zuknow learn together

新しい教材を作成

基礎第7章 精神および行動の障害

カード 64枚 作成者: michiko (作成日: 2014/10/11)

  • 認知症

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

診療情報管理士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    認知症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳疾患による症候群 ⚪︎記憶、思考、見当識、理解力、計算、学習能力、言語、判断の障害

    解説

  • 2

    統合失調症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブロイラー4Aー①感情鈍麻②無為(自閉)③両価性④連合弛緩

    解説

  • 3

    統合失調症の症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陽性症状ー①被害妄想②関係妄想③幻覚④妄想気分⑤妄想知覚 陰性症状ー①興味の喪失②自閉

    解説

  • 4

    うつ病の症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気分の低下、意欲の減退、興味の喪失、自尊心の低下、希死念慮

    解説

  • 5

    うつ病に認められる妄想

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心気妄想、貧困妄想、罪業妄想

    解説

  • 6

    恐怖症性不安障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不安から回避行動をとること。また、しばしば予期不安を伴うことが特徴

    解説

  • 7

    広場恐怖

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比較的狭い閉鎖的な空間で生じる

    解説

  • 8

    社会恐怖

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 注目を浴びる行動に不安と緊張を生じる

    解説

  • 9

    恐荒性〈パニック〉障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反復される不安発作

    解説

  • 10

    末梢神経系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左右12対の脳神経外

    解説

  • 11

    中枢神経系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 31対の脊髄神経

    解説

  • 12

    髄液

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭蓋、脊椎ともにくも膜のしたを満たす

    解説

  • 13

    対麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脊髄が腰椎レベルで完全な障害を受けたときになる

    解説

  • 14

    神経系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①体性神経系 ②自律神経系ー中枢は視床下部に存在

    解説

  • 15

    髄膜

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外側から①硬膜②くも膜③軟膜がある

    解説

  • 16

    錐体路

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 背髄前角を通る

    解説

  • 17

    広汎性発達障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自閉症 ②レット症候群 ③アスペルガー症候群

    解説

  • 18

    大脳皮質の麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①片麻痺 ②単麻痺

    解説

  • 19

    意識障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 刺激しないでも覚醒している状態 2 刺激すると覚醒する状態 3 刺激しても覚醒しない状態

    解説

  • 20

    片麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半身不随

    解説

  • 21

    対麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 両側下肢の麻痺

    解説

  • 22

    単麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一側の上肢または下肢

    解説

  • 23

    神経系の主な症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①意識障害②運動麻痺③運動失調④不随意運動⑤歩行障害⑥言語障害

    解説

  • 24

    言語障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①構音障害 ②失語症

    解説

  • 25

    運動麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①中枢性麻痺 ②末梢神経麻痺

    解説

  • 26

    急性化膿性髄膜炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軟膜の微生物感染による炎症性疾患 症状ー①頂部硬直②ケルニッヒ徴候

    解説

  • 27

    脳腫瘍

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直接性感染ー中耳、副鼻腔 血行性感染ー肺、上気道、腹部、骨盤内臓器

    解説

  • 28

    ハンチントン病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常染色体優性遺伝によって発症する神経変性遺伝 症状ー舞踏運動、30〜40代が多い

    解説

  • 29

    ALS(筋萎縮性側索硬化症)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生命予後が極めて悪い、原因不明の神経難病

    解説

  • 30

    ALSの陰性4徴候

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①感覚障害がない ②外眼筋麻痺がない ③膀胱、直腸障害がない ④褥瘡がない

    解説

  • 31

    パーキンソン病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四大徴候 ①震戦 ②固縮 ③無動 ④姿勢反射障害

    解説

  • 32

    アルツハイマー病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大脳皮質の神経細胞脱落 ②老人斑が多数出現し、認知症を呈する神経変性疾患

    解説

  • 33

    多発性硬化症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MRIで把握できる病巣の散在があり、再発と寛解を繰り返す脱髄疾患である

    解説

  • 34

    てんかん

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生後〜2歳までの間と、思春期に多く出現 ①突発性は高齢者に初発する事は稀 ②症候性は、30歳以降の発症は、症候性てんかんであることが多い

    解説

  • 35

    三叉神経

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疼痛は突発性で、電気が走るような痛みが、数秒から数分続く。 上顎神経、下顎神経領域のものが多い

    解説

  • 36

    ベル麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顔面神経麻痺(原因不明の一側性末梢神経性)

    解説

  • 37

    ギランバレー症候群(急性感染性多発神経炎)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①感冒様の前駆症状。髄液検査で蛋白細胞解離を認める②下肢から上行する弛緩性麻痺(脱力)③急性上気道感染や下痢を伴う胃腸炎感染後、運動障害を主体とする多発性末梢神経炎

    解説

  • 38

    重症筋無力症【MG】

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胸腺腫を合併することの多い神経筋接合部の疾患 初発症状ー外眼筋(複視)

    解説

  • 39

    進行性筋ジストロフィー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝性の進行性筋萎縮症状の代表的疾患 デュシェンヌ型ー2〜4才(不良) 肢帯型ー20〜30代(不良) 顔面肩甲上腕型ー成人(良)

    解説

  • 40

    脳性(小児)麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 協調運動障害と知的発達遅帯

    解説

  • 41

    水頭症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭蓋内髄液腔に多量の髄液が貯留し、髄液腔が異常に拡大した病態。頭痛が起こる

    解説

  • 42

    乳幼児水頭症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①交通性水頭症 ②非交通性水頭症

    解説

  • 43

    正常圧水頭症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歩行障害、尿失禁、認知症

    解説

  • 44

    麦粒腫(ものもらい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼瞼の分泌腺の急性化膿性炎症

    解説

  • 45

    結膜炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結膜充血、眼脂

    解説

  • 46

    カタル性結膜炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結膜に充血と腫脹のあるもの

    解説

  • 47

    乳頭性結膜炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結膜炎が長引くとこの型をとる

    解説

  • 48

    濾胞性結膜炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多数の濾胞ができるもの

    解説

  • 49

    偽膜性結膜炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 灰白色の膜ができるもので、剥がすことが出来る。

    解説

  • 50

    白内障

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視力低下以外に羞明(まぶしさ)を認める 手術のみが唯一の治療法 羞明は、目に入ってきた光が水晶体の混濁により乱反射する

    解説

  • 51

    裂孔原性網膜剥離

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放置すると失明、眼球萎縮に陥る

    解説

  • 52

    緑内障

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼圧が上昇(眼圧調整機能の障害によって眼圧が上昇し、その結果、視神経に圧迫萎縮が起こり視野狭窄、視力低下などの視機能障害をおこす疾患)

    解説

  • 53

    視神経炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通常片側性で視力が急激に低下するのが特徴 視神経の炎症、変性、脱髄などの変化を総称

    解説

  • 54

    視神経乳頭炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視神経乳頭部に著明な変化がみられるもの

    解説

  • 55

    球後視神経炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼球後方の神経に病変が現れるもの

    解説

  • 56

    急性化膿性中耳炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耳管経由の細菌感染による中耳の急性炎症。 ①冬季に多発②幼小児に好発③起因菌ー肺炎球菌、インフルエンザ菌、ペニシリン耐性肺炎球菌

    解説

  • 57

    慢性化膿性中耳炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①難聴、耳漏②起因菌ー黄色ブドウ球菌、緑膿菌、グラム陰性桿菌

    解説

  • 58

    中耳真珠腫(症)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 進行性の難聴と耳漏

    解説

  • 59

    非化膿性中耳炎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耳管機能不全のため、中耳腔に分泌液が貯留 症状ー難聴、耳閉塞感 治療ー①内服治療、耳管通気療法②鼓膜切開による排液③鼓膜チューブ留置

    解説

  • 60

    耳硬化症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 思春期頃に始まる両側性の伝音難聴と耳鳴り

    解説

  • 61

    メニエール病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 回転性めまい、難聴、耳鳴り

    解説

  • 62

    突発性難聴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 突然に高度の難聴、耳鳴りをきたすもので、臨床的に原因不明なもの 治療ー確立した治療法はまだない①ステロイド剤②血液改善剤の投与

    解説

  • 63

    伝音難聴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外耳、中耳の伝音系障害により生じる難聴 ①耳硬化症②慢性化膿性中耳炎③耳垢塞栓

    解説

  • 64

    感音難聴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内耳から皮質聴覚野に至る部分に気質性障害のある難聴 ①突発性難聴②メニエール病③老人性難聴

    解説

56661

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ