zuknow learn together

新しい教材を作成

刑法 第一編 総則 第五章

カード 9枚 作成者: toshiki (作成日: 2013/12/06)

  • (仮釈放) 第二十八条 

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    (仮釈放) 第二十八条 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 懲役又は禁錮に処せられた者に改悛の状があるときは、有期刑についてはその刑期の三分の一を、無期刑については十年を経過した後、行政官庁の処分によって仮に釈放することができる。

    解説

  • 2

    (仮釈放の取消し) 第二十九条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 次に掲げる場合においては、仮釈放の処分を取り消すことができる。

    解説

  • 3

    第二十九条 第一号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仮釈放中に更に罪を犯し、罰金以上の刑に処せられたとき。

    解説

  • 4

    第二十九条 第二号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仮釈放前に犯した他の罪について罰金以上の刑に処せられたとき。

    解説

  • 5

    第二十九条 第三号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仮釈放前に他の罪について罰金以上の刑に処せられた者に対し、その刑の執行をすべきとき。

    解説

  • 6

    第二十九条 第四号  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仮釈放中に遵守すべき事項を遵守しなかったとき。

    解説

  • 7

    第二十九条  第2項 

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  仮釈放の処分を取り消したときは、釈放中の日数は、刑期に算入しない。

    解説

  • 8

    (仮出場) 第三十条  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拘留に処せられた者は、情状により、いつでも、行政官庁の処分によって仮に出場を許すことができる。

    解説

  • 9

    第三十条  第2項 

    補足(例文と訳など)

    答え

    •  罰金又は科料を完納することができないため留置された者も、前項と同様とする。

    解説

56726

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ