zuknow learn together

新しい教材を作成

2014任用暗記シート

カード 112枚 作成者: ryuu1220 (作成日: 2014/10/07)

  • 「とにかくに(  )に身をまかせ信ぜさせ給た まへ、」上野殿御返事

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    「とにかくに(  )に身をまかせ信ぜさせ給た まへ、」上野殿御返事

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「とにかくに(法華経)に身をまかせ信ぜさせ給たまへ、」上野殿御返事 P56

    解説

  • 2

    「殿一人にかぎるべからず・信心をすすめ給いて(  )等をすくわせ給へ。」上野殿御返事

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「殿一人にかぎるべからず・信心をすすめ給いて(過去の父母)等をすくわせ給へ。」上野殿御返事 P56

    解説

  • 3

    「日蓮生れし時より・いまに一日片時も・こころやすき事はなし、此(  )を弘めんと思うばかりなり」上野殿御返事

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「日蓮生れし時より・いまに一日片時・こころやすき事はなし、此(法華経の題目)を弘めんと思うばかりなり」上 野殿御返事 P56

    解説

  • 4

    「しをのひると・みつと月の出づると・いると・夏と秋と冬と春とのさかひには必ず(  )あり」兵衛志殿御返事

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「しをのひると・みつと月の出づると・いると・夏と秋と冬と春とのさかひには必ず(相違する事)あり」兵衛志殿御返事 P58

    解説

  • 5

    「凡夫の仏になる又かくのごとし、必ず(  )と申す障さわりいできたれば(  )はよろこび(  )は退くこれなり」兵衛志殿御返事

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「凡夫の仏になる又かくのごとし、必ず(三障四魔)と申すさわりいできたれば(賢者)はよろこび(愚者)は退くこれなり」兵衛志殿御返事 P58

    解説

  • 6

    「何(いか)なる世の乱れにも各各をば(  )・(  )・助け給へと湿【しめ】れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり」呵責謗法滅罪抄

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「何なる世の乱れにも各各をば(法華経)・(十羅刹)・助け給たまへと湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり」呵責謗法滅罪抄  P60

    解説

  • 7

    日蓮大聖人の御生誕はいつ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貞応【じょうおう】元年(1222年)2月16日 P62

    解説

  • 8

    建長5年(1253年)4月28日の出来事とは何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 立宗宣言  P63

    解説

  • 9

    立宗宣言はいつ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建長5年(1253年)4月28日  P63

    解説

  • 10

    立宗宣言の頃、自ら(   )と名乗 なのられた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日蓮 P63

    解説

  • 11

    立正安国論を提出したのはいつ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文応【ぶんおう】元年(1260年)7月16日  P63

    解説

  • 12

    立正安国論は誰に提出した?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北条時頼 P63

    解説

  • 13

    立正安国論の提出は最初の(    )にあたる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国主諫暁【こくしゅかんぎょう】P64

    解説

  • 14

    立正安国論で予言した2つの難とは何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自界叛逆難【じかいほんぎゃくなん】 と他国侵逼難【たこくしんぴつなん】 P64

    解説

  • 15

    大聖人が遭【あ】われた4つの大難を順番に言いなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 松葉ケ谷の法難→伊豆流罪→小松原の法難→竜の口の法難及び佐渡流罪 P64~66

    解説

  • 16

    (     )と雨乞いの対決

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 極楽寺良観  P65

    解説

  • 17

    大聖人を迫害した、侍所【さむらいどころ】の(      )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平左衛門尉頼綱【へいのさえもんのじょうよりつな】P65

    解説

  • 18

    文永8年(1271年)9月12日の出来事とは何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竜の口の法難 P65~66

    解説

  • 19

    竜の口の法難はいつ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文永8年(1271年)9月12日 P65

    解説

  • 20

    大聖人が発迹顕本【ほっしゃくけんぽん】 された出来事とは何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竜の口の法難   P66

    解説

  • 21

    佐渡で行われた法論を何という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塚原問答 P66

    解説

  • 22

    佐渡流罪中に著【あらわ】された重書 2つとは何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開目抄と観心本尊抄 P67

    解説

  • 23

    人本尊開顕【にんほんぞんかいけん】 の書とは何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開目抄 P67

    解説

  • 24

    法本尊開顕【ほうほんぞんかいけん】 の書とは何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 観心本尊抄 P67

    解説

  • 25

    立正安国論の予言が現実となった出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自界叛逆難【じかいほんぎゃくなん】 →二月騒動 他国侵逼難【たこくしんぴつなん】 →文永の役(蒙古襲来) P66・67

    解説

  • 26

    弘安2年(1279年)10月12日の出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一閻浮提総与【いちえんぶだいそうよ】 の大御本尊建立 P69

    解説

  • 27

    大御本尊建立はいつ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弘安2年(1279年)10月12日 P69

    解説

  • 28

    (     )を機縁に大御本尊建立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熱原【あつはら】の法難 P69

    解説

  • 29

    大聖人の「出世の本懐【ほんかい】」となった出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一閻浮提総与の大御本尊建立 P69

    解説

  • 30

    大聖人の御入滅はいつ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弘安【こうあん】5年(1282年)10月13日 P69

    解説

  • 31

    弘安5年(1282年)10月13日の出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大聖人の御入滅 P69

    解説

  • 32

    大聖人は一切の法を(   )に付嘱【ふぞく】され御入滅

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日興上人【にっこうしょうにん】P69

    解説

  • 33

    十界を境涯の低い順に言いなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地獄界→餓鬼界→畜生界→修羅界→人界→天界→声聞界→縁覚界→菩薩界→仏界 P73

    解説

  • 34

    「瞋【いかる】るは(      )」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地獄 P74

    解説

  • 35

    「貪【むさぼ】るは(      )」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 餓鬼  P75

    解説

  • 36

    「癡【いかる】は(      )」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 畜生 P75

    解説

  • 37

    「諂曲【てんごく】なるは(      )」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 修羅【しゅら】  P76

    解説

  • 38

    「平【たいら】かなるは(      )」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人【にん】  P77

    解説

  • 39

    「喜ぶは(      )」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天   P77

    解説

  • 40

    苦しみに縛られた最低の境涯とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地獄界  P74

    解説

  • 41

    欲望が満たされず苦しむ境涯とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 餓鬼界  P75

    解説

  • 42

    目先の利害にとらわれ、理性が働かない境涯とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 畜生界 P74・75

    解説

  • 43

    「勝他【しょうた】の念」を強く持っている境涯とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 修羅界 P76

    解説

  • 44

    物事の善悪を判断する理性が働いている境涯とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人界  P77

    解説

  • 45

    欲望が満たされた時に感じる喜びの境涯とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天界  P77

    解説

  • 46

    仏の教えを聞いて、部分的な悟りを得た境涯とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 声聞界  P78

    解説

  • 47

    様々【さまざま】な事象を縁として、部分的な悟りを得た境涯とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縁覚界  P78

    解説

  • 48

    「世間の無常は眼前に有り豈【あに】 人界に(       )無からんや

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二乗界  P78

    解説

  • 49

    「利他の実践」の境涯とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 菩薩界  P80

    解説

  • 50

    「無顧【むこ】の悪人も猶【なお】 妻子を慈愛す(   )の一分なり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 菩薩界  P80

    解説

  • 51

    「法華経を信ずるは人界に(   )を具足する故なり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仏界  P80

    解説

  • 52

    「成【じょう】は(        )義【ぎ】なり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ひらく   P81・82

    解説

  • 53

    「(  )の己己【おのおの】の当体【 とうたい】を改めずして(  )と開見【かいけん】す」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「(桜梅桃李【おおばいとうり】)の己己【おのおの】の当体を改めずして(無作三身【むささんじん】)と開見す」 P82

    解説

  • 54

    戸田先生は幸福には(     )と(     )があると述べています

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相対的幸福と絶対的幸福   P82

    解説

  • 55

    三証【さんしょう】とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文証・理証・現証  P87

    解説

  • 56

    「日蓮仏法をこころみるに(  )と(  )とにはすぎず、又(  ) よりも(  )にはすぎず」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日蓮仏法をこころみるに(道理)と(証文)とにはすぎず、又(道理証文)よりも(現証)にはすぎず P87

    解説

  • 57

    「(   )の二道をはげみ候べし、(   )たへなば仏法はある べからず、我もいたし人をも教化候へ 、(   )は(   )よりを こるべく候、 力あらば (      )なりともかたらせ給うべし」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「(行学)の二道をはげみ候べし、(行学)たへなば仏法はあるべからず、我もいたし人をも教化候へ、(行学)は(信心)よりをこるべく候、力あらば(一文一句)なりともかたらせ給うべし」 P84

    解説

  • 58

    「深く信心を発【おこ】して日夜朝暮【 にちやちょうぼ】に又懈【おこた】らず磨くべし何様【いかよう】にしてか 磨くべき只(        )と唱 へたてまつるを是をみがくとは云うなり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「深く信心を発【おこ】して日夜朝暮 【にちやちょうぼ】に又懈【お こた】 らず磨くべし何様にしてか磨くべき只 (南無妙法蓮華経)と唱へたてまつるを是をみがくとは云うなり」  P85

    解説

  • 59

    「立正安国」を読み下しなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「正【しょう】を立て国を安【あん】 んずる」   P88

    解説

  • 60

    「大願とは(       )なり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「大願とは(法華弘通)なり」   P90

    解説

  • 61

    「(   )が慈悲曠大ならば(    )は万年の外・未来までもながるべし、日本国の(   )をひらける功徳あり、(   )をふさぎぬ」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「 (日蓮) が慈悲曠大 ならば (南無妙法蓮華経) は万年の外・未来までもながるべし、日本国の(一切衆生の盲目)をひらける功徳あり、(無間地獄の道)をふさぎぬ」 P90

    解説

  • 62

    「日蓮と同意ならば(       )たらんか」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「日蓮と同意ならば(地涌の菩薩)たらんか」 P90

    解説

  • 63

    三障四魔を言いなさい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 煩悩障・業障・報障 陰魔・煩悩魔・死魔・天子魔  P92・93

    解説

  • 64

    「行解既に勤めぬれば(    )粉然 として競い起る」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「行解既に勤めぬれば(三障四魔)粉然 として競い起る」 P92

    解説

  • 65

    四魔のうち、他化自在天王(第六天の魔王)による働きは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天子魔    P93

    解説

  • 66

    「三障四魔と申す障りいできたれば(   )はよろこび(   )は退くこれなり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「(三障四魔)と申す障りいできたれば(賢者)はよろこび(愚者)は退くこれなり」     P93

    解説

  • 67

    三類の強敵とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 俗衆増上慢・道門増上慢・潜聖増上慢  P94

    解説

  • 68

    三類の強敵のうち、仏法に無知な衆生が迫害するのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 俗衆増上慢【ぞくしゅうぞうじょうまん】  P94

    解説

  • 69

    三類の強敵のうち、法華経の行者を迫害する比丘(僧侶)とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 道門増上慢【どうもんぞうじょうまん】   P94

    解説

  • 70

    三類の強敵のうち、聖者のように仰がれている高僧が権力を使って弾圧するのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 僣聖増上慢【せんしょうぞうじょうまん】   P94

    解説

  • 71

    「転重軽受」を読み下しなさ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重きを転じて軽く受く   P96

    解説

  • 72

    正法である法華経を誹謗することは何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 謗法  P96

    解説

  • 73

    (     )とは、「宿命を使命に変える」生き方であ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 願兼於業【がんけんおごう】   P97

    解説

  • 74

    「御みやづかいを(     )とをぼしめせ」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法華経     P101

    解説

  • 75

    「教主釈尊の出世の本懐は(     )にて候けるぞ」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人の振舞い     P102

    解説

  • 76

    (     )は万人の仏の生命を敬い、あらゆる人を礼拝し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不軽菩薩   P102

    解説

  • 77

    創価学会初代会長の名前は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 牧口 常三郎【つねさぶろう】 P103

    解説

  • 78

    創価学会第2代会長の名前は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戸田 城聖【じょうせい】   P103

    解説

  • 79

    創価学会第3代会長の名前は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 池田 大作     P103

    解説

  • 80

    「創価」の意味は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 価値創造     P105

    解説

  • 81

    昭和5年(1930年)11月18日の出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 創価学会(創価教育学会)の創立  P105

    解説

  • 82

    昭和18年、宗門から(   )を受けるように言われたが、学会は拒否した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神札     P106

    解説

  • 83

    戸田先生は獄中で「仏とは(   )である」とご悟達を得

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生命   P106

    解説

  • 84

    戸田先生は獄中で「われ(     )なり」との確信を得

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地涌の菩薩    P107

    解説

  • 85

    昭和20年(1945年)7月3日の出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戸田先生の出獄     P107

    解説

  • 86

    昭和22年(1947年)8月24日の出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 池田先生の入会     P108

    解説

  • 87

    昭和26年(1951年)5月3日の出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戸田第2代会長の就任  P109

    解説

  • 88

    戸田先生は第2代会長の就任式で、(   )世帯の折伏を誓願した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 75万   P109

    解説

  • 89

    昭和27年(1952年) 立宗700年の節目に(    )を発刊し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日蓮大聖人御書全集   P109

    解説

  • 90

    昭和32年(1957年)9月8日、戸田先生は(         )を発表

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原水爆禁止宣言     P111

    解説

  • 91

    昭和33年(1958年)4月2日の出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戸田先生の逝去     P111

    解説

  • 92

    昭和35年(1960年)5月3日の出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 池田第3代会長の就任  P111

    解説

  • 93

    昭和35年(1960年)10月2日の出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 南北アメリカへ出発。世界広布の第一歩 P111

    解説

  • 94

    昭和50年(1975年)1月26日の出来事とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 創価学会インターナショナル(SGI)の発足  P112

    解説

  • 95

    法主信仰の邪義について「(    )為りと雖も仏法に相違して(   )を構えば之を用う可からざる事」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法主信仰の邪義について「(時の貫首 )為りと雖も仏法に相違して(己義)を構えば之を用う可からざる事」  P116

    解説

  • 96

    誤った血脈観について 「(    )の血脈なくんば(   )を持つとも無益なり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤った血脈観について  「(信心)の血脈なくんば(法華経)を持つとも無益 なり」   P117

    解説

  • 97

    僧俗差別について「此の世の中の(     )は嫌うべからず」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 僧俗差別について「此の世の中の(男女僧尼)は嫌うべからず」 P117

    解説

  • 98

    腐敗堕落について「法師の皮を著【き】 たる(   )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腐敗堕落について「法師の皮を著たる(畜生)」     P118

    解説

  • 99

    「此の(  )全く余所に求むる事なかれ・只我れ等衆生の(  )を持ちて(  )と唱うる胸中の肉団におはしますなり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「此の(御本尊)全く余所に求むる事なかれ・只我れ等衆生の(法華経)を持ちて(南無妙法蓮華経)と唱うる胸中の肉団におはしますなり」 P72

    解説

  • 100

    「所謂(  )は歓喜の中の大歓喜なり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 所謂(南無妙法蓮華経)は歓喜の中の大歓喜なり」 P72

    解説

  • 101

    「(  )出生して(  )を信ずるは(  )に(  )を具足する故なり」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「(末代の凡夫)出生して(法華経 )を信ずるは(人界)に(仏界)を具足 する故なり」 P80

    解説

  • 102

    「汝須【なんじすべから】く一身の安堵 を思わば先ず(  )を禱らん者か」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「汝須く一身の安堵を思わば先ず(四表 の静謐【せいひつ】)を禱らん者か」 P89

    解説

  • 103

    「此の(  )能く能く信ぜさせ給うべし、(  )は師子吼の如し・いかなる病さはりをなすべきや」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「此の(曼荼羅)能く能く信ぜさせ給 うべし、(南無妙法蓮華経)は師子吼 の如し・いかなる病さはりをなすべきや」 P99

    解説

  • 104

    「(  )の護ると申すも人の(  )つよきによるとみえて候」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「(神)の護ると申すも人の(心)つよきによるとみえて候」P100

    解説

  • 105

    「(  )なれば万事を成し(  )なれば諸事叶う事こ となし」「(  ) が一類は(  )なれば人人すくなく候 へども大事を成じて・一定法華経ひろまりなんと覚へ候」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「(異体同心)なれば万事を成 し(同体異心)なれば諸事叶 う事なし」「(日蓮)が一類は(異体同心)なれば人人すくなく候へど も大事を成じて・一定法華経ひろまりなんと覚へ候」 P100

    解説

  • 106

    「如かず彼の万祈を修せんよりは此 の(  )を禁ぜんには」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「如かず彼の万祈を修せんよりは此 の(一凶)を禁ぜんには」 P114

    解説

  • 107

    「いかなる大善をつくり法華経を千部読み書写し一念三千の観道を得えたる人なりとも(  )をだにも・せめざれば得道ありがたし」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「いかなる大善をつくり法華経を千部読み書写し一念三千の観道を得え たる人なりとも(法華経の敵 )をだにも・せめざれば得道 ありがたし」 P114

    解説

  • 108

    平成2年日顕は、学会を切り捨てて、会員信徒を宗門に隷属させるために、(  )という陰謀を企てた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平成2年日顕は、学会を切り捨てて、会員信徒を宗門に隷属させるために、(C 作戦)という陰謀を企てた。 P114

    解説

  • 109

    「大願とは(  )なり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「大願とは(法華弘通)なり」 P116

    解説

  • 110

    六道とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「地獄界」「餓鬼界」「畜生界」「修羅界」「人界」「天界」 P73

    解説

  • 111

    三悪道とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「地獄界」「餓鬼界」「畜生界」 P75

    解説

  • 112

    四聖【ししょう】とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「声聞界」「縁覚界」「菩薩界」「仏界」 P73

    解説

56610

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ