zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H24 基礎 (1~20)

カード 100枚 作成者: AT KnowHow (作成日: 2014/10/22)

  • 柔軟性に影響するものは、骨の形状、関節、筋の緊張のみである

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

受験生の皆さん、試験お疲れ様でした! こちらのアプリも皆さんの試験対策の一助になっていれば幸いです。 いくつかの暗記帳は、「公開」設定で、どなたでもチャレンジできるように残しておきます。 最新の問題や、「KnowHow」グループで作成した模擬問題などチャレンジしたい方は、facebookグループへの登録、もしくは下記アドレスへ qat.t.s.14@gmail.com 氏名と出身(在籍)校または養成講習、ペーパー試験受験年度をご連絡頂けましたら、使用できるように設定します。 以下グループの紹介です。 AT養成校 卒業生向け、AT試験対策グループ『KnowHow』 養成校卒業後、AT資格取得を目指す卒業生をサポートするグループ。 facebookアカウントをお持ちの方は、 こちらのグループへの参加をお待ちしています。 https://www.facebook.com/groups/knowhow.at/ グループマスター 佐藤哲史(JASA-AT) https://www.facebook.com/tetsushi.satou

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    柔軟性に影響するものは、骨の形状、関節、筋の緊張のみである

    補足(例文と訳など)

    • T5 P44 疲労や術後、成長など多くの要因が影響する

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    SLR (Straight Leg Raising)テストはハムストリングスのタイトネスも評価出来る

    補足(例文と訳など)

    • T5 P44

    答え

    解説

  • 3

    FNS(Femoral Nerve Stretching)テストは大腿四頭筋のタイトネスも評価できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    ストレッチングは準備運動だけでなく、筋・腱のコンディションの評価にもなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    成長、疲労が筋・腱の柔軟性に影響を及ぼすが、老化は影響しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    女性競技者の注意すべき障害として、摂食障害、月経異常、骨粗鬆症がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    性別による筋力トレーニングの効果の差には性ホルモンが関係している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    女性競技者では、続発性無月経は少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 9

    体脂肪率は月経異常と関係しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 10

    女性競技者は男性競技者と比べ鉄欠乏性貧血になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    腓腹筋の肉ばなれについて 求心性筋収縮の時に起きやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 12

    腓腹筋の肉ばなれについて 内側頭に起きやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    腓腹筋の肉ばなれについて MRI 画像は有用である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    腓腹筋の肉ばなれ テニスのサーブの時に生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    腓腹筋の肉ばなれ 救急処置の際、固定角度は足関節中間位が望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    下垂体前葉から分泌される成長ホルモンは、発育に関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    激しいトレーニングをしている競技者では、男女ともに性腺系の抑制がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    ストレスホルモンの血中濃度は、運動中の血中乳酸の増加とともに急激に増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    運動によるカテコールアミン分泌の亢進によって遊離脂肪酸の動員が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    運動はインスリン作用を増強させて、筋への糖の取り込みを抑制する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    耳について 耳は耳介から鼓膜までの外耳・耳小骨を入れた内耳・蝸牛や三半規管を持つ中耳の3つから成る。

    補足(例文と訳など)

    • T3 P188

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    耳について 迷路振とう症では、はじめ高音部が聞き取れない。

    補足(例文と訳など)

    • T3 P188

    答え

    解説

  • 23

    耳について 鼻骨骨折では中耳や外耳道が損傷されることがある。

    補足(例文と訳など)

    • T3 P189

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    耳について 高飛び込み・潜水・登山では、空気圧変化による内耳損傷が起きることがある。

    補足(例文と訳など)

    • T3 P189

    答え

    解説

  • 25

    耳について 「頭を動かすとめまいがする」なら、耳の問題というより中枢性のめまいである。

    補足(例文と訳など)

    • T3 P190

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    貧血について 血中 Hb と最大酸素摂取量は相関する。

    補足(例文と訳など)

    • T4 P20

    答え

    解説

  • 27

    貧血について 鉄欠乏性貧血では、経口鉄剤の摂取から 1 週間程度で Hb が正常化する。

    補足(例文と訳など)

    • T4 P19

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    貧血について アスリートによくみられる貧血は再生不良性貧血である。

    補足(例文と訳など)

    • T4 P17

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    貧血について 貧血の治療は Hb の値に関わらず、まず鉄剤の注射を行うのが良い。

    補足(例文と訳など)

    • T4 P19

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    貧血について 成長期のアスリートや女性アスリートは鉄欠乏性貧血になりやすい。

    補足(例文と訳など)

    • T4 P18

    答え

    解説

  • 31

    腰椎の椎体は、前方は前縦靭帯、後方は後縦靭帯により、それぞれ補強されている。

    補足(例文と訳など)

    • T2 P50

    答え

    解説

  • 32

    椎間板は主に垂直方向の力を受けるが、1/2 を髄核が、残り1/2 を線維輪が受け持って いる。

    補足(例文と訳など)

    • T2 P50

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    椎間関節は前方要素の一部であり、その関節面の方向により運動の方向を決定している。

    補足(例文と訳など)

    • T2 P50

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    腰部脊柱管後方には、黄靭帯(黄色靭帯)があり、上下の腰椎の椎弓を連結し補強して いる。

    補足(例文と訳など)

    • T2 P50

    答え

    解説

  • 35

    仙腸関節は仙骨と腸骨をつなぐ関節で、前方は前仙腸靭帯で、後方は後仙腸靭帯で補強 されている。

    補足(例文と訳など)

    • T2 P52

    答え

    解説

  • 36

    水中で身体に働く力について 体積の大きい人ほど浮力が小さい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 37

    水中で身体に働く力について 水中では重力が小さくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    水中で身体に働く力について 浮心と重心の位置が横にずれていると回転が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    水中で身体に働く力について 移動スピードが大きいほど抵抗力が増す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    水中で身体に働く力について 移動スピードが大きいほど揚力が減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 41

    全身関節弛緩性について 肩・肘・手・股・膝・足関節の他に脊椎の伸展性を評価する。

    補足(例文と訳など)

    • T3 P199

    答え

    • ×

    解説

  • 42

    全身関節弛緩性について 関節弛緩性と競技特性はあまり関係がない。

    補足(例文と訳など)

    • T3 P199

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    全身関節弛緩性について 関節弛緩性を有する場合は、スポーツ外傷などが発生するリスクが高い。

    補足(例文と訳など)

    • T3 P199

    答え

    解説

  • 44

    全身関節弛緩性について 関節弛緩性は先天的要素が影響することもある。

    補足(例文と訳など)

    • T3 P199

    答え

    解説

  • 45

    全身関節弛緩性について 肩・肘・手・膝・足関節は、片側のみ陽性ならば 0.5 点とする。

    補足(例文と訳など)

    • T3 P199

    答え

    解説

  • 46

    パワーとトレーニングについて パワーアップを目的としたトレーニングは、最大速度で実施する必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 47

    パワーとトレーニングについて 最も大きなパワーが発揮されるのは、一般的に最大挙上重量の 80%程度とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    パワーとトレーニングについて 最大筋力を向上させずにパワーアップを図るためには、高重量低回数性のトレーニングを採用しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 49

    パワーとトレーニングについて 最大筋力を向上させなければ、パワーアップは不可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    パワーとトレーニングについて パワーは成した仕事を所要時間で除したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪︎

    解説

  • 51

    試合当日は、朝・昼・夕の 3 食の食事を必ずとる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 52

    試合当日の食事について、高糖質食にし、消化のよい食べ物にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    試合当日の食事について、軽食や補食に頼らないようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    試合当日の食事について、遅くとも試合開始3時間前までに食事をすませておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    試合当日の食事について、緊張して食べられない場合は、何も食べなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    スポーツ外傷・障害の特徴について、女性に多いものには、アライメントや関節弛緩性も関連する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    スポーツ外傷・障害の特徴について、成長期に多いものには、成長軟骨に由来するものに限定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 58

    スポーツ外傷・障害の特徴について、成長期には、骨の長さの成長により筋の相対的な短縮が発生し、外傷・障害の原因とな る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    スポーツ外傷・障害の特徴について、高齢者は加齢により骨密度の低下がみられるが、男女差はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    変形性膝関節症は女性よりも男性に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    超回復について、休息によって、枯渇したエネルギーの回復や損傷した筋線維の修復が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    超回復について、疲労した身体が回復する期間は、有酸素運動中心のトレーニングでは 24 時間程度、強度 の高いレジスタンストレーニングでは 72 時間程度とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 63

    同じ内容のトレーニングを継続する場合、実施頻度の高いほうが同じ期間内でのパフォ ーマンスの改善幅が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    超回復について、トレーニング頻度を落とさないためには、高負荷と低負荷のトレーニングを組み合わせ ることが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    超回復について、以前と同じレベルにまで身体機能が回復する過程は超回復とは呼ばない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    肘関節の靱帯について、外側側副靱帯は、内側側副靱帯より強固である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 67

    肘関節の靱帯について、内側側副靱帯後斜走線維は、肘関節屈曲に従い短縮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 68

    肘関節の靱帯について、内側側副靱帯は内側上顆下端後方から起始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 69

    肘関節の靱帯について、輪状靱帯は橈側側副靱帯と連続性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    肘関節の靱帯について、内側側副靱帯の前斜走線維が損傷すると肘関節外反不安定性をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    男子の除脂肪量は、思春期に著しく増大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 72

    体脂肪率に性差はみられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 73

    成人の体脂肪率は男子の方が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    男女間の体脂肪率を比較することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    体重に占める体脂肪の重量を除脂肪体重という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 76

    距骨離断性骨軟骨炎について、距骨滑車内側では前方に生じることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 77

    距骨離断性骨軟骨炎について、距骨滑車外側に生じることはない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 78

    距骨離断性骨軟骨炎について、診断には MRI が有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    距骨離断性骨軟骨炎について、治療には鏡視下ドリリングの他、骨釘移植や骨軟骨移植などが行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    距骨離断性骨軟骨炎について、関節鏡視下に変性軟骨を切除するだけでは症状が改善することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 81

    筋肉中のグリコーゲンの枯渇は血糖の低下を意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 82

    糖質を十分に摂取するための目安は、総摂取エネルギー量の 50%程度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    減少した筋グリコーゲンの回復には、1 日あたり体重 1kg あたり 5g程度の糖質が必要てある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    運動後に速やかに摂取したい糖質の量は、体重 1kg あたり 1〜1.5gが適当である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 85

    グリコーゲン貯蔵量は、運動時の体たんぱく質の分解には影響しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 86

    下腿疲労骨折について、10〜30歳代に好発するが、発症のピークは 16歳である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    下腿疲労骨折について、陸上競技の長距離選手に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    下腿疲労骨折について、初期単純エックス線像で、シンスプリントと鑑別することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 89

    下腿疲労骨折について、骨シンチグラフィーは早期発見に有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    下腿疲労骨折について、跳躍型疲労骨折は脛骨中央にみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    呼吸器感染症について、上気道から下気道にいたる急性炎症性気道疾患をかぜ症候群という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    呼吸器感染症について、かぜ症候群の多くはウイルス感染で、特にインフルエンザが主である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 93

    呼吸器感染症について、ウイルス感染後に心筋炎や胸膜炎を併発することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 94

    呼吸器感染症について、インフルエンザウイルスの主たる感染経路は飛沫感染である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 95

    呼吸器感染症について、運動量および強度が高いほど、上気道炎にかかるリスクは低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 96

    有鉤骨骨折について、有鉤骨鉤に生じることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    有鉤骨骨折について、野球中にフルスウィングで空振りやファールチップした際にグリップエンドがあたり生 じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    有鉤骨骨折について、ゴルフで地面をたたいた際に生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    有鉤骨骨折について、通常の手関節 2 方向撮影で骨折は良好に描出される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 100

    有鉤骨骨折について、保存療法は長期の固定を要し、かつ骨癒合が得られないことがあるため、骨片摘出術か選択されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56900

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ