zuknow learn together

新しい教材を作成

民法択一

カード 91枚 作成者: くろ (作成日: 2014/09/28)

  • 一般社団法人の定款を変更するためには、社員全員の同意が必要である

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    一般社団法人の定款を変更するためには、社員全員の同意が必要である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 一般社団法人の定款は、社員総会において、総社員の半数以上、かつ、原則として総社員の議決権の3分の2以上の特別多数の議決があれば変更することができる(一般法人49条2項4号)

    解説

  • 2

    根抵当権設定者は、根抵当権の設定の時から3年を経過した時は、担保すべき元本の確定を請求することができる(398の19Ⅰ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    特定物の贈与者は、受贈者への引き渡しをするまで、善管注意義務を負う(400)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    賃金等根保証契約において主たる債務の元本の確定すべき期日の定めがない場合には、その期日は、その賃金等根保証契約の締結の日から3年を経過する日となる(465の3Ⅱ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    広告に定めた行為をした者が数人ある場合において、その優等者のみに報酬を与えるときは、その広告は、応募の期間を定めたときに限り、その効力を有する(532Ⅰ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    景観利益の侵害は不法行為になり得る(最判平18.3.30参照)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    限定承認者は、前2条の規定に従って各相続債権者に弁済をした後でなければ、受遺者に弁済をすることができない(931)

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 617

    解説

  • 12

    動産賃貸借に関し、期間の定めがある場合、貸主は解約権を留保しない限り解約の申入れをすることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 618条 当事者が賃貸借の期間を定めた場合であっても、その一方又は双方がその期間内に解約をする権利を留保したときは、前条の規定を準用する。

    解説

  • 13

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    土地の賃貸借契約の存続期間が満了する前に当該と地上の建物が滅失し、再築をしないで賃借人が土地の使用を継続する場合で、賃貸人が遅滞なく異議を述べないとけいやくが更新したものとみなされる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️

    解説

  • 15

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 善悪問わない

    解説

  • 19

    賃貸人が賃貸借の目的物の修繕義務を履行しないために賃借人の使用収益が妨げられた場合には、賃借人は、その割合に応じて賃料の支払いを拒むことができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 賃貸人の修繕義務を(606Ⅰ)と賃借人の賃料支払義務(601)とは、同時履行の関係(533)にあるから。

    解説

  • 20

    判例の趣旨に照らすと、建物の賃借人が失火によりその建物を滅失させ、その返還義務を履行できなくなった場合、賃借人は、故意がなく、かつ、重大な過失がなければ、賃貸人に対し損害賠償責任を負わない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 債務不履行に基づく損害賠償責任には失火責任法が適用されない。

    解説

  • 21

    仕事の完成前に目的物が滅失して履行不能になった場合、その滅失が請負人の責めに帰すべき事由によらないときは、請負人は、契約解除権を有する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 仕事完成前の履行不能の場合、当事者双方に責めに帰すべき事由がなければ、その滅失の危険は請負人が負担し、報酬請求権は消滅する(536Ⅰ)。したがって、請負人は、報酬請求権を有しない

    解説

  • 22

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    仕事を完成して目的物を引き渡すことを内容とする請負において、注文者による瑕疵修補の請求は、目的物を引き渡した時から1年以内にしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 637Ⅰ

    解説

  • 24

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    受任者が委任事務を処理するに当たって、金銭その他の物を受け取ったときは、直ちにこれを委任者に引き渡さなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    賃貸借契約は、当事者の死亡によっては終了しないが、委任契約は、原則として当事者の死亡により終了するものの、特約によって、当事者の死亡によっても終了しないものと定めることはかのうである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    委任は、受任者が破産手続開始の決定を受けたことによって終了するが、委任者が同決定を受けたことによっては終了しない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    委任契約において、委任者は、あらかじめ損害を賠償した場合に限り、受任者の不利な時でも、その契約を解除できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    委任の終了事由は、相手が他に通知しなければ、相手方がその事由を知っているか否かを問わず、これをもって相手方に対抗することができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    返還時期の定めのない消費寄託において、寄託者が返還を請求するには、相当の期間を定めて催告をすることを要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    甲は乙に動産を寄託した。乙は寄託に必要な債務を第三者に負ったときは、甲をして自己に代わって債務を弁済させることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    民法上の組合の不動産を、民法上の組合名義で登記することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    組合員は、組合財産をもって組合債務を弁済することができないときに限り、組合債権者に対して弁済の責任を負う

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    組合の債務者は、その債務と組合員に対する債権とを相殺することができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    組合員の除名は、正当な事由がある限り、他の組合員の一致をもってすることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 組合員の除名は正当な事由がある場合に限り、他の組合員の全員一致をもってできる(680)

    解説

  • 44

    組合財産である不動産を第三者が不法に占有している場合には、組合契約において業務執行者が定められている場合でも、各組合員が単独で返還を請求できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    債権の金額についての争いに関し和解が成立した場合に、債権に付いていた保証債務は消滅する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 債権の金額についてのみ和解が成立した場合には、債権債務関係のあることが前提とされているのであるから、債権は同一性を喪失しておらず、保証債務は消滅しない(付従性)

    解説

  • 46

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    Aは、自分の土地を無償でBに貸した。A,Bのいずれが後見開始の審判を受けても、契約は終了しない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    債務者でない者が錯誤によって債務を弁済した場合において、債権者が善意で担保を放棄したときは、弁済をした者は、重大な過失がなくても返還の請求をすることができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 707Ⅰ

    解説

  • 52

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    不法の原因による贈与の目的物が既登記建物で、所有権移転登記は完了したが引渡しが未了であるときは、受贈者は、贈与者に対して、当該建物の引渡しを請求することができる、

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    判例の趣旨に照らすと、不法行為による損害賠償債務の不履行に基づく遅延損害金債権は、遅延損害金債権が発生した時から10年間行使しないことにより、時効消滅する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    A工務店の被用者Bは、工事中に誤って鉄材を落とし、付近を通行中のCに当たり、死亡させた。A工務店の工事責任者Eは、損害賠償責任を負うことはあり得ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 使用者に代わって事業をかんとくする者も、前項の責任を負う

    解説

  • 65

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    裁判所は、他人のプライバシーを侵害した者に対し、被疑者の請求により、損害賠償に代え、プライバシーを保護するのに適当な処分を命ずることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    妻の親と夫の親とは姻族である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 73

    夫婦の一方が死亡すれば、生存配偶者の姻族関係は終了する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    婚姻適齢に達しない者がした婚姻でも、その者が婚姻適齢に達したときは、婚姻をした当事者以外の者は当該婚姻の取消しを請求することはできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    再婚禁止期間内にした婚姻は、女が再婚後に懐胎したときは、取消しを請求することができない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    甲は、妻乙に無dなんで離婚届を提出したところ受理されたので、丙女との間の婚姻届を提出した。甲乙間の離婚は無効である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 協議離婚の無効については婚姻無効のような規定(742)はないが、離婚意思の存在は当然に要件であるから、無断で離婚届を提出し受理されても離婚は無効でである

    解説

  • 81

    裁判上の離婚は、法廷の離婚原因がある場合に限られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 82

    夫婦間の共有財産は、離婚の時から2年以内に分割しなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    未成年者が婚姻したときは、これによって成年に達したとみなされるが、未成年者が内縁関係を結んでもこれによって成年に達したとはみなされない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 成年擬制(753)、夫婦の氏(750)、姻族関係の発生に関する規定は、いずれも婚姻の届出を前提とする効果であり、内縁には準用されない

    解説

  • 84

    未成年者は父母の親権に服するが、父母が内縁関係にあるときは、原則として母の親権に服する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 内縁出生子は原則として母の単独親権に服し、父が認知した後に父母の協議又は審判で父を親権者と定めたとき父の単独親権となる(819Ⅳ、Ⅴ)

    解説

  • 85

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    甲・乙間の子が戸籍上丙・丁間の子として届けられている場合に、丙(夫)は嫡出否認の訴えによって親子関係の不存在を主張できない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    判例の趣旨に照らすと、母とその嫡出でない子との間の親子関係は、母が認知をしたときに認知の時から発生する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 判例は(最判昭28.6.26)、母とその非嫡出子との間の親子関係は、原則として、母の任地を待たず、分娩の事実により当然に発生するとしている

    解説

  • 91

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56989

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ