zuknow learn together

新しい教材を作成

刑法 第一編 総則 第六章

カード 13枚 作成者: toshiki (作成日: 2013/12/06)

  • (刑の時効) 第三十一条  

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    (刑の時効) 第三十一条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刑(死刑を除く。)の言渡しを受けた者は、時効によりその執行の免除を得る。

    解説

  • 2

    第三十二条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時効は、刑の言渡しが確定した後、次の期間その執行を受けないことによって完成する。

    解説

  • 3

    第三十二条 第一号

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  無期の懲役又は禁錮については三十年

    解説

  • 4

    第三十二条 第二号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 十年以上の有期の懲役又は禁錮については二十年

    解説

  • 5

    第三十二条 第三号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三年以上十年未満の懲役又は禁錮については十年

    解説

  • 6

    第三十二条 第四号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三年未満の懲役又は禁錮については五年

    解説

  • 7

    第三十二条 第五号 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 罰金については三年

    解説

  • 8

    第三十二条 第六号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拘留、科料及び没収については一年

    解説

  • 9

    (時効の停止) 第三十三条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時効は、法令により執行を猶予し、又は停止した期間内は、進行しない。

    解説

  • 10

    (刑の消滅) 第三十四条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 懲役、禁錮及び拘留の時効は、刑の言渡しを受けた者をその執行のために拘束することによって中断する。

    解説

  • 11

    第三十四条 第2項  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 罰金、科料及び没収の時効は、執行行為をすることによって中断する。

    解説

  • 12

    (刑の消滅) 第三十四条の二 

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  禁錮以上の刑の執行を終わり又はその執行の免除を得た者が罰金以上の刑に処せられないで十年を経過したときは、刑の言渡しは、効力を失う。罰金以下の刑の執行を終わり又はその執行の免除を得た者が罰金以上の刑に処せられないで五年を経過したときも、同様とする。

    解説

  • 13

    第三十四条の二 第2項 

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  刑の免除の言渡しを受けた者が、その言渡しが確定した後、罰金以上の刑に処せられないで二年を経過したときは、刑の免除の言渡しは、効力を失う。

    解説

57025

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ