンピック以降である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)のアジア地域事務所である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    ドーピングはスポーツの価値を損ねる行為なので禁止されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    ドーピングコントロールについて、WADA規程には8つの国際基準がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    ドーピングコントロールについて、選手がドーピング検査を拒否しても制裁を受けることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    ウイルス性結膜炎は主として飛沫により他の人へ感染する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 32

    咽頭結膜熱は、プール熱とも呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    咽頭結膜熱は、呼吸器や消化管などにも炎症を起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    流行性角結膜炎では全身症状を伴う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    ウイルス性結膜炎は、学校保健法では症状が消えれば出席可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 36

    ドーピングコントロールについて、漢方薬は自然の生薬なので、禁止物質を含んでいる心配がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 37

    ドーピングコントロールについて、禁止物質の中には、競技能力を強化する作用のない物質もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    ドーピングコントロールについて、禁止物質がサプリメントに含まれていることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 39

    ドーピングコントロールについて、特定競技で禁止される物質もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    ドーピングコントロールについて、治療目的使用に係る除外措置(TUE)は医師の診断書を添付しても承認されることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 41

    呼吸器感染症について、持久性競技者で上気道炎の発生が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    呼吸器感染症について、粘膜免疫系の主体をなす分泌型免疫グロブリンは、IgAである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    呼吸器感染症について、鉄欠乏性貧血があると、白血球の殺菌力が低下しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    呼吸器感染症について、インフルエンザの主な感染経路は、飛沫吸入である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    呼吸器感染症について、インフルエンザの発熱に対して、アスピリンが用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    気管支喘息について、症状が変動しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    気管支喘息について、症状の増悪因子として、ストレス、気道感染、香水の香り、薬物などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    気管支喘息について、代表的な薬物療法は吸入β2作用薬と吸入ステロイド薬の使用がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    気管支喘息について、運動誘発性気管支攣縮は、温かく湿度の高い環境で出現しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    気管支喘息について、運動前に気管支喘息発作を起こしている時は、運動をやめさせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    熱中症について、熱射病は、高体温と種々の程度の意識障害が特徴である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    熱中症について、熱けいれんは脱水とナトリウムの過剰な摂取で生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 53

    熱中症について、学校管理下の熱中症死亡事故は、6月に多発している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    熱中症について、高温や多湿など熱放散が制限されると起きやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    熱中症について、学校管理下では、熱中症の発生は9割が女性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の禁止表国際基準は4年に1回の改訂である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 57

    禁止表国際基準で禁止されるのは、物質と方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    禁止物質は治療目的使用に係る除外措置(TUE)を提出すれば使用できるようになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 59

    医師から処方される薬はドーピング違反にならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    ドーピング検査は尿検査と血液検査がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    一般人と比較した競技者の月経について、月経周期異常が少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 62

    一般人と比較した競技者の月経について、一般的に初経の発来が早い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 63

    一般人と比較した競技者の月経について、初経発来には体脂肪率が17%以上必要とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    一般人と比較した競技者の月経について、月経痛は軽いことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    一般人と比較した競技者の月経について、スポーツパフォーマンスは、月経前・月経中よりも月経後10日間が最もよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    マルファン症候群について、結合組織の代謝異常をきたす疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    マルファン症候群について、大動脈弁狭窄症を90%の患者に認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 68

    マルファン症候群について、両側性硝子体脱臼を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 69

    マルファン症候群について、指極間長(アームスパン)は身長より長いことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    マルファン症候群について、罹患期間によってスポーツ参加の可否が定められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

56973

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ