zuknow learn together

新しい教材を作成

世界史 後期中間試験!Part1

カード 89枚 作成者: いっとー (作成日: 2014/10/06)

  • 1-18

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

盤石な知識により確実な得点を。少々骨が折れると思いますが、センター、国公立二次にはこのシリーズで完璧です。必ずあなたの合格の助けとなります。

世界史を得意科目としたい受験生のために作りました。(7/14オリエント作成)

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    1-18

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマ帝国前期

    解説

  • 2

    前27年、元老院がオクタウィアヌスに贈った尊称で、以後、歴代皇帝の称号とされたもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アウグストゥス

    解説

  • 3

    オクタウィアヌスは「第一の市民」を自称した。「元首」と訳されるこの称号を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プリンケプス

    解説

  • 4

    名目上は元老院や共和政の伝統を尊重したが、実質上の帝政である元首政を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プリンキパトゥス

    解説

  • 5

    アウグストゥスから五賢帝末期までの約200年の、ローマの黄金時代=「ローマの平和」を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パックス=ロマーナ

    解説

  • 6

    1世紀後半、ローマの大火の責任をキリスト教徒に課し、彼らを迫害した皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネロ

    解説

  • 7

    五賢帝の最初の皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネルウァ

    解説

  • 8

    ダキアを属州とし、ローマ帝国の最大版図を実現した五賢帝の2番目の皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トラヤヌス

    解説

  • 9

    内政整備のほか、辺境防衛のためブリタニアに長城を築いた五賢帝の3番目の皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハドリアヌス

    解説

  • 10

    貧民救済事業と財政改革に努めた、五賢帝のなかの4番目の皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アントニヌス=ピウス

    解説

  • 11

    ストア哲学を学び「哲人皇帝」と称され、中国史書では大秦王安敦と記された五賢帝最後の皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルクス=アウレリウス=アントニヌス

    解説

  • 12

    五賢帝時代に栄えた、インド洋のモンスーンを利用した貿易。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季節風貿易

    解説

  • 13

    1-19

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマの混乱と崩壊

    解説

  • 14

    212年に勅令を発布して、帝国内の全自由民にローマ市民権を付与した皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カラカラ帝

    解説

  • 15

    235~284年までに、各地の軍団によって擁立・廃位された皇帝たちを何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軍人皇帝

    解説

  • 16

    軍人皇帝時代の混乱期のころから生じてきた、土地にしばりつけられた隷属的小作人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コロヌス

    解説

  • 17

    ラティフンディアに代わり拡大した、隷属的小作人を使用する土地経営形態。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コロナトゥス

    解説

  • 18

    最後の軍人皇帝で、軍人皇帝時代の混乱を収拾した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディオクレディアヌス

    解説

  • 19

    ディオクレティアヌスに始まる、共和政の伝統を完全に無視した、帝政後期の専制君主政。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドミナトゥス

    解説

  • 20

    ディオクレディアヌスは、広大なローマ帝国をどのような方法で統治しようとしたか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 四分統治(四帝分治制)

    解説

  • 21

    西の副帝から正帝となり、帝国を再統一し、313年にキリスト教の公認を行った皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンスタンティヌス

    解説

  • 22

    コンスタンティヌスのとき鋳造され、以後数百年間にわたって金の含有量が変わらず、基軸通貨とされた金貨の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソリドゥス金貨

    解説

  • 23

    330年、コンスタンティヌスは旧ビザンティオンに遷都した。遷都後、この都市は何と改称されたか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンスタンティノープル

    解説

  • 24

    4世紀末にキリスト教を国教化し、また死に際して帝国を東西に分けた皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テオドシウス

    解説

  • 25

    476年に西ローマ帝国を滅ぼした、帝国に仕えていたゲルマン人傭兵隊長。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オドアケル

    解説

  • 26

    1-20

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマの文化(1)

    解説

  • 27

    アウグストゥス時代に黄金時代を迎えた文学。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラテン文学

    解説

  • 28

    ローマ建国にまつわる叙事詩『アエネイス』を著した、古代ローマ最大の詩人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウェルギリウス

    解説

  • 29

    『叙情詩集』を著した、前1世紀の叙情詩人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホラティウス

    解説

  • 30

    『転身譜』を著した、前1世紀の叙情詩人。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オウィディウス

    解説

  • 31

    文体がラテン語散文の模範とされた雄弁家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キケロ

    解説

  • 32

    ネロ帝の師でのちに死を強制された、ストア派哲学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セネカ

    解説

  • 33

    ギリシア人奴隷出身の、ストア派哲学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エピクテトス

    解説

  • 34

    哲人皇帝マルクス=アウレリウス=アントニヌスが、ギリシア語で書いた著作名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『自省録』

    解説

  • 35

    3世紀にプロティノスが創始した、神秘主義的傾向の強い哲学。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新プラトン主義

    解説

  • 36

    前2世紀後半、政体循環史観に立って『歴史』を著した、ギリシア人の歴史家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポリビオス

    解説

  • 37

    アウグストゥスに委嘱されて『ローマ建国史(ローマ史)』を著した、ローマの歴史家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リウィウス

    解説

  • 38

    古ケルト・古ゲルマン研究の重要資料でもある、カエサルが著した遠征記録。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『ガリア戦記』

    解説

  • 39

    古+A13ゲルマン研究の最重要資料である『ゲルマニア』や、ローマ政治史の『年代記』の著者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タキトゥス

    解説

  • 40

    ギリシアとローマの英雄的人物を比較評論した伝記の『対比列伝』を著した、ギリシア人作家。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プルタルコス

    解説

  • 41

    1-21

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローマの文化(2)

    解説

  • 42

    前1世紀~後1世紀の、史料的な地誌の『地理誌』を著したギリシア人地理学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストラボン

    解説

  • 43

    1世紀に、膨大な百科全書の『博物誌』を著し、ウェスウィウス火山噴火の際に殉職した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プリニウス

    解説

  • 44

    『天文学大全』を著し、天動説を唱えて中世までの宇宙観に決定的な影響を与えたギリシア人天文学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プトレマイオス

    解説

  • 45

    皇帝マルクス=アウレリウス=アントニヌスの侍医を務め、解剖学や生理学での著作を残したギリシア人医師。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガレノス

    解説

  • 46

    ローマ領の拡大で、市民法から発達した法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 万民法

    解説

  • 47

    6世紀、東ローマ皇帝ユスティニアヌスによって編纂された、古代ローマ法の集大成。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『ローマ法大全』

    解説

  • 48

    皇帝に命じられ、この編纂事業の中心となった東ローマの法学者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリボニアヌス

    解説

  • 49

    万神殿とも呼ばれ、ローマの神々をまつった神殿。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パンテオン

    解説

  • 50

    ローマでは道路網が整備されたが、ローマから南東部に伸びる、最古の軍用道路の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アッピア街道

    解説

  • 51

    南フランスに建築された、3層アーチからなり、上が水道、中・下が人馬道の水道橋の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガール水道橋

    解説

  • 52

    剣奴の試合などが行われた、ローマの円形闘技場を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コロッセウム

    解説

  • 53

    戦勝を記念して造られた大きな石造門。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凱旋門

    解説

  • 54

    カラカラ帝建造のものが有名な、浴場を中心とした大娯楽センターの呼称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公共浴場

    解説

  • 55

    ローマ人の日常語で、ローマの拡大につれて南欧から全西欧に普及した言語。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラテン語

    解説

  • 56

    エジプトの太陽暦をもとに、カエサルが制定した暦。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユリウス暦

    解説

  • 57

    ローマ帝政期の一般民衆にも流行した、光明神を崇拝するイラン起源の密儀宗教。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトラ(ミトラス)教

    解説

  • 58

    1-22

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キリスト教の発展(1)

    解説

  • 59

    前2世紀にセレウコス朝シリアから独立したが、前63年ローマのポンペイウスに征服されたユダヤ人の王朝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハスモン朝

    解説

  • 60

    ユダヤ教徒のなかで、モーセの律法の遵守を主張し、宗教儀礼を極端に重視した一派は何と呼ばれたか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パリサイ派

    解説

  • 61

    神の絶対愛と隣人愛を説き、形式主義のパリサイ派を批判した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イエス

    解説

  • 62

    メシア(救世主)のギリシア語。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キリスト

    解説

  • 63

    イエスを帝国への反逆者として処刑した、ローマ領ユダヤの総督。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピラト(ピラトゥス)

    解説

  • 64

    イエス処刑後、彼の弟子たちから生まれた、イエスが救世主であると信ずる宗教。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キリスト教

    解説

  • 65

    イエスが選んだ12人の直弟子で、のちに布教・伝道や聖書の成立などに大きく貢献した者。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 使徒

    解説

  • 66

    「第1使徒」と呼ばれ、ローマ伝道に力をつくしたがネロの迫害で殉教した人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペテロ

    解説

  • 67

    パリサイ派に属していたが回心し、キリスト教徒となったのち、「異邦人伝道の使徒」と呼ばれた人物。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パウロ

    解説

  • 68

    迫害を受けていた初期キリスト教時代の、避難所・礼拝堂としても利用された地下墓所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カタコンベ

    解説

  • 69

    コイネーで書かれた、キリスト教の経典。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『新約聖書』

    解説

  • 70

    『新約聖書』の中心となる、4者がイエスの言行を記録した部分を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『四福音書』

    解説

  • 71

    『新約聖書』のうち、ペテロ・パウロの伝道を記述した部分を何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『使徒行伝』

    解説

  • 72

    正統教義の確立に努めた、古代および中世初期のキリスト教の著作家たちを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教父

    解説

  • 73

    1-23

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キリスト教の発展(2)

    解説

  • 74

    313年にコンスタンティヌス帝が発布したもの。キリスト教を公認した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミラノ勅令

    解説

  • 75

    325年、教義統一のため、コンスタンティヌス帝が招集した、キリスト教会最初の公会議。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニケーアの公会議

    解説

  • 76

    ニケーアの公会議で正統教義と認められたのは何派か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アタナシウス派

    解説

  • 77

    正統教義とされたアタナシウス派は、イエスの神性を強く認め、後にある説へと発展した。ある説とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三位一体説

    解説

  • 78

    325年の公会議で、異端とされたのは何派か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アリウス派

    解説

  • 79

    コンスタンティヌス帝時代、キリスト教最初の『教会史』を著した司教・教父。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エウセビオス

    解説

  • 80

    ギリシア古典とミトラ教に心酔し、異教復興を企て、教会から「背教者」と呼ばれた4世紀の皇帝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユリアヌス

    解説

  • 81

    北アフリカの司教で、カトリックの教義確立に大きく貢献した、ローマ末期最大の教父。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アウグスティヌス

    解説

  • 82

    5世紀前半、西ゴート人のローマ侵入を契機に執筆された、アウグスティヌスの神学書。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『神の国』(『神国論』)

    解説

  • 83

    青年期に帰依したマニ教から回心してキリスト教に辿り着くまでを描いた、アウグスティヌスの自伝。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 『告白録』

    解説

  • 84

    431年、小アジア西岸の町で開かれた公会議の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エフェソス公会議

    解説

  • 85

    イエスの神性と人性を分離したとする説を支持し、エフェソスの公会議で異端とされたのは何派か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネストリウス派

    解説

  • 86

    ネストリウス派は中国にも伝わり、唐代には何と呼ばれたか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 景教

    解説

  • 87

    451年、コンスタンティノープルの対岸の町で開かれた公会議の名称。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルケドン公会議

    解説

  • 88

    カルケドン公会議では、キリストに神性のみを認める説が異端とされた。この説の考えを何と呼ぶか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単性論

    解説

  • 89

    キリストに神性のみを認める単性論を信奉する、エジプトの教会。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コプト教会

    解説

57041

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ