zuknow learn together

新しい教材を作成

応用栄養学 各種用語

カード 11枚 作成者: すずめ (作成日: 2014/10/09)

  • 健康な個人並びに集団を対象として、国民の健康の保持・増進、生活習慣病の予防のために参照するエネルギー及び栄養素の摂取量の基準を示すものとして(  )がある。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    健康な個人並びに集団を対象として、国民の健康の保持・増進、生活習慣病の予防のために参照するエネルギー及び栄養素の摂取量の基準を示すものとして(  )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本人の食事摂取基準

    解説

  • 2

    摂取不足の回避を目的として、半数の人が必要量を満たす量として設定されている栄養素の指標はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 推定平均必要量

    解説

  • 3

    推定平均必要量を補助する目的で設定され、ほとんどの人がその量を充足しているとする栄養素の指標はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 推奨量

    解説

  • 4

    十分な科学的根拠が得られず、EARおよびRDAが設定出来ない場合に設定される指標はなにか。

    補足(例文と訳など)

    • 一定の栄養状態を維持するのに十分であり、目安量以上を摂取している場合には不足リスクがほとんどない。

    答え

    • 目安量

    解説

  • 5

    過剰摂取に健康障害の回避を目的として設定される指標をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耐容上限量

    解説

  • 6

    「生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量」として設定されている指標はなにか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目標量

    解説

  • 7

    日本人の食事摂取基準においては、乳児はその年齢から2つに区分される。各区分について、その期間(年齢)を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    • 前者の区分はちょうど母乳栄養の時期にもあたる。出生後1ヶ月までを新生児、1歳までを乳児、ついで幼児。

    答え

    • 「出生後6ヶ月未満(0~5ヶ月)」と「6ヶ月以上1歳未満(6~11ヶ月)」

    解説

  • 8

    日本人の食事摂取基準においては、小児は何歳にあたるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1〜17歳

    解説

  • 9

    当該集団に属する50%の人が必要量を満たすと推定される摂取量として定義される指標を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 推定平均摂取量

    解説

  • 10

    母集団に属するほとんどの人(97~98%)が充足している量として定義される指標を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 推奨量

    解説

  • 11

    健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限を与える量として定義される指標を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    • これを超えて摂取すると、過剰摂取によって生じる潜在的な健康障害のリスクが高まる。

    答え

    • 耐容上限量

    解説

56609

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ