zuknow learn together

新しい教材を作成

免疫学

カード 31枚 作成者: かたわ (作成日: 2014/09/30)

  • 病原体が組織に侵入した
    場合、最初は主に組織中の?に貪食される。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

主に自分用
基礎

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    病原体が組織に侵入した 場合、最初は主に組織中の?に貪食される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マクロファージ

    解説

  • 2

    サイトカインなどにより ? が感染組織に集まり、細菌を貪食し、自らは死ぬ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 好中球

    解説

  • 3

    NK細胞はウイルスの感染などにより?の発言が低下した 細胞を検出し破壊する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MHCクラスⅠ

    解説

  • 4

    マクロファージは循環していた?が血液から離れ組織に居着いたものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単球

    解説

  • 5

    未成熟のT細胞は主に ?で成熟する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胸腺

    解説

  • 6

    未成熟のB細胞は主に ?で成熟する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨髄

    解説

  • 7

    自己抗原に強く結合するT細胞抗原受容体をもつT細胞は ?によって除かれる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負の選択

    解説

  • 8

    ?は感染場所で抗原をとりこみ、近接するリンパ節に運ぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 樹状細胞

    解説

  • 9

    気道や消化管粘膜へ感染が おこると、病原体による リンパ球活性化は 主に?でおこる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 粘膜関連リンパ組織

    解説

  • 10

    病原体が血液中に直接侵入 した場合、?が血液の フィルターとして働き、リンパ球が活性化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脾臓

    解説

  • 11

    MHCクラス抗原Ⅰは、 ?で発現している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤血球を除くすべての細胞

    解説

  • 12

    樹状細胞など抗原提示細胞に取り込まれ処理された 病原体のペプチドは ?とともに細胞膜上に提示 される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MHCクラスⅡ

    解説

  • 13

    提示された抗原は ヘルパーT細胞の?によって 認識される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MHCクラスⅡ

    解説

  • 14

    B細胞上のB細胞抗原受容体に認識された抗原はB細胞内に 取り込まれ、処理されて ?と共に細胞膜上に提示 される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MHCクラスⅡ

    解説

  • 15

    B細胞が抗原を?に提示するとサイトカインなどによりB細胞が活性化される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘルパーT細胞

    解説

  • 16

    ウイルス感染した細胞は ウイルス由来のペプチドを?共に細胞膜上に提示する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MHCクラスⅠ

    解説

  • 17

    ウイルス感染細胞がウイルス由来の抗原を提示すると それを認識した?が感染細胞を殺す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キラーT細胞

    解説

  • 18

    MHCクラスⅡが提示する抗原はMHCクラスⅠが提示する抗原とはどう違うか、 1行で説明せよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クラスⅠは細胞内、クラスⅡは細胞外の抗原を提示する。

    解説

  • 19

    BCRは?型の抗体である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膜結合型

    解説

  • 20

    抗体の抗原特異性は?部によって決まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可変部

    解説

  • 21

    抗体のペプチド鎖で異なる抗体間でアミノ酸配列が大きく異なる領域を ?という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膜貫通領域

    解説

  • 22

    IgG抗体1分子は?からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2本ずつのH鎖とL鎖

    解説

  • 23

    抗体分子を構成している 各ペプチド鎖は?により結びついている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジスルフィド結合

    解説

  • 24

    抗原の侵入後、 最初に作られる抗体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgM

    解説

  • 25

    血液中で最も多い抗体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgG

    解説

  • 26

    分泌液中で最も多い抗体。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • igA

    解説

  • 27

    B細胞のクローンごとに、 抗原特異性が異なったB細胞受容体が発現している。 どのようにしてこれが可能になるか、説明しなさい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B細胞が骨髄で分化していく際、BCRのH鎖、L鎖両方の遺伝子において遺伝子再構成がおこる。遺伝子断片の組み合わせはB細胞ごとに異なり、再構成後の遺伝子情報に基づいて産生されるBCRタンパク質のアミノ酸配列もB細胞のクローンごとに異なることになる。、

    解説

  • 28

    病原体特異的なリンパ球が選択され増加することを? という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クローン選択

    解説

  • 29

    IgG抗体1分子は抗原結合部位を?箇所持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2箇所

    解説

  • 30

    L鎖とH鎖はいずれも?が多数繋がったポリペプチド。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミノ酸

    解説

  • 31

    抗体分子を構成しているH鎖とL鎖は、 1というアミノ酸のSH基同士が酸化されて形成された2により結びつけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1:システイン 2:ジスルフィド結合

    解説

56636

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ