zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H25 基礎

カード 499枚 作成者: AT KnowHow (作成日: 2014/10/22)

  • 成長期の野球肘について、肘内・外反の繰り返しにより骨棘が出現する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

受験生の皆さん、試験お疲れ様でした! こちらのアプリも皆さんの試験対策の一助になっていれば幸いです。 いくつかの暗記帳は、「公開」設定で、どなたでもチャレンジできるように残しておきます。 最新の問題や、「KnowHow」グループで作成した模擬問題などチャレンジしたい方は、facebookグループへの登録、もしくは下記アドレスへ qat.t.s.14@gmail.com 氏名と出身(在籍)校または養成講習、ペーパー試験受験年度をご連絡頂けましたら、使用できるように設定します。 以下グループの紹介です。 AT養成校 卒業生向け、AT試験対策グループ『KnowHow』 養成校卒業後、AT資格取得を目指す卒業生をサポートするグループ。 facebookアカウントをお持ちの方は、 こちらのグループへの参加をお待ちしています。 https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/ グループマスター 佐藤哲史(JASA-AT) https://www.facebook.com/tetsushi.satou

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    成長期の野球肘について、肘内・外反の繰り返しにより骨棘が出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    離断性骨軟骨炎は、上腕骨滑車部の発生が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    リトルリーグ肘は、上腕骨外側上顆の靭帯付着部の障害である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 4

    成長期の野球肘について、手術適応になる場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    離断性骨軟骨炎は、病期が進行すると関節遊離体(ネズミ)を生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    24時間(1日)を周期とした生物学的現象を考慮した調整法をディトレーニングという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 7

    トレーニングの質もしくは量を減らすことで、パフォーマンス向上を意図するテーパリングの期間は2〜3週間が一般的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    ピーキングとは、競技会などに備えて心身の状態を最高に高める調整法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    グリコーゲンローディングはピーキングの一つの方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    一般的なテーパリングにおいてトレーニング量を減らしても最大酸素摂取量は維持される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    突然死について、若年者では冠動脈硬化性心疾患によるものが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    突然死について、若年者のメディカルチェックには心エコー図検査は有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    突然死について、中高年者の突然死の原因で冠硬化は少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    突然死について、運動負荷試験は虚血性心疾患の判定に有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    突然死について、家族の既往歴や症状は重要ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 16

    肩腱板断裂について、中高年に多い疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    肩腱板断裂について、MRIで腱板断裂がみつかれば直ちに手術が必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 18

    肩腱板断裂について、受傷直後は肩関節の拳上が困難である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    肩腱板断裂について、無症候性が多く存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    肩腱板断裂について、関節鏡視下手術により、早期競技復帰の可能性が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    鉄欠乏性貧血について、血液中のヘモグロビンの量が男性で25g/dl未満、女性で20 g/dl未満を目安としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    鉄欠乏性貧血について、骨格筋の酸化的エネルギー産生能力は著しく増進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    鉄欠乏性貧血について、女性では月経による喪失分が加わるため、鉄の排出量は男性よりも多くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    鉄欠乏性貧血について、症状としては、息切れ、呼吸困難、動悸、頻脈などが挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    鉄欠乏性貧血について、非ヘム鉄は、ビタミンCの存在下で吸収率が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    Lachman テストは仰臥位で膝90°屈曲位として実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    後方不安定性テストは、仰臥位で膝90°屈曲位として脛骨を後方に押し込む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    外反ストレステストは膝外側側副靭帯損傷の徒手不安定性検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    McMurray テストは軟骨損傷の診断に有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    膝蓋骨のapprehension サインは反復性膝蓋骨脱臼の診断に有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    中枢神経系は脳と脊髄から構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    末梢神経系は体性神経と自律神経から構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    大脳皮質の働きにより意識して行う運動を随意運動という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    骨格筋が急に引き伸ばされた時に収縮する反射を屈曲反射という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    運動技術の習熟過程で無意識に運動ができるようになることを自動化という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    Thomsen テストは、アキレス腱断裂の診断に有用なテストである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 37

    Lachmanテストは、アキレス腱断裂の診断に有用なテストである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    Thompsonテストは、アキレス腱断裂の診断に有用なテストである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    Jacksonテストは、アキレス腱断裂の診断に有用なテストである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 40

    McMurray テストは、アキレス腱断裂の診断に有用なテストである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 41

    中手骨骨折について、頚部骨折の診断は、困難なことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 42

    中手骨骨折について、骨頭骨折では、治療は容易に行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    中手骨骨折について、骨幹部骨折は、横骨折、縦骨折、斜骨折の3タイプに分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 44

    中手骨骨折について、頚部骨折はボクサー骨折とも呼ばれ、主に第5中手骨に発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    中手骨骨折について、基部骨折では、骨癒合は早期に生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    1日の総エネルギー消費量は、基礎代謝量、食事誘発性熱産生、身体活動によるエネルギー消費量の合計値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    アスリートは身体活動によるエネルギー消費量が運動習慣のない人より高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    アスリートにとってエネルギー消費量の推定は必要ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    アスリートのエネルギー消費量は実測しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    身体活動レベル(PAL)はアスリートを対象とした指標である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 51

    女性に膝蓋大腿関節障害が多いのは、膝アライメントの性差が関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    女性に前十字靭帯損傷が多いのは、動作時の膝外反が大きいことなどが関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    女性の高齢者では、男性より変形性膝関節症に注意する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    成長期に多い脛骨疾走型疲労骨折は、16歳前後に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    成長期の離断性骨軟骨炎は、成長が終了すれば治癒する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    リラクセーションとは、緊張に対応する心身の状態を指す言葉として使用されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    リラクセーション訓練後には不安が減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    リラクセーションについて、マッサージや精神安定剤を服用して試合に臨めば効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 59

    リラクセーションについて、自分の身体に注意を向け、自らの主体的努力をすることなくその部位を緊張させ、弛緩させていくことが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    リラクセーションについて、リラックスした状態と、その状態をコントロールする主体的な過程の両方を指すが、それを毎日繰り返す必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    栄養教育、食事指導の進め方について、プログラムはマネジメントサイクルに従って進める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    栄養教育、食事指導の進め方について目標設定は、問題解決に向けての方策の基本となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    栄養教育、食事指導の進め方について目標は、大目標、中目標、小目標に分けて検討することが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    栄養教育、食事指導の進め方について小目標は必ずしもひとつとは限らない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    栄養教育、食事指導の進め方についてアセスメントは、基準となる数値との比較により進める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    肘関節周辺には橈骨神経、正中神経および尺骨神経の3本が走行している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    スポーツによる肘関節神経障害は、ほとんどが正中神経にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 68

    肘部管症候群では、変形性肘関節症と尺骨神経脱臼が代表的原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    Tinel徴候とは、神経障害部位をたたくと、末梢に疼痛が走る現象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    神経障害により筋萎縮が生じると回復が困難であるため、早期の対処が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    筋の長さが変わらない収縮を等尺性収縮という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    筋力が外力より大きく、筋が短くなる収縮を短縮性収縮という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    筋力が外力より小さく、筋が強制的に伸ばされる収縮を伸張性収縮という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 74

    短縮性収縮では、筋力発揮が大きくなるにしたがって収縮速度も増大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 75

    最大等尺性収縮力は、最大伸張性収縮力より大きな力発揮がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 76

    顔面紅潮は、出血性ショックの前駆症状である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 77

    発汗は、出血性ショックの前駆症状である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    皮膚の冷感は、出血性ショックの前駆症状である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    深く早い呼吸は、出血性ショックの前駆症状である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 80

    強く毎分120回を超える頻脈は、出血性ショックの前駆症状である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 81

    わが国の糖尿病の90%以上が1型糖尿病である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 82

    1型糖尿病では、血中インスリンは高値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    糖尿病患者において、運動療法は血糖値改善に効果がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    わが国ではbody mass index (BMI) 25以上を肥満としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 85

    肥満のタイプには、「皮内脂肪型」と「内臓脂肪型」がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 86

    顔面外傷について、現場でできる顔面の創処置は、流水による洗浄と圧迫止血が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    顔面外傷について、防具による顔面外傷の予防は難しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 88

    顔面外傷について、顔面骨骨折により気道閉塞が起こる可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    顔面外傷について、鼻や耳は血流が豊富なので、凍傷などで壊死に陥る可能性は低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 90

    顔面外傷について、顔面は血流が豊富なので、外傷では出血が多く、治癒が遅い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 91

    筋力について、単位断面積あたりの筋力は個人差が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 92

    筋力について、伸張性収縮による力は等尺性最大筋力より小さい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 93

    筋力について、筋線維の数が増えること(増殖)が筋力向上の主因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 94

    筋力について、筋力トレーニングによってST線維が選択的に肥大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 95

    筋力について、トレーニング開始初期の筋力増加は神経系の機能が改善されることによる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 96

    外出血に対する止血法について、最も基本的な止血法は直接圧迫法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    外出血に対する止血法について、四肢からの出血であれば、心臓よりも高い位置に挙上すると止血しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    外出血に対する止血法について、圧迫の際、感染防止のためゴム手袋がなければポリ袋などを使用してもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    外出血に対する止血法について、止血帯法における止血帯はなるべく細いものを用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 100

    外出血に対する止血法について、止血帯法で30分以上止血する場合は30分毎に1~2分止血帯を緩め、その間は直接圧迫する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 101

    サプリメントについて、夏期や疲労により過度の食欲不振に陥っているときにはサプリメントが必要となる状況と判断してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    サプリメントについて、競技特性により摂食制限がある場合には、食事からの栄養素の摂取量は考えずに摂取計画を立てる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 103

    サプリメントについて、海外遠征など特殊な環境下で長期滞在しなくてはいけない場合には、サプリメントの使用は望ましくない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 104

    サプリメントについて、サプリメントの原材料が天然成分や自然食品由来である場合には、副作用もなく安全である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 105

    サプリメントについて、サプリメントを選ぶときには、栄養成分表示やJADAマークを見るとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 106

    高所での影響について、動脈血酸素飽和度は3000m台で75%程度まで低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 107

    高所での影響について、急性高山病の予防のために、高所では水分補給は控える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 108

    高所での影響について、急性高山病の予防には、ゆっくりと高地馴化をしながら高度を上げていくとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    高所での影響について、急性高山病の症状として頭痛、睡眠障害、食欲不振がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 110

    高所での影響について、低酸素刺激では、赤血球やヘモグロビンは減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 111

    股関節周囲の筋にも肉ばなれは発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 112

    スポーツでは股関節脱臼は起こらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 113

    成長期では腸腰筋による上前腸骨棘の裂離骨折がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 114

    梨状筋の損傷や炎症により、恥骨周辺への放散痛が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 115

    大転子部の滑液包炎では、ばね股となることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    エキセントリックトレーニングはアイソメトリックトレーニングの一種である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 117

    懸垂や腕立て伏せもレジスタンストレーニングである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 118

    バーベルをゆっくり下ろしながらの肘伸展運動は、上腕二頭筋のコンセントリックな収縮を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 119

    アイソメトリックトレーニングは筋の等尺性収縮を利用している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 120

    アイソキネティックトレーニングは運動の角度などを規定して行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    肩甲骨は、肩甲上腕関節にて上腕骨と肩鎖関節にて鎖骨と連結しており、体幹との連結は筋のみによる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 122

    鎖骨は胸鎖関節にて胸骨と連結しており、これが上肢帯にとって唯一の体幹との骨性の連結である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 123

    上肢帯には真の関節構造を持たない機能的関節として、肩峰下滑液包(第二肩関節)と肩甲胸郭関節がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 124

    スポーツ動作など上肢の運動がスムーズに行われるためには、肩甲骨と胸郭の動きが不可欠である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 125

    スポーツ以外の日常生活動作における上肢運動では、肩甲骨と胸郭は通常動かない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 126

    栄養教育・食事指導について、食事調査は介入前に1度だけ行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 127

    栄養教育・食事指導について、教育の媒体の多くは、多人数向けとなっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 128

    栄養教育・食事指導について、個別指導での目標や意思確認は、最小限にすべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 129

    栄養教育・食事指導について、献立作成や調理担当者に対しても行われるとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 130

    栄養教育・食事指導について、コストの問題から、実際の食事を教育媒体にした実習は好ましくない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 131

    眼窩より大きいもので目を打ったとき、瞳孔出血を起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 132

    吹き抜け骨折では、上顎洞に眼球が陥入する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 133

    ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズより小さく、水道水でも保存可能で使いやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 134

    網膜剥離では激痛・視力低下・光過敏などの症状がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 135

    眼瞼結膜と眼球結膜は連続している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    歩行では両脚支持期が存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 137

    通常歩行では重心の上下動は起こらない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 138

    歩行1サイクル中の地面反力の鉛直方向成分は一定で体重値を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 139

    歩行の経済速度(至適速度)は時速4㎞前後である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 140

    歩行は神経系の反射を生じることなく可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 141

    前十字靭帯の長さは約35mmである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 142

    前十字靭帯は前外側線維束と後内側線維束とに区別することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    膝関節の内側支持機構は3層に分類することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 144

    後十字靭帯は膝関節の後方不安定性に対する主制動因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 145

    腸脛靭帯は脛骨外側顆のGerdy結節に付着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 146

    遠征先の食環環境の調査は、国内・国外ともに同じ手順で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 147

    日本の宿泊施設では食中毒の危険性はないが、海外では注意をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 148

    海外遠征では、香辛料をふんだんに使った料理に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 149

    合宿中は、激しいトレーニングによって食事量が減ることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 150

    合宿中は、少なくとも食後2時間は安静にしてからトレーニングを開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 151

    オーバートレーニング症候群は、運動負荷試験の絶対的禁忌である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 152

    急性心筋梗塞は、運動負荷試験の絶対的禁忌である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 153

    貧血は、運動負荷試験の絶対的禁忌である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 154

    不安定狭心症は、運動負荷試験の絶対的禁忌である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 155

    高血圧症は、運動負荷試験の絶対的禁忌である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 156

    心臓振とうについて、心臓近くの胸部にボールなどが当たることによって起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 157

    心臓振とうについて、多くは致命的な不整脈である心室細動が発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 158

    心臓振とうについて、治療法として電気的除細動は無効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 159

    心臓振とうについて、除細動が1分遅れるごとに救命率は7~10%減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 160

    心臓振とうについて、誰でも自動体外式除細動器(AED)を使用してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 161

    海外遠征時に注意すべき感染症について、頻度が高い疾患は、かぜ症候群と下痢である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 162

    海外遠征時に注意すべき感染症について、下痢をきたす感染性腸炎の原因は、細菌でありウイルスではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 163

    海外遠征時に注意すべき感染症について、感染性腸炎では下痢症状を止めるために、下痢止めを内服させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 164

    海外遠征時に注意すべき感染症について、黄熱ワクチン接種は、特定の国への入国に際して必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    海外遠征時に注意すべき感染症について、破傷風は、ワクチンが無効の感染症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 166

    最近の医学の進歩により脊髄損傷は治癒できるようになった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 167

    脊髄損傷の原因として水中への飛び込みの頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 168

    高所からの転落で殿部から着地した場合には、頚椎胸椎移行部に脊柱の損傷が好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 169

    アメリカンフットボールでは、ヘルメットの頭頂部からのタックルで予防できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 170

    脊柱管狭窄は脊髄損傷発生リスクを高める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 171

    運動中の体温上昇について、熱産生の多くは心筋、肝臓などの不随意筋で生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 172

    運動中の体温上昇について、熱放散能の低下によるものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 173

    運動中の体温上昇について、運動強度に比例した産熱量の上昇による。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 174

    運動中の体温上昇について、年齢、性別によって異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 175

    運動中の体温上昇について、運動中の体温(深部体温)が気温や湿度に影響されることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 176

    頚椎椎間板ヘルニアについて、頚椎椎間板内の髄核が前方に突出し神経を圧迫して発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 177

    頚椎椎間板ヘルニアについて、第5頚椎・第6頚椎間に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 178

    頚椎椎間板ヘルニアについて、神経根が圧迫されると上肢への放散痛が出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 179

    頚椎椎間板ヘルニアについて、下位頚椎に発生した場合、握力の低下を呈することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 180

    頚椎椎間板ヘルニアについて、神経根型は自然寛解しにくいため手術を必要とすることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 181

    走動作のバイオメカニクスについて、走動作は両脚支持期のない点で歩行と異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 182

    走動作のバイオメカニクスについて、走スピードはピッチのみによって決定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 183

    走動作のバイオメカニクスについて、発育発達において走速度はストライドと平行して発達する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 184

    走動作のバイオメカニクスについて、位置エネルギーと運動エネルギーの増減は逆位相になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 185

    走動作のバイオメカニクスについて、走運動では筋・腱の弾性エネルギーが再利用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 186

    足関節の靭帯について、前距腓靭帯は足関節を安定させる靭帯である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 187

    足関節の靭帯について、踵腓靭帯は距骨下関節の安定には関係ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 188

    足関節の靭帯について、後距腓靭帯は三角靭帯の一部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 189

    足関節の靭帯について、二分靭帯は脛腓間の安定に重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 190

    足関節の靭帯について、三角靭帯には浅層と深層の線維がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 191

    ドーピングコントロールについて、オリンピック競技大会でドーピングが発覚したのは、1988年のソウルオリンピック以降である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 192

    日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)のアジア地域事務所である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 193

    ドーピングはスポーツの価値を損ねる行為なので禁止されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 194

    ドーピングコントロールについて、WADA規程には8つの国際基準がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 195

    ドーピングコントロールについて、選手がドーピング検査を拒否しても制裁を受けることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 196

    骨化性筋炎について、筋挫傷後に起こりやすい合併症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    骨化性筋炎について、大腿前面の骨化性筋炎では膝の伸展制限が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 198

    骨化性筋炎について、筋挫傷後、骨化部は受傷後3週間以降にエックス線でみられることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    骨化性筋炎について、他動的な関節可動域訓練は痛みを生じない程度に愛護的に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 200

    骨化性筋炎について、骨化部は3か月以内に完全に吸収されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 201

    反復性肩関節脱臼について、関節窩前方部の関節唇の剥離を伴う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 202

    反復性肩関節脱臼について、外傷性肩関節脱臼に続発して反復性になるものをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 203

    反復性肩関節脱臼について、10代での初回脱臼は反復性に移行しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 204

    反復性肩関節脱臼について、根治には手術が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 205

    反復性肩関節脱臼について、術式の選択には、スポーツ種目やポジションを考慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 206

    運動による機械的刺激は骨密度を上昇させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 207

    水の抵抗のため競泳選手の骨密度は比較的高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 208

    女子長距離ランナーにおいては、体脂肪の減少からエストロゲン分泌量の減少により骨密度が低い傾向にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 209

    骨に対する衝撃や骨のたわみが、運動に伴う骨密度増加の要因と考えられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 210

    レジスタンストレーニングでは、重力に伴う衝撃が小さいため骨密度は増加しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 211

    腰椎は5個、胸椎は12個、頚椎は7個の椎骨から構成されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 212

    脊柱を側面からみると頚椎は前弯、胸椎は後弯、腰椎は前弯している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 213

    Q-angleとは大腿骨軸と下腿軸のなす角度をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 214

    carrying angleとは上腕と前腕(回外位)からなるアライメントをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 215

    足部には縦のアーチ(内側と外側)と横のアーチがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 216

    コンディショニングと栄養補給について、水溶性ビタミンについては多量の発汗により汗から失われるものが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 217

    コンディショニングと栄養補給について、アスリートでは、ビタミンB1が不足することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 218

    コンディショニングと栄養補給について、抗酸化物質は活性酸素から身体の構成成分を守る働きをする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 219

    コンディショニングと栄養補給について、食事由来の抗酸化物質は、主に動物性の食品に多く含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 220

    コンディショニングと栄養補給について、水溶性ビタミンは過剰に摂取した分は尿中に排泄されるため、毎日の摂取が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 221

    バーナー症候群について、コンタクトスポーツ競技での発生頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 222

    バーナー症候群について、ストレッチ損傷と神経根圧迫損傷がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 223

    バーナー症候群について、損傷部位は脳、脊髄、神経根、腕神経叢と様々である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 224

    バーナー症候群について、上肢に焼けつくような痛みが出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 225

    バーナー症候群について、腕神経叢の牽引や直接圧迫によっても発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 226

    ウイルス性結膜炎は主として飛沫により他の人へ感染する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 227

    咽頭結膜熱は、プール熱とも呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 228

    咽頭結膜熱は、呼吸器や消化管などにも炎症を起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    流行性角結膜炎では全身症状を伴う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 230

    ウイルス性結膜炎は、学校保健法では症状が消えれば出席可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 231

    動的筋持久力はある重量を挙上する時間から求める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 232

    有酸素的筋持久力と毛細血管密度は無関係である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 233

    静的筋持久力は等速性筋力の持続力から推定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 234

    無酸素的筋持久力においてはATP再合成速度が重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 235

    筋持久力の高い選手の筋中酸化系酵素活性は低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 236

    舟状骨骨折について、手関節の背屈強制の機会が多いスポーツで好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 237

    舟状骨骨折について、解剖学的嗅ぎタバコ入れの腫脹と圧痛が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 238

    舟状骨骨折について、見逃されやすい外傷であるが、放置しても影響はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 239

    舟状骨骨折について、受傷後早期の単純エックス線像で診断が容易である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 240

    舟状骨骨折について、早期復帰を要する競技者には、外固定を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 241

    摂食障害の簡易なチェックリストとしてEAT-26がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 242

    摂食障害は、無月経や稀発月経を引き起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 243

    日本骨代謝学会の原発性骨粗鬆症の診断基準では、骨密度の基準として若年成人平均値に対して70%未満を骨粗鬆症としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 244

    マグネシウムを多量に摂取した場合に下痢を引き起こすことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 245

    栄養素は「より多くとれば、より効果が大きい」とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 246

    肘関節の解剖・運動について、内側側副靭帯は、前斜走線維と後斜走線維および横走線維からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 247

    肘関節の解剖・運動について、上肢の基本肢位は、上腕に対し前腕はやや外反している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 248

    肘関節の解剖・運動について、手関節屈曲・前腕回内筋群は、上腕骨外側上顆から起始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 249

    肘関節の解剖・運動について、上腕三頭筋は肘頭に付着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 250

    肘関節の解剖・運動について、肘関節の前面には上腕動脈が正中神経とともに走行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 251

    ドーピングコントロールについて、漢方薬は自然の生薬なので、禁止物質を含んでいる心配がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 252

    ドーピングコントロールについて、禁止物質の中には、競技能力を強化する作用のない物質もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 253

    ドーピングコントロールについて、禁止物質がサプリメントに含まれていることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 254

    ドーピングコントロールについて、特定競技で禁止される物質もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 255

    ドーピングコントロールについて、治療目的使用に係る除外措置(TUE)は医師の診断書を添付しても承認されることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 256

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、重心の上昇高は足が地面から離れた瞬間の速度には関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 257

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、垂直跳びの地面反力は常に重力と釣り合っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 258

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、跳躍では、腕の振り込みや反動動作は役に立たない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 259

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、ドロップジャンプの台の高さは着地後の跳躍高に影響を与えない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 260

    跳躍動作のバイオメカニクスについて、ホッピングでは下肢の筋腱複合体の伸張と短縮が繰り返される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 261

    鼻中隔骨折では軟膜下に血腫が溜まらないようによく鼻をかむとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 262

    鼻骨骨折では早期なら徒手整復できることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 263

    鼻出血の好発部位は前鼻部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 264

    水っぽい鼻出血がつづく場合は、鼻タンポンを挿入する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 265

    鼻骨骨折のエックス線診断では鼻骨撮影2方向やCT撮影が適する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 266

    呼吸器感染症について、持久性競技者で上気道炎の発生が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 267

    呼吸器感染症について、粘膜免疫系の主体をなす分泌型免疫グロブリンは、IgAである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 268

    呼吸器感染症について、鉄欠乏性貧血があると、白血球の殺菌力が低下しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 269

    呼吸器感染症について、インフルエンザの主な感染経路は、飛沫吸入である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 270

    呼吸器感染症について、インフルエンザの発熱に対して、アスピリンが用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 271

    手関節について、可動域は背屈よりも掌屈が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 272

    手関節について、背屈運動の可動域は、手根中央関節よりも橈骨手根関節で大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 273

    手関節について、三角線維軟骨複合体(TFCC)は、遠位橈尺関節の安定性や尺側手根骨の支持機構にも関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 274

    手関節について、可動域は、尺屈よりも橈屈が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 275

    手関節について、近位手根骨列は舟状骨、月状骨、有鉤骨、三角骨である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 276

    注意集中とは、対象そのものに注意を向け、雑念や妨害刺激にとらわれずに、その注意を状況に応じて切り替え、かつ持続させる能力である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 277

    スポーツにおける注意集中は、外的な刺激と自分自身の内的なものをコントロールして、いかに高いパフォーマンスを発揮するかという集中である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 278

    集中力には、注意の対象や範囲、方向、切り替えなどの認知的な心理学の側面がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 279

    練習で身につけた技術や戦術をいかに発揮するかというパフォーマンス変数としての集中力は運動方法学の側面であり心理学の側面ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 280

    集中力(注意集中)につい、観衆の声援やヤジが気になった、大事な場面で迷ってしまったなど、情動的なものをコントロールするのも心理学的側面である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 281

    椎間板は主に垂直方向の力を受けるが、3/4を髄核が、残り1/4を線維輪が受け持っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 282

    腰椎の安定化に関与する靭帯には、前縦靭帯、後縦靭帯、棘間靭帯、棘上靭帯および青色靭帯がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 283

    腰部の運動に関与する筋のうち、反対側への回旋時に収縮するのは内腹斜筋と脊柱起立筋である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 284

    第12胸椎から第1仙椎までを合わせた関節可動域のうち、前後屈運動の約60%の運動は、第4腰椎と第5腰椎間で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 285

    腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)は股関節の屈筋であるが、下肢が固定された場合、腰椎を屈曲させる作用を持っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 286

    最大収縮時には負荷が大きければ大きな力が発揮されるが、収縮速度は遅くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 287

    最大収縮時には負荷が軽ければ収縮速度は遅くなり、発揮される力は減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 288

    パワーは仕事量を時間で除した値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 289

    仕事量は力と収縮時間の積として計算される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 290

    力と収縮速度の積が最大の時に最大パワーが出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 291

    前十字靭帯損傷に対する再建材料として、自家骨付膝蓋腱や半腱様筋腱を使用することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 292

    前十字靭帯再建術後、3~4か月でスポーツ復帰を許可される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 293

    半月板を損傷すると治癒しにくいため、手術療法により切除する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 294

    膝のスポーツ外傷について、単独内側側副靭帯損傷に対して、通常は手術治療を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 295

    膝のスポーツ外傷について、損傷軟骨に対する手術治療は様々な方法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 296

    サプリメントの使用によって、健康状態に悪影響が起こることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 297

    栄養エルゴジェニックとして市販されているサプリメントは、科学的な裏付けがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 298

    厚生労働省では、サプリメントを「食品」と分類している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 299

    サプリメントは薬事法により定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 300

    サプリメントについて、「栄養機能食品」には、栄養成分含有表示や栄養成分機能表示が義務付けられていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 301

    肘関節内側側副靭帯損傷について、繰り返す微細損傷による靭帯変性が障害の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 302

    肘関節内側側副靭帯損傷について、合併障害として上腕骨外側上顆炎がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 303

    肘関節内側側副靭帯損傷について、画像診断としてMRIが有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 304

    肘関節内側側副靭帯損傷について、外反ストレステストで肘関節の内側が開大し疼痛を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 305

    肘関節内側側副靭帯損傷について、投球時痛が持続する場合、靭帯再建術の適応となる場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 306

    試合前の食事について、グリコーゲンローディングの実施によって、筋肉中のグリコーゲン量はおよそ5倍以上となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 307

    試合前の食事について、グリコーゲンローディングの実施によって、肝グリコーゲン量は約4倍に増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 308

    試合前の食事について、「高糖質食」とは、1日の総摂取エネルギー量の70%以上を糖質、脂質を15%以下、たんぱく質を15%前後の比率にする食事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 309

    試合前の食事について、グリコーゲンローディングによってグリコーゲンを蓄えるときに、水も一緒に蓄えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 310

    試合前には高糖質食にするため、肉類や魚の摂取量をできるだけ少なくする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 311

    肩甲上腕関節について、股関節と同様に球関節に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 312

    肩甲上腕関節について、股関節と比べて骨頭に対する臼蓋(関節窩)の割合が小さく、可動域が大きいなどより機能的な関節である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 313

    肩甲上腕関節について、動的安定化機構には、腱板筋群と上腕二頭筋長頭腱が重要な役割を果たしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 314

    肩甲上腕関節について、関節上腕靭帯などの軟部組織がその安定性に大きく関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 315

    肩甲上腕関節について、反復性肩関節脱臼で骨性要素が壊れることはまれである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 316

    気管支喘息について、症状が変動しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 317

    気管支喘息について、症状の増悪因子として、ストレス、気道感染、香水の香り、薬物などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 318

    気管支喘息について、代表的な薬物療法は吸入β2作用薬と吸入ステロイド薬の使用がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 319

    気管支喘息について、運動誘発性気管支攣縮は、温かく湿度の高い環境で出現しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 320

    気管支喘息について、運動前に気管支喘息発作を起こしている時は、運動をやめさせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 321

    高齢者の身体的特徴について、骨の強度の変化は男女とも大きな差はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 322

    高齢者の身体的特徴について、変形性関節症は男性に多く発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 323

    高齢者の身体的特徴について、脊柱管は椎間板の変性によって椎体の骨棘が形成され狭くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 324

    高齢者の身体的特徴について、中枢神経系や感覚器の機能低下により転倒しやすくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 325

    高齢者の身体的特徴について、筋力や筋量は減少し、筋損傷の発生率は低くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 326

    除脂肪体重には骨格筋、内臓、骨の重量が含まれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 327

    精度よく体脂肪量を推定できる方法に水中体重法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 328

    皮下脂肪厚法は簡便であるが測定者に経験(熟練度)が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 329

    脂肪の局所的な分布を測定するには超音波法が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 330

    インピーダンス法は、脂肪細胞の電気抵抗が他の細胞と比べて低いことを利用している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 331

    大腿四頭筋の肉ばなれについて、中間広筋に生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 332

    大腿四頭筋の肉ばなれについて成長期には下前腸骨棘の裂離骨折をみることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 333

    大腿四頭筋の肉ばなれについて完全断裂では受傷直後に欠損部に陥凹を触れることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 334

    大腿四頭筋の肉ばなれについて最も受傷しやすいのは、股関節屈曲位・膝関節伸展位の時である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 335

    大腿四頭筋の肉ばなれについて「尻上がり現象」は内側広筋の肉ばなれを疑う兆候の1つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 336

    熱中症について、熱射病は、高体温と種々の程度の意識障害が特徴である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 337

    熱中症について、熱けいれんは脱水とナトリウムの過剰な摂取で生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 338

    熱中症について、学校管理下の熱中症死亡事故は、6月に多発している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 339

    熱中症について、高温や多湿など熱放散が制限されると起きやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 340

    熱中症について、学校管理下では、熱中症の発生は9割が女性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 341

    下腿のストレッチングにおいて、膝関節伸展位で足関節背屈した際に最も伸張される筋は後脛骨筋である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 342

    下腿のストレッチングにおいて、膝関節伸展位で足関節背屈した際に最も伸張される筋は前脛骨筋である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 343

    下腿のストレッチングにおいて、膝関節伸展位で足関節背屈した際に最も伸張される筋は腓腹筋である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 344

    下腿のストレッチングにおいて、膝関節伸展位で足関節背屈した際に最も伸張される筋はヒラメ筋である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 345

    下腿のストレッチングにおいて、膝関節伸展位で足関節背屈した際に最も伸張される筋は長趾屈筋である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 346

    骨の成長には、甲状腺ホルモンは影響しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 347

    アスリートに推奨されている炭水化物の摂取量は、体重1kgあたり7~10gである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 348

    運動によるたんぱく質の分解は、血液中のクレアチンキナーゼ(CK)活性や尿中3-メチルヒスチジン排泄量などが指標となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 349

    脂質のエネルギーが摂取エネルギーに占める割合は、減量中でなければ、20%以下が目安になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 350

    減量を行う際の基本原則は、エネルギー消費量よりもエネルギー摂取量を低くすることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 351

    呼吸器系には呼吸中枢が含まれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 352

    肺で外気より酸素を体内に取り込み、体内で産生された二酸化炭素を排泄することを内呼吸という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 353

    生体内で二酸化炭素は肺で産生される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 354

    競技者の酸素摂取量は、安静時250ml/分程度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 355

    競技者の酸素摂取量は、激運動時には4000ml/分以上に増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 356

    足関節や足部の障害における組み合わせについて、足関節底屈時の後足部痛―――三角骨

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 357

    足関節や足部の障害における組み合わせについて、足部外側部痛―――外脛骨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 358

    足関節や足部の障害における組み合わせについて、二分靭帯損傷―――ショパール関節

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 359

    足関節や足部の障害における組み合わせについて、足根洞症候群―――浅腓骨神経麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 360

    足関節や足部の障害における組み合わせについて、内がえし捻挫―――外側靭帯損傷

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 361

    代謝当量(METS)は、作業時代謝量を基礎代謝量で除したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 362

    主観的運動強度(RPE)は心拍数と密接に関係しているが、物理的仕事量とは無関係である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 363

    %最大酸素摂取量(%VO2max)は練習中に消費された酸素の総量の指標である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 364

    %最高心拍数(%HRmax)は安静時心拍数を考慮しており、生理的負担度として普遍的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 365

    血中乳酸濃度4mmol/lとなる時点の運動強度をOBLAという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 366

    肩腱板損傷は、成長期に特有のスポーツ障害である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 367

    肘内側上顆裂離骨折は、成長期に特有のスポーツ障害である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 368

    分裂膝蓋骨は、成長期に特有のスポーツ障害である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 369

    Osgood-Schlatter病は、成長期に特有のスポーツ障害である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 370

    外反母趾は、成長期に特有のスポーツ障害である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 371

    水中体重法は、水中で体重計にのることで測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 372

    インピーダンス法は、発汗後の脱水の状態においても正確に測定できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 373

    体水分法はからだの水分量を測定することで除脂肪量を推定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 374

    身体組成の測定法について、二重X線吸収法は、からだの大きなアスリートを測定する場合、脂肪が過大に評価される可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 375

    身体組成の測定法について、体密度法は、身体を脂肪と筋肉の2つに分けて考えた方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 376

    距骨離断性骨軟骨炎について、距骨滑車内側では後方に生じることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 377

    距骨離断性骨軟骨炎について、距骨滑車外側に生じることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 378

    距骨離断性骨軟骨炎について、診断にはMRIが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 379

    距骨離断性骨軟骨炎について、鏡視下で変性軟骨を切除するだけで症状が改善することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 380

    距骨離断性骨軟骨炎について、手術ではドリリングや病巣掻爬、骨釘移植、骨軟骨移植などが行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 381

    適切な目標は、選手の不安を軽減したり、自信を持たせたり、集中させたり、満足感を与えるなど、心理面に与える影響が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 382

    詳しくて具体的な目標ではなく、一般的で抽象的な目標を設定すると選手のやる気が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 383

    現実的で挑戦的な目標や勝敗目標よりもプレー目標を設定するとよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 384

    個人目標よりもチーム目標を設定し、短期目標より長期目標を大切にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 385

    目標設定は、選手の外発的な動機づけの役割を果たし、練習の量を高めることに有効に働く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 386

    耳は外耳、中耳、内耳の3つの部分に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 387

    内耳と口腔内は、耳管で通じている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 388

    外傷による外耳出血では出血量自体が問題になることは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 389

    新鮮な耳介血腫では切開やドレナージ後に圧迫を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 390

    鼓膜穿孔は、感染を防げば自然治癒することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 391

    最大酸素摂取量の意義や活用について、体格の差を排除するため、体重1kg当たりの相対値(ml/kg/分)で表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 392

    最大酸素摂取量の意義や活用について、最大酸素摂取量は局所的な持久力を示す指標である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 393

    最大酸素摂取量の意義や活用について、トレーニングによる最大酸素摂取量の改善率は40%以上に達する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 394

    最大酸素摂取量とは、1分間に生体が取り込む酸素の量である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 395

    最大酸素摂取量は1回心拍出量と心拍数の積である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 396

    下腿の疲労骨折について、高齢者に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 397

    下腿の疲労骨折について、長距離選手に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 398

    下腿の疲労骨折について、発症早期にはエックス線で変化が描出されないことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 399

    下腿の疲労骨折について、腓骨の疾走型疲労骨折は腓骨近位にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 400

    下腿の疲労骨折について、脛骨の跳躍型疲労骨折は脛骨中央にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 401

    ローパワーの測定法について、20mシャトルランテストは最大酸素摂取量を過大評価する可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 402

    ローパワーの測定法について、長距離ランナーには、自転車エルゴメータを用いるべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 403

    ローパワーの測定法について、フィールドテストでは最大酸素摂取量を求めることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 404

    ローパワーの測定法について、対象者の特性に関係なく、測定負荷方法は統一すべきである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 405

    足関節外側靭帯損傷について、前距腓靭帯が損傷することは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 406

    足関節外側靭帯損傷について、踵腓靭帯単独での損傷が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 407

    足関節外側靭帯損傷について、新鮮損傷においては外固定の必要性はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 408

    足関節外側靭帯損傷について、後距腓靭帯は前距腓靭帯や踵腓靭帯に比べると損傷を受けにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 409

    足関節外側靭帯損傷について、軟骨損傷の合併に注意を払う必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 410

    成長期のスポーツ指導で注意すべきことについて、どんなトレーニングも小学校入学前から開始したほうが効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 411

    成長期のスポーツ指導で注意すべきことについて、一種目ではなく、数種目のスポーツをさせるのが理想的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 412

    成長期のスポーツ指導で注意すべきことについて、突然死など危険を回避するために、12~14歳の年齢では呼吸・循環系のトレーニングは控える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 413

    成長期のスポーツ指導で注意すべきことについて、ファストフードや既製品の摂取による貧血に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 414

    成長期のスポーツ指導で注意すべきことについて、食物依存性運動誘発性アナフィラキシーでは、死に至ることもある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 415

    踵骨に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 416

    脛骨中央に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 417

    腓骨遠位に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 418

    第2中足骨に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 419

    第5中足骨に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 420

    筋収縮の直接的なエネルギー源は炭水化物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 421

    非乳酸性機構のエネルギー供給速度は無限である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 422

    乳酸性機構では代謝産物として乳酸が産生される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 423

    有酸素性機構のエネルギー供給速度は乳酸性機構よりも速い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 424

    持続時間が長い持久的な運動ほどパワーが大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 425

    腰椎分離症は、発育期の過度なスポーツ活動が原因となることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 426

    腰椎分離症では、後屈時より前屈時に痛みが増悪することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 427

    筋・筋膜性腰痛症の単純エックス線画像では、「テリアの首輪」がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 428

    筋・筋膜性腰痛症に理学所見はないので、診断の際に下肢伸展拳上(SLR)テストや腱反射などの神経学的検査は省略してもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 429

    筋・筋膜性腰痛症と診断されていても、経過中に別の疾患の可能性も考えておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 430

    ATP-CPr系は無酸素系である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 431

    ATP-CPr系が最大限に動員されると、7~8秒で筋内のクレアチンリン酸が枯渇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 432

    エネルギー供給系とはATPを利用してADPを再合成する過程である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 433

    1分30秒~3分の最大運動では、解糖系と有酸素系が主たるエネルギー供給系である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 434

    解糖系では反応に酸素を必要とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 435

    人間の血液量は体重の7~8%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 436

    外傷により生じるショックのうち出血性ショックは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 437

    体内の血液の20%が急速に失われると出血性ショックとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 438

    出血性ショックをきたす内出血の部位は頭蓋、胸腔、腹腔、後腹膜の4か所である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 439

    出血量の類推に脈拍数は参考にならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 440

    大きな力を必要とする筋力発揮に関与するのは神経支配比が小さな運動単位である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 441

    Fタイプ運動単位はSタイプに比べ軸索伝導速度が速い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 442

    運動単位とその動員様式について、1個の運動ニューロンとそれが神経支配する筋線維群を運動単位という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 443

    運動単位とその動員様式について、Sタイプ運動単位は疲労耐性があり、遅筋線維を有している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 444

    運動単位とその動員様式について、軽度の負荷の場合、Sタイプ運動単位が選択的に動員される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 445

    世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の禁止表国際基準は4年に1回の改訂である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 446

    禁止表国際基準で禁止されるのは、物質と方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 447

    禁止物質は治療目的使用に係る除外措置(TUE)を提出すれば使用できるようになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 448

    医師から処方される薬はドーピング違反にならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 449

    ドーピング検査は尿検査と血液検査がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 450

    腰椎椎間板ヘルニアについて、好発年齢は50歳代である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 451

    腰椎椎間板ヘルニアについて、椎間板内圧は座位より立位で高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 452

    腰椎椎間板ヘルニアについて、髄核の移動による神経の圧迫で疼痛や麻痺症状が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 453

    腰椎椎間板ヘルニアについて、下肢伸展拳上(SLR)テストは、被験者を腹臥位にして実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 454

    腰椎椎間板ヘルニアについて、逃避性側弯を呈する場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 455

    一般人と比較した競技者の月経について、月経周期異常が少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 456

    一般人と比較した競技者の月経について、一般的に初経の発来が早い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 457

    一般人と比較した競技者の月経について、初経発来には体脂肪率が17%以上必要とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 458

    一般人と比較した競技者の月経について、月経痛は軽いことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 459

    一般人と比較した競技者の月経について、スポーツパフォーマンスは、月経前・月経中よりも月経後10日間が最もよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 460

    Jone’s骨折は第2中足骨基部の骨折である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 461

    踵骨疲労骨折では通常、手術は不要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 462

    舟状骨疲労骨折の治療では免荷が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 463

    外反母趾傾向がみられる場合、母趾末節骨に疲労骨折が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 464

    足関節内果疲労骨折は通常のエックス線撮影で容易に診断できることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 465

    競技者のトレーニングについて、青年期競技選手の年間トレーニングにおいては、通常準備期として3~5か月間が設定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 466

    競技者のトレーニングについて、体力の増進が最も強調されるのは試合期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 467

    競技者のトレーニングについて、有酸素性トレーニングとして最も効果的な方法は、高強度、短時間の間欠的運動である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 468

    競技者のトレーニングについて、トレーニング内容に加えて、原理・原則も非競技者と異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 469

    競技者のトレーニングについて、移行期には、より専門性(競技特異性)の高いトレーニングを実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 470

    上腕骨外側・内側上顆炎について、テニス肘やゴルフ肘と呼ばれるものも多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 471

    上腕骨外側・内側上顆炎について、内側上顆炎の診断に、Thomsen テストや中指伸展テストが有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 472

    上腕骨外側・内側上顆炎について、エックス線やMRIの診断的価値はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 473

    上腕骨外側・内側上顆炎について、外側上顆炎に対する手関節伸筋群のストレッチは有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 474

    上腕骨外側・内側上顆炎について、治療は保存療法が原則で、手術を要することはまれである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 475

    スポーツの心血管系への影響について、心臓への負荷は、圧負荷と容量負荷に大別される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 476

    スポーツの心血管系への影響について、筋肉へより多くの酸素を供給することを要求されるのが、圧負荷になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 477

    スポーツの心血管系への影響について、最大筋力の高さを求めるものが、容量負荷となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 478

    スポーツの心血管系への影響について、トレーニングでもたらされる生理的左室肥大は、トレーニングの中止で復する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 479

    スポーツの心血管系への影響について、競技者の安静時心電図では、頻脈性不整脈が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 480

    膝の半月板について、膝の屈伸で動かず、適合性を維持している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 481

    膝の半月板について、荷重の伝達・分散、膝の安定、関節の潤滑などの役割がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 482

    膝の半月板について、一般に外側半月板に比して内側半月板は可動性が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 483

    膝の半月板について、硝子軟骨である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 484

    膝の半月板について、断面はくさび状である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 485

    マルファン症候群について、結合組織の代謝異常をきたす疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 486

    マルファン症候群について、大動脈弁狭窄症を90%の患者に認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 487

    マルファン症候群について、両側性硝子体脱臼を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 488

    マルファン症候群について、指極間長(アームスパン)は身長より長いことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 489

    マルファン症候群について、罹患期間によってスポーツ参加の可否が定められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 490

    セルフトークについて、自己への語りかけである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 491

    セルフトークの目的は、技術習得、悪い習慣の修正、現在に意識を向ける、感情や気分を変える、努力増進、自己効力感向上などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 492

    セルフトークについて、認知行動療法の影響を全く受けないと考えられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 493

    プラスとマイナスのセルフトークがあるが、物事をどう解釈するかで情動的反応に影響をすることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 494

    手・指の外傷について、キーンベック病は、主にスポーツが誘因となる例が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 495

    手・指の外傷について、有鉤骨骨折は、保存療法で容易に骨癒合が得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 496

    手・指の外傷について、深指屈筋腱裂離損傷は、ラグビーなどで相手のシャツをつかんだまま振り払われたときに発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 497

    手・指の外傷について、ギオン管症候群は、尺骨神経の急性・慢性圧迫により発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 498

    手・指の外傷について、手根管症候群は、手関節の橈屈・尺屈を繰り返す競技に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 499

    ローパワーの測定法について、自転車エルゴメータより、トレッドミルで求めた最大酸素摂取量の値の方が5〜15%程度大きい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56900

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ