zuknow learn together

新しい教材を作成

救急02

カード 13枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/10/15)

  • 外傷初期診療で注意すべき点を述べよ。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

MEQ対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    外傷初期診療で注意すべき点を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①外傷患者の目立つ外出血や開放骨折などの損傷部位ばかりではなく、内出血を見逃さないようにする。 ②初期診療では、生理学的徴候の把握・治療が先決で、解剖学的な損傷の評価は後で行う。出血部位はCTではなく手術で確認。 ③確定診断より病態把握、局所観察より全身観察、重症度より緊急度を優先する。 ④外傷治療では、手術を初日に完遂する必要はない。止血のみで十分。

    解説

  • 2

    外傷診療におけるABCDEとは何か、説明せよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A:気道確保、頸椎保護 B:呼吸評価、致命的な胸部外傷の処置 C:循環評価、蘇生と止血 D:生命を脅かす中枢神経障害の評価 E:脱衣、体温管理

    解説

  • 3

    脳死と植物状態の違いを述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・脳死:大脳+脳幹の働き喪失、自発呼吸,ABR反応なし ・植物状態:大脳の働き喪失、脳幹は正常、自発呼吸,ABR反応あり、回復する可能性あり

    解説

  • 4

    被ばく医療における内部被ばくと外部被ばくの違いを述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・内部被ばく:放射性物質が体内に入ること ・外部被ばく:放射線を体が浴びること

    解説

  • 5

    災害医療と一般救急の違いを述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・災害医療:「限られた人的・物的資源の中で、最大多数の傷病者に最善の医療を行うことを目的とする」ものであり、1人を救命するために10人の命を失うようなことがあってはならない。 ・一般救急:日常業務が中断され、何らかの対策を講じなければならないが、資源は十分に確保されており、一人一人に全て注ぎ込むことができる。

    解説

  • 6

    救急医療におけるチーム医療について述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (?) 救命救急士、医師、看護師などで構成されており、BLSやACLSを熟知している。

    解説

  • 7

    成人のBLS(一次救命処置)の手順を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①意識の確認、呼吸or正常呼吸の評価→意識なし、呼吸なしor死戦期呼吸 ②緊急通報/AED要請 ③循環(脈拍)の確認(10秒以内)→脈拍なし  ※脈拍あり→人工呼吸 ④胸骨圧迫と人工呼吸を30:2で行う ⑤AEDにより、心リズムがショック適応なら1回行い、ただちにCPR再開。ショック不要ならCPR再開(2分ごとに心リズム確認)。

    解説

  • 8

    胸骨圧迫の手技で大切なポイントを5つ以上述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・少なくとも5cmは圧迫する。 ・少なくとも100回/分の速さで圧迫する。 ・胸郭の戻りを確認する。 ・胸骨圧迫の中断は最低限に抑える(10秒以内)。 ・2分ごとに圧迫担当を交代する。 ・胸骨圧迫と人工呼吸を30:2で行う。

    解説

  • 9

    小児と成人の蘇生で異なることを述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・圧迫の深さは前後径の1/3以上 ・緊急通報より先にCPRを行う

    解説

  • 10

    成人のACLS(二次救命処置)で使用する薬剤について述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・アドレナリン:3~5分ごとに1mg静注 ・バソプレッシン:アドレナリンの代わりに40単位静注(初回or2回目のみ) ・アミオダロン:初回300mg静注、2回目以降150mg

    解説

  • 11

    JRCの救命の連鎖を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①心停止の予防 ②早期認識と通報 ③一次救命処置 ④二次救命処置

    解説

  • 12

    AHAの救命の連鎖を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①心停止の即時の認識と救急対応システムへ迅速な出動要請 ②胸骨圧迫を重点に置いた迅速なCPR ③迅速な除細動 ④効果的な二次救命処置 ⑤心停止後ケアの統合

    解説

  • 13

    心室細動(VF)/無脈性心室頻拍(pulseless VT)におけるACLSのアルゴリズムを書け。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大声で助けを呼ぶ/救急対応システムに通報 ②CPR開始、酸素投与、モニター/除細動器を装着 ③心リズムがショック適応であることを確認 ④VF/VTならショックを実施 ⑤2分間CPRを実施 ⑥ ③〜⑤を繰り返す間に静脈路/骨髄路を確保し、薬物療法(アドレナリン3~5分ごとに1mg静注/骨髄内投与)、高度な気道確保器具の使用 ⑦難治性VF/VTに対してはアミオダロン初回300mg、治療可能な原因(5H5T)を治療

    解説

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ