zuknow learn together

新しい教材を作成

薬理 ②

カード 71枚 作成者: 丸山晴美 (作成日: 2014/10/21)

  • チラミン

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

ver.2

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    チラミン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミントランスポーターを介して神経終末へ入り、交感神経節後線維末端からNAd遊離

    解説

  • 2

    メトキサミン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • α1刺激、末梢血管収縮、血圧上昇

    解説

  • 3

    マプロチリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NAd再取り込み選択的阻害

    解説

  • 4

    アマンタジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DA遊離促進

    解説

  • 5

    モダフィニル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視床下部,その近傍の神経細胞活性化、GABA遊離抑制、H,DA遊離促進

    解説

  • 6

    ブクラデシンNa

    補足(例文と訳など)

    答え

    • cAMPに変化、PDE阻害

    解説

  • 7

    シベンゾリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ia群

    解説

  • 8

    ピルメノール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ia群

    解説

  • 9

    ジピリダモール

    補足(例文と訳など)

    • 血中アデノシン濃度↑→アデノシンA2受容体(Gs)刺激→血小板内cAMP↑→血小板凝集抑制

    答え

    • 血中アデノシン濃度↑、PDE阻害

    解説

  • 10

    ヒドララジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直接血管平滑筋弛緩

    解説

  • 11

    ロメリジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳血管平滑筋Ca2+チャネル遮断

    解説

  • 12

    セトラキサート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PG生合成促進、抗カリクレイン(胃酸分泌抑制)

    解説

  • 13

    フラボキサート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ca2+チャネル阻害、PDE阻害

    解説

  • 14

    イプラグリフロジン

    補足(例文と訳など)

    • ~グリフロジン
    • SGLT2は腎臓近位尿細管に局在 副作用:尿路感染・性器感染

    答え

    • SGLT2阻害→ブドウ糖の再取り込み抑制、糖の尿中排泄促進

    解説

  • 15

    メトホルミン

    補足(例文と訳など)

    • ~ホルミン
    • 副作用:乳酸アシドーシス(嫌気的解糖系の亢進による)

    答え

    • AMPキナーゼ活性化→糖新生抑制、糖利用促進

    解説

  • 16

    テトラコサクチド

    補足(例文と訳など)

    • 適応:気管支喘息、関節リウマチ、ネフローゼ症候群

    答え

    • 副腎皮質刺激ホルモン製剤

    解説

  • 17

    ガニレリクス

    補足(例文と訳など)

    • ~レリクス
    • 適応:早期排卵の防止

    答え

    • Gn-RH受容体拮抗

    解説

  • 18

    レフルノミド

    補足(例文と訳など)

    • プロドラッグ
    • ジヒドロオロテートデヒドロゲナーゼ:ピリミジン生合成に関与

    答え

    • ジヒドロオロテートデヒドロゲナーゼの活性阻害

    解説

  • 19

    ミゾリビン

    補足(例文と訳など)

    • イノシン酸デヒドロゲナーゼ:イノシン酸からグアニル酸合成に関与 リンパ球におけるプリン合成系を特異的・可逆的に阻害。DNAに取り込まれない。

    答え

    • イノシン酸デヒドロゲナーゼを競合阻害

    解説

  • 20

    ボルテゾミブ

    補足(例文と訳など)

    • *プロテアソーム:腫瘍細胞の分裂や増殖のプロセスで発生する不要なタンパクを分解する酵素 適応:多発性骨髄腫

    答え

    • ガン細胞のプロテアソーム阻害→アポトーシス誘導

    解説

  • 21

    メピチオスタン

    補足(例文と訳など)

    • 適応:乳がん

    答え

    • エストロゲン受容体競合拮抗

    解説

  • 22

    エキセメスタン

    補足(例文と訳など)

    • 適応:閉経後乳がん

    答え

    • アロマターゼ阻害

    解説

  • 23

    マラビロク

    補足(例文と訳など)

    • HIVの細胞内への侵入阻害

    答え

    • CCケモカイン受容体5阻害

    解説

  • 24

    ラルテグラビル

    補足(例文と訳など)

    • HIVゲノムの宿主細胞ゲノムへの共有結合的挿入または組込みを阻害

    答え

    • HIVインテグラーゼ阻害

    解説

  • 25

    バレニクリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニコチン受容体部分作動薬

    解説

  • 26

    アンベノニウム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ChE阻害、骨格筋Nm受容体直接刺激

    解説

  • 27

    アンブリセンタン

    補足(例文と訳など)

    • 適応:肺動脈性肺高血圧症

    答え

    • エンドセリンETa受容体遮断

    解説

  • 28

    ボセンタン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エンドセリンETa及びETb受容体遮断

    解説

  • 29

    シロスタゾール

    補足(例文と訳など)

    • 血小板凝集抑制、血管拡張作用

    答え

    • PDEⅢ阻害

    解説

  • 30

    イフェンプロジル

    補足(例文と訳など)

    • 脳血管拡張薬

    答え

    • 直接血管平滑筋弛緩、α受容体遮断、血小板凝集抑制

    解説

  • 31

    プレガバリン

    補足(例文と訳など)

    • 鎮痛薬

    答え

    • 電位依存性Ca2+チャネルのδサブユニット結合→グルタミン酸等の遊離抑制

    解説

  • 32

    アミノフィリン

    補足(例文と訳など)

    • アデノシンA1受容体(Gi)遮断→細胞内cAMP↑

    答え

    • アデノシンA1受容体遮断、PDE阻害

    解説

  • 33

    オマリズマブ

    補足(例文と訳など)

    • IgEに対するモノクローナル抗体

    答え

    • IgEと結合し複合体形成

    解説

  • 34

    ラスブリガーゼ

    補足(例文と訳など)

    • 血中の尿酸を水溶性のアラントインに変換→尿へ排泄 適応:がん化学療法に伴う高尿酸血症

    答え

    • 血中の尿酸を水溶性のアラントインに変換

    解説

  • 35

    ゴセレリン

    補足(例文と訳など)

    • Gn-RH製剤:リュープロレリン、ブセレリン、ナファレリン 適応:乳癌、前立腺癌、子宮内膜症

    答え

    • 反復投与によりGn-RH受容体脱感作

    解説

  • 36

    ゴナドレリン

    補足(例文と訳など)

    • 適応:視床下部機能低下症、下垂体LH分泌機能検査

    答え

    • 下垂体からのLH分泌↑

    解説

  • 37

    ダプトマイシン

    補足(例文と訳など)

    • 膜電位喪失→アポトーシス 抗MRSA

    答え

    • 細菌の細胞膜と結合し脱分極

    解説

  • 38

    アルベカシン

    補足(例文と訳など)

    • アミノグリコシド系抗生物質、抗MRSA 副作用:腎障害、第8脳神経障害(難聴、耳鳴り、めまい)

    答え

    • リボソーム30s、50sと結合しタンパク質合成阻害

    解説

  • 39

    エトキサバン

    補足(例文と訳など)

    • ~キサバン
    • 他、リバーロキサバン

    答え

    • 血液凝固Ⅹa因子阻害

    解説

  • 40

    ダビガトラン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液凝固Ⅱa因子阻害

    解説

  • 41

    アバタセプト

    補足(例文と訳など)

    • 適応:関節リウマチ

    答え

    • 抗原提示細胞表面のCD80/CD86に結合し、CD28を介した共刺激シグナル阻害

    解説

  • 42

    クリゾチニブ

    補足(例文と訳など)

    • 適応:ALK融合タンパクが過剰な非小細胞肺癌で、切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

    答え

    • 未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害

    解説

  • 43

    セベラマー塩酸塩

    補足(例文と訳など)

    • ポリカチオンポリマー Caを含まないリン吸着剤 適応:透析中の慢性腎不全患者における高リン血症 副作用:腸管穿孔、腸閉塞、便秘

    答え

    • 消化管内でリンと結合し、糞中リン排泄促進

    解説

  • 44

    ポリスチレンスルホン酸カルシウム

    補足(例文と訳など)

    • 陽イオン交換樹脂 副作用:高Ca血症、心血管疾患、腸管穿孔、腸閉塞、便秘 適応:急性および慢性腎不全に伴う高K血症

    答え

    • 結腸付近でCa又はNaと腸管内のKと交換し、Kを体外へ排出

    解説

  • 45

    炭酸ランタン水和物

    補足(例文と訳など)

    • Caを含まないリン吸着剤 適応:透析中の慢性腎不全患者における高リン血症

    答え

    • 消化管内でリンと結合し、糞中リン排泄促進

    解説

  • 46

    プロパンテリン

    補足(例文と訳など)

    • 4級アンモニウム化合物→消化管吸収悪い、血液脳関門通過しない(中枢作用ない) 適応:過敏大腸症

    答え

    • 抗コリン薬。

    解説

  • 47

    メペンゾラート

    補足(例文と訳など)

    • ACh及び迷走神経刺激による消化管れん縮抑制。下部消化管(結腸)に選択的に作用。 適応:過敏大腸症

    答え

    • 抗コリン薬(4級アンモニウム化合物)

    解説

  • 48

    プリフィニウム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗コリン薬(4級アンモニウム化合物)

    解説

  • 49

    ピロカルピン

    補足(例文と訳など)

    • 毛様体筋収縮→①水晶体肥厚→近視性調節麻痺②シュレム管閉塞→眼内圧↑

    答え

    • コリン作動薬(3級アミン、点眼) ムスカリン様作用>ニコチン様作用

    解説

  • 50

    グアネチジン

    補足(例文と訳など)

    • 血液脳関門通過しない→中枢作用なし

    答え

    • アミントランスポーターによって取り込まれ、NAd遊離阻害→徐々に枯渇

    解説

  • 51

    ピモベンタン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Ca2+感受性増強+PDEⅢ阻害

    解説

  • 52

    ヒドロキシカルバミド

    補足(例文と訳など)

    • 適応:慢性骨髄性白血病 副作用:骨髄抑制、間質性肺炎

    答え

    • リボヌクレオチドレダクダーゼ阻害→DNA合成阻害(S期)

    解説

  • 53

    ニコランジル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NO生成、K+チャネル開口

    解説

  • 54

    フェニレフリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • α1受容体刺激

    解説

  • 55

    エチレフリン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • α、β受容体刺激

    解説

  • 56

    ベラプロスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロスタノイドIP受容体刺激→血小板凝集抑制

    解説

  • 57

    プログルミド

    補足(例文と訳など)

    • 胃酸分泌抑制

    答え

    • ガストリン受容体遮断

    解説

  • 58

    スルピリド

    補足(例文と訳など)

    • 高用量(300~600mg/day):統合失調症 中用量(150~300mg/day):うつ病 低用量(150mg/day):消化性潰瘍

    答え

    • ドパミンD2受容体遮断

    解説

  • 59

    ベバシズマブ

    補足(例文と訳など)

    • VEGFに結合し、VEGF受容体との結合を阻害→血管新生抑制 適応:結腸・直腸癌

    答え

    • 抗血管内皮増殖因子(VEGF)ヒト化モノクローナル抗体

    解説

  • 60

    ゲムツズマブ オゾガマイシン

    補足(例文と訳など)

    • 適応:再発又は難治性のCD33陽性急性骨髄性白血病

    答え

    • カリケアマイシン結合ヒト化抗CD33モノクローナル抗体

    解説

  • 61

    ギメラシル

    補足(例文と訳など)

    • TS-1

    答え

    • ジヒドロピリミジンデヒドロゲナーゼ拮抗阻害→5-FU濃度↑

    解説

  • 62

    オテラシル

    補足(例文と訳など)

    • 5-FUから5-フルオロヌクレオチドへの生合成抑制 TS-1

    答え

    • オロチン酸ホスホリボシル基転移酵素拮抗阻害→5-FUによる消化管障害を防ぐ

    解説

  • 63

    ラミブジン

    補足(例文と訳など)

    • 適応:B型肝炎 エンテカビル、アデホビル

    答え

    • ウイルスの逆転写酵素阻害+DNAポリメラーゼ阻害

    解説

  • 64

    スマトリプタン

    補足(例文と訳など)

    • 適応:片頭痛

    答え

    • 5HT1B/1D受容体刺激→頭蓋内外の血管収縮

    解説

  • 65

    ニセリトール

    補足(例文と訳など)

    • ニコチン酸誘導体 Cho↓ TG↓ HDL↑ 副作用:空腹時投与で皮膚紅潮(血管拡張作用)、かゆみ

    答え

    • 脂肪組織における脂肪分解阻害

    解説

  • 66

    ラスブリガーゼ

    補足(例文と訳など)

    • 血液癌を抗癌剤で治療→死滅した癌細胞から大量の尿酸放出(腫瘍崩壊症候群)⇒高尿酸血症

    答え

    • 尿酸分解酵素、癌化学療法に伴う高尿酸血漿に有効

    解説

  • 67

    シナカルセト

    補足(例文と訳など)

    • 適応:維持透析下の二次性副甲状腺機能亢進症

    答え

    • カルシウム受容体刺激→PTHの生合成・分泌抑制

    解説

  • 68

    タンドスピロン

    補足(例文と訳など)

    • 非ベンゾジアゼピン系抗不安薬

    答え

    • 5HT1A受容体刺激→K+チャネル開口→過分極

    解説

  • 69

    ガベルゴリン

    補足(例文と訳など)

    • 適応:パーキンソン病(ドパミンへの変換能力が低下している患者にも有効) 副作用:悪性症候群

    答え

    • 中枢神経線条体のドパミン受容体直接刺激

    解説

  • 70

    デュタステリド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5α還元酵素阻害 テストステロンの活性化阻害→前立腺縮小

    解説

  • 71

    エタンブトール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞壁合成阻害、核酸合成阻害

    解説

57012

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ