zuknow learn together

新しい教材を作成

【学力工房】糸割符制度について

カード 16枚 作成者: 学力工房 (作成日: 2014/10/06)

  • ポルトガル人が日本との貿易で根拠地にしていたところ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

江戸前期の糸割符制度についてのみの内容です。
内容はかなり細かいですが、重要なところですので、
是非確認してみてください。

LEVEL 上級

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ポルトガル人が日本との貿易で根拠地にしていたところ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マカオ

    解説

  • 2

    ポルトガル人が主に扱っていた中国産の生糸を何と言う

    補足(例文と訳など)

    • ※交易場所は主に長崎です

    答え

    • 白糸

    解説

  • 3

    糸割符制度の作られた時の将軍

    補足(例文と訳など)

    • ※江戸幕府ができたのが1603年。糸割符が1604年

    答え

    • 徳川家康

    解説

  • 4

    糸割符制度の対象は当初はポルトガルですが、のちに中国とどこが加わった?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オランダ

    解説

  • 5

    糸割符制度は国内需要を満たし、何かの流出を防ぐの目的でした。何ですか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    糸割符仲間の三か所商人は、京都・長崎とどこ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    五か所商人は三か所商人から、大坂とどこが加わった?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 江戸

    解説

  • 8

    糸割符制度の廃止された年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1655年

    解説

  • 9

    1672年にできた、5か所商人から選ばれた商人が長崎奉行のもとで管理貿易をおこなうことを何と言う?

    補足(例文と訳など)

    • ※市法商人、といいます。

    答え

    • 市法売買

    解説

  • 10

    1684年に沿岸部の居住禁止を解き、日本との交易を許可した国は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    糸割符制度が復活した年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1685年

    解説

  • 12

    清の海外交易解禁により輸入量が増えることを想定して、貿易量を制御するために作られた決まりは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 定高仕法

    解説

  • 13

    定高仕法において、銀6000貫を1年間の取引の上限とした国は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    定高仕法において、銀3000貫を1年間の取引の上限とした国は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オランダ

    解説

  • 15

    定高仕法の上限を超える密貿易のことを何と言う?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抜荷

    解説

  • 16

    糸割符関連で、1688年に長崎に設けられたのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 唐人屋敷

    解説

56908

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ