zuknow learn together

新しい教材を作成

中学生のための英語例文ー8

カード 23枚 作成者: Masa (作成日: 2013/12/02)

  • 私は今ちょうど宿題を終えたところです。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中学生向けの英語の例文です。基本の文法を含んでいるもの多数です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    私は今ちょうど宿題を終えたところです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I've just finished my homework. ※たったいま動作が完了したことを表すのに、しばしば副詞のjustを使う。

    解説

  • 2

    たった今彼が到着しました。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • He has just arrived. ※たったいま動作が完了したことを表すのに、しばしば副詞のjustを使う。

    解説

  • 3

    僕は親指を切ってしまいました。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I've cut my thumb. ※「(すでに)~してしまった」というように動作が完了して、その結果が残っていることを表す使い方もある。

    解説

  • 4

    私は定期入れをなくしてしまった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I've lost my pass holder. ※「(すでに)~してしまった」というように動作が完了して、その結果が残っていることを表す使い方もある。

    解説

  • 5

    ケイトはもうケーキを食べてしまった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Kate has already eaten the cake. ※「(すでに)~してしまった」というように動作が完了して、その結果が残っていることを表す使い方もある。

    解説

  • 6

    彼は既に到着した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • He has already arrived. ※「(すでに)~してしまった」というように動作が完了して、その結果が残っていることを表す使い方もある。

    解説

  • 7

    私はこの5年間彼女に会っていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I haven't seen her these five years. ※期間を表す語句としてfor~の形をとらないものもある。

    解説

  • 8

    あなたは長いあいだここに住んでいるのですか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Have you lived here long? ※このlongは副詞である。

    解説

  • 9

    私はしばしば京都を訪れている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I've often visited Kyoto. ※経験の用法ではoftenもよく使われる。oftenは文末ではなく、haveのすぐあとに置く。

    解説

  • 10

    僕は泳ぎたい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I want to swim. ※不定詞は「~すること」という意味を表し、しばしば「動詞の目的語」となる。

    解説

  • 11

    僕はその映画を見たい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I want to see the movie. ※不定詞は「~すること」という意味を表し、しばしば「動詞の目的語」となる。

    解説

  • 12

    彼は英語を勉強し始めた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • He began to study English. ※不定詞は「~すること」という意味を表し、しばしば「動詞の目的語」となる。

    解説

  • 13

    彼はドアを開けようとした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • He tried to open the door. ※不定詞は「~すること」という意味を表し、しばしば「動詞の目的語」となる。

    解説

  • 14

    私は歌手になりたい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I want to be a singer.  ※want toのあとにbe~がくると「~になりたい」という意味を表す。

    解説

  • 15

    その試験に受かることは難しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • To pass the exam is difficult. ※名詞の働きをするto不定詞は文の「主語」や「補語」になれる。

    解説

  • 16

    私の趣味は切手を集めることです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • My hobby is to collect stamps. ※名詞の働きをするto不定詞は文の「主語」や「補語」になれる。

    解説

  • 17

    その問題を解くのは易しかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • It was easy to solve the problem. ※to不定詞が主語になる時、Itを文頭においてto不定詞を後ろに置くことがよくある。Itはto不定詞の内容を先取りする形式上の主語である。

    解説

  • 18

    彼にはその問題を解くのは難しかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • It was hard for him to solve the problem. ※to不定詞が主語になる時、Itを文頭においてto不定詞を後ろに置くことがよくある。Itはto不定詞の内容を先取りする形式上の主語である。

    解説

  • 19

    泣くのをやめなさい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Stop crying. ※動詞の語尾にingがついて「名詞の働き」をするようになったものを「動名詞」といい、「~すること」という意味を表す。動名詞は動詞の目的語になれる。

    解説

  • 20

    彼らは部屋を掃除し始めた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • They began cleaning the room. ※動詞の語尾にingがついて「名詞の働き」をするようになったものを「動名詞」といい、「~すること」という意味を表す。動名詞は動詞の目的語になれる。

    解説

  • 21

    彼女は山でスキーを楽しんだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • She enjoyed skiing in the mountains. ※動詞の語尾にingがついて「名詞の働き」をするようになったものを「動名詞」といい、「~すること」という意味を表す。動名詞は動詞の目的語になれる。

    解説

  • 22

    川で泳ぐことは危険です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Swimming in the river is dangerous. ※動名詞はto不定詞と同じように文の主語や補語になれる。

    解説

  • 23

    私の趣味は料理をすることです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • My hobby is cooking. ※動名詞はto不定詞と同じように文の主語や補語になれる。

    解説

56556

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ