zuknow learn together

新しい教材を作成

生命現象とタンパク質

カード 29枚 作成者: タイタン (作成日: 2014/10/17)

  • 炭素原子に、アミノ基・カルボキシ基・水素原子・側鎖が結合している有機物。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    炭素原子に、アミノ基・カルボキシ基・水素原子・側鎖が結合している有機物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミノ酸

    解説

  • 2

    アミノ酸のカルボキシ基とほかのアミノ酸アミノ基から、水分子が取り除かれてできる結合。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペプチド結合

    解説

  • 3

    アミノ酸がペプチド結合によってつながったもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペプチド

    解説

  • 4

    多数のアミノ酸からなるペプチド。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポリペプチド

    解説

  • 5

    タンパク質のアミノ酸の配列順序。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一次構造

    解説

  • 6

    水素結合などによって形成される、ポリペプチドの部分的な立体形状。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二次構造

    解説

  • 7

    二次構造がジスルフィド結合や水素結合によって立体的に配置されたタンパク質の構造。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三次構造

    解説

  • 8

    複数のポリペプチドが組み合わさってできるタンパク質の構造。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四次構造

    解説

  • 9

    加熱や強い酸・アルカリなどにより、タンパク質の立体構造が変化し、特性が変わること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変性

    解説

  • 10

    酵素が作用する物質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基質

    解説

  • 11

    酵素が、酵素の活性部位の形に合った特定の物質だけに作用する性質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基質特異性

    解説

  • 12

    酵素反応の過程で、基質が酵素の活性部位に結合してできる複合体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素-基質複合体

    解説

  • 13

    酵素活性が失われること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 失活

    解説

  • 14

    酵素の活性部位に、基質以外の物質が結合して、酵素反応が阻害されること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 競争的阻害

    解説

  • 15

    酵素の活性部位以外の部位に阻害剤が結合し、酵素の立体構造が変化することによって、酵素反応が阻害されること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非競争的阻害

    解説

  • 16

    酵素の反応速度が最大になる温度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最適温度

    解説

  • 17

    酵素の反応速度が最大になるpH。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最適pH

    解説

  • 18

    いくつかの酵素反応を受けて生成物が作られるとき、生成物がその生成にかかった酵素の働きを調節すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィードバック調節

    解説

  • 19

    酵素タンパク質が働くために必要で、酵素タンパク質から遊離しやすい低分子物質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補酵素

    解説

  • 20

    抗体として機能するY字状のタンパク質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 免疫グロブリン

    解説

  • 21

    抗原を認識したT細胞が分泌し、免疫にかかわる細胞の増殖と分化を調節するタンパク質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターロイキン

    解説

  • 22

    筋原繊維を構成する構造で、筋肉の基本的な収縮の単位。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サルコメア

    解説

  • 23

    生体膜に存在し、特定のイオンのみを選択的に通過させるタンパク質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イオンチャネル

    解説

  • 24

    生体膜に存在し、水分子を選択的に通過させるタンパク質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクアポリン

    解説

  • 25

    ATPのエネルギーを使って能動輸送を行うタンパク質の機能。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポンプ

    解説

  • 26

    細胞膜がくぼみ、小胞ができることによって、細胞外の物質が細胞内に取り込まれる作用。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エンドサイトーシス

    解説

  • 27

    細胞質の小胞が細胞膜と融合することによって、小胞内の物資が細胞外に分泌される作用。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エキソサイトーシス

    解説

  • 28

    ATPのエネルギーを利用して、細胞骨格に沿って運動し、物資を輸送するタンパク質。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モータータンパク質

    解説

  • 29

    細胞がほかの細胞や細胞外の構造と接着していると。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞接着

    解説

56979

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ