zuknow learn together

新しい教材を作成

中学生のための英語例文ー5

カード 24枚 作成者: Masa (作成日: 2013/12/02)

  • 私はその男の人に話しかけられた。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中学生向けの英語の例文です。基本の文法を含んでいるもの多数です。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    私はその男の人に話しかけられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I was spoken to by the man. ※「自動詞+前置詞」が1つの他動詞の働きをしている熟語の文は受け身になったとしても「自動詞+前置詞」の形は崩さない。

    解説

  • 2

    そのネコは自動車にひかれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • The cat was run over by a car. ※「自動詞+前置詞」が1つの他動詞の働きをしている熟語の文は受け身になったとしても「自動詞+前置詞」の形は崩さない。

    解説

  • 3

    その古い木は先週切り倒された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • The old tree was cut down last week. ※「自動詞+前置詞」が1つの他動詞の働きをしている熟語の文は受け身になったとしても「自動詞+前置詞」の形は崩さない。

    解説

  • 4

    彼女は兄さんに世話してもらった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • She was taken care of by her brother. ※「自動詞+前置詞」が1つの他動詞の働きをしている熟語の文は受け身になったとしても「自動詞+前置詞」の形は崩さない。

    解説

  • 5

    私はとても犬が好きです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I like dogs very much. ※likeを強める副詞はvery much。

    解説

  • 6

    私は犬のほうがネコより好きです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I like dogs better than cats. ※likeを強める副詞はvery muchだが、比較級・最上級で表すときはbetter,bestを使う。

    解説

  • 7

    私は全ての動物の中で犬が一番好きです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I like dogs the best of all animals. ※likeを強める副詞はvery muchだが、比較級・最上級で表すときはbetter,bestを使う。

    解説

  • 8

    彼女は私よりずっと上手にピアノを弾くことが出来ます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • She can play the piano much better than I. ※比較級を強めるときはveryではなく、muchを使う。「much+比較級」で「ずっと~」の意味を表す。

    解説

  • 9

    マイクはジムよりも少し背が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Mike is a little taller than Jim. ※「a little+比較級」で「少し~」の意味を表す。

    解説

  • 10

    彼は私より3歳年上です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • He is three years older than I. ※比較級の前に数や量を表す言葉を置いて比較の程度を表すことも出来る。

    解説

  • 11

    彼女は母親と同じくらい美しくなりました。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • She became as beautiful as her mother. 「as…as~」で「~と同じくらい…」という意味を表す。…のところには形容詞か副詞がきて、比較級にはしない。

    解説

  • 12

    私はマイクと同じくらい速く泳げます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I can swim as fast as Mike. 「as…as~」で「~と同じくらい…」という意味を表す。…のところには形容詞か副詞がきて、比較級にはしない。

    解説

  • 13

    私の学校はあなたの(学校)ほど大きくない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • My school isn't as big as yours. ※「not as…as~」で「~ほど…ではない」という意味を表す。

    解説

  • 14

    僕は兄さんほど速く走れない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I can't run as fast as my brother. ※「not as…as~」で「~ほど…ではない」という意味を表す。

    解説

  • 15

    彼は私の2倍の年齢です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • He is twice as old as I. ※比較級の前に数や量を表す言葉を置いて比較の程度を表すことも出来る。

    解説

  • 16

    彼は僕の4倍の数の本を持っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • He has four times as many books as I. ※比較級の前に数や量を表す言葉を置いて比較の程度を表すことも出来る。

    解説

  • 17

    この湖は琵琶湖の半分の大きさです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • This lake is half as large as Lake Biwa. ※比較級の前に数や量を表す言葉を置いて比較の程度を表すことも出来る。

    解説

  • 18

    彼らはその戦争で死んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • They were killed in the war. ※「死ぬ」「生まれる」「怪我をする」といった表現は、英語ではよく受け身で表す。「自分の意志」でけがをしたり死んだりするものではないから。

    解説

  • 19

    彼女は1986年に生まれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • She was born in 1986. ※「死ぬ」「生まれる」「怪我をする」といった表現は、英語ではよく受け身で表す。「自分の意志」でけがをしたり死んだりするものではないから。

    解説

  • 20

    彼はその事故で怪我をした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • He was injured in the accident. ※「死ぬ」「生まれる」「怪我をする」といった表現は、英語ではよく受け身で表す。「自分の意志」でけがをしたり死んだりするものではないから。

    解説

  • 21

    私はその男の人に話しかけられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I was spoken to by the man. ※「自動詞+前置詞」が1つの他動詞の働きをしている熟語の文は受け身になったとしても「自動詞+前置詞」の形は崩さない。

    解説

  • 22

    そのネコは自動車にひかれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • The cat was run over by a car. ※「自動詞+前置詞」が1つの他動詞の働きをしている熟語の文は受け身になったとしても「自動詞+前置詞」の形は崩さない。

    解説

  • 23

    その古い木は先週切り倒された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • The old tree was cut down last week. ※「自動詞+前置詞」が1つの他動詞の働きをしている熟語の文は受け身になったとしても「自動詞+前置詞」の形は崩さない。

    解説

  • 24

    彼女は兄さんに世話してもらった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • She was taken care of by her brother. ※「自動詞+前置詞」が1つの他動詞の働きをしている熟語の文は受け身になったとしても「自動詞+前置詞」の形は崩さない。

    解説

56701

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ