zuknow learn together

新しい教材を作成

栄養教育論

カード 75枚 作成者: すずめ (作成日: 2014/09/28)

  • 減量の指導では、(  )と(  )の両面の支援を行う。


    第27回106問

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

基本的に講義のフォローと管理栄養士の試験対策です。クイズ形式には不向きな作り方です。応用栄養学の分野を含めています。また授業の関係で、新生児期、乳幼児期に関するものが多いです。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    減量の指導では、(  )と(  )の両面の支援を行う。

    補足(例文と訳など)

    • 第27回106問

    答え

    • 身体活動 食生活

    解説

  • 2

    飲酒に関する指導では、アルコールには(   )性があることを考慮して行う。

    補足(例文と訳など)

    • 第27回106問

    答え

    • 依存

    解説

  • 3

    睡眠に関する指導では、(   )状態を考慮して行う。

    補足(例文と訳など)

    • 第27回106問

    答え

    • ストレス

    解説

  • 4

    (   )に関する指導では、時には気分を変えてレストラン等での外食を勧めてみる。

    補足(例文と訳など)

    • 第27回106問

    答え

    • 休養

    解説

  • 5

    喫煙者の減塩指導では、味覚が(   )になっていることを考慮して行う。

    補足(例文と訳など)

    • 第27回106問

    答え

    • 鈍感

    解説

  • 6

    「リラクセーション法について話し合った」は、(   )という行動変容技法を用いた支援である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストレスマネジメント

    解説

  • 7

    「食べたくなったら、3分間我慢してみることを勧めた」は、(   )という行動変容技法を用いた支援である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反応妨害・拮抗

    解説

  • 8

    「よく食べる人の近くに座らないよう、助言した」は、(   )という行動変容技法を用いた支援である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刺激統制

    解説

  • 9

    「菓子を勧められたときの断り方について練習した」は、(   )という行動変容技法を用いた支援である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソーシャルスキルトレーニング

    解説

  • 10

    「食べ過ぎても、次の食事で調整すればいいと伝えた」は、(   )という行動変容技法を用いた支援である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知再構成

    解説

  • 11

    前熟考期(無関心期)とは、どんな状態?

    補足(例文と訳など)

    • 第26回-107問

    答え

    • 6か月以内に行動を変えようと思っていない状態

    解説

  • 12

    肥満から生活習慣病になった人が周囲にいないかたずねるのは、トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)の(   )期の者に効果的な支援である。

    補足(例文と訳など)

    • 第26回-107問

    答え

    • 前熟考期(無関心期)

    解説

  • 13

    家では野菜料理を中心とした食事にしてもらうよう助言するのは、トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)の(   )期の者に効果的な支援である。

    補足(例文と訳など)

    • 第26回-107問

    答え

    • 実行期・維持期

    解説

  • 14

    昼食に小さめの弁当を持って行くことを提案するのは、トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)の(   )期の者に効果的な支援である。

    補足(例文と訳など)

    • 第26回-107問

    答え

    • 実行期・維持期

    解説

  • 15

    目標体重が達成できたときのごほうびを考えること(オペラント強化)は、トランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル)の(   )期の者に効果的な支援である。

    補足(例文と訳など)

    • 第26回-107問

    答え

    • 実行期・維持期

    解説

  • 16

    人権と性の視点から生殖の機能や過程、疾病などについて身体的・精神的・社会的に良好な状態を保証し、とくに女性の性の自己決定権を尊重する考え方をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リプロダクティブ・ヘルス

    解説

  • 17

    乳幼児期の栄養教育の対象を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保護者(母親や保育士)

    解説

  • 18

    成長速度が最も速い時期を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    • 多くの栄養素を必要とする。

    答え

    • 乳児期

    解説

  • 19

    乳幼児期の発達段階の区分として、出生後1ヶ月までの時期をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    • とくに最初の一週間を早期新生児期という。

    答え

    • 新生児期

    解説

  • 20

    乳幼児期の発達段階の区分として、一歳までの時期をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳児期

    解説

  • 21

    乳幼児期の発達段階の区分として、一歳以降就学時までの時期をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幼児期

    解説

  • 22

    乳児期の特徴を反映した区分として、生後4ヶ月頃までをなんというか。

    補足(例文と訳など)

    • 乳汁栄養

    答え

    • 哺乳期

    解説

  • 23

    乳児期の特徴を反映した区分として、生後5〜18ヶ月頃までをなんというか。

    補足(例文と訳など)

    • 生後5ヶ月頃までに離乳食の開始→離乳のステップアップ→離乳完了期(12〜18ヶ月)

    答え

    • 離乳期

    解説

  • 24

    体重当たりの基礎代謝量や食事摂取基準が最も高いのは(  )期であり、次いで(  )期が高い。

    補足(例文と訳など)

    • 最も高いということは摂取カロリーも体格に比して多いわけだが、肥満にならないのはそれが成長に用いられているから。成人であれば縦への成長は望めず、横への成長だけである。

    答え

    • 乳児期で最も高く、次いで幼児期となる。

    解説

  • 25

    乳児期は体内の代謝が活発で、栄養素等必要量も多い。また咀嚼機能、消化・吸収機能なども発達している。これは正しいか?(正誤)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤り 咀嚼機能、消化・吸収機能などは未熟である。

    解説

  • 26

    乳児期の栄養不足は、能の発育や精神発達に影響を及ぼすことがある。発育・発達の速度が(  )時期ほどその影響は大きい。

    補足(例文と訳など)

    • スキャモンの成長曲線参照

    答え

    • 速い時期ほど大きい

    解説

  • 27

    黄色で粘度がある、分娩後3~4日の母乳をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 初乳

    解説

  • 28

    分娩後5~9日の母乳をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 移行乳

    解説

  • 29

    分娩後10日以降の母乳をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成熟乳

    解説

  • 30

    離乳にあたって、生後5〜6ヶ月ごろの食事として望ましいのはどのような調理状態か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なめらかにすりつぶした状態

    解説

  • 31

    離乳にあたって、生後7、8ヶ月ごろの食事として望ましい調理状態はどのような状態か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舌でつぶせる固さ

    解説

  • 32

    離乳にあたって、生後9ヶ月ごろから11ヶ月ごろまでの食事として望ましい調理状態はどのような状態か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歯茎でつぶせる固さ

    解説

  • 33

    離乳にあたって、生後12ヶ月ごろから18ヶ月ごろまでの食事として望ましい調理状態はどのような状態か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歯茎で噛める固さ

    解説

  • 34

    9ヶ月以降の乳児に対して離乳がうまく進まず、鉄の摂取不足リスクが高い場合などに必要に応じて与える粉乳をなんというか。

    補足(例文と訳など)

    • 母乳または育児用ミルクの代替品ではないことはしっかりと認識しておく。

    答え

    • フォローアップミルク

    解説

  • 35

    幼児の発育状況は(  )を用いて判定するが、個人差が大きいため、肥満とやせの一応の目安とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体発育曲線

    解説

  • 36

    幼児の疾病罹患率は(高い or 低い)。

    補足(例文と訳など)

    • 乳児期に引き続き抵抗力が弱い。

    答え

    • 高い

    解説

  • 37

    1〜2歳児の望ましい摂食リズム:3食+(  )の間食

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3食+1〜2回の間食

    解説

  • 38

    3〜5歳児の望ましい摂食リズム:3食+(  )の間食

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3食+1回の間食

    解説

  • 39

    1〜2歳児の望ましい食事量の配分としては、朝:昼:夜:間食= : : : である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30:30:25~30:10~15

    解説

  • 40

    3〜5歳児の望ましい食事量の配分としては、朝:昼:夜:間食= : : : である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30:30:25:15

    解説

  • 41

    (  )の役割として、エネルギー・栄養素の充足、水分補給、精神的満足の他、生活リズムの確立などが挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間食

    解説

  • 42

    養育者のなにが幼児の食行動に大きな影響を及ぼすか。

    補足(例文と訳など)

    • したがって、養育者自身が規則正しい食習慣を身につけ、偏食を失くすことが求められる。

    答え

    • 食習慣

    解説

  • 43

    調乳にあたっては使用する湯は( )℃以上を保つ必要がある。

    補足(例文と訳など)

    • 飲む際には人肌程度まで冷ます。でないと、火傷してしまう。

    答え

    • 70℃

    解説

  • 44

    調乳後(  )時間内以内に使用しなかったミルクは破棄する。

    補足(例文と訳など)

    • 作り置きなどはできず、その都度調乳する必要がある。

    答え

    • 2時間

    解説

  • 45

    食べ方の目安として、子供の様子を見ながら1日1回1さじずつ始め、母乳やミルクは飲みたいだけあたえる時期は生後何ヶ月頃にあたるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生後5、6ヶ月頃

    解説

  • 46

    食べ方の目安として、1日2回食で食事のリズムをつけていき、またいろいろな味や舌触りを楽しめるように食品の種類を増やしていくことが望ましい時期は生後何ヶ月頃にあたるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生後7、8ヶ月頃

    解説

  • 47

    食べ方の目安として、食事のリズムを大切に1日3回食に進めていき、家族一緒の楽しい食卓体験を与えることが望ましい時期は生後何ヶ月頃にあたるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生後9〜11ヶ月頃

    解説

  • 48

    食事の目安として、1日3回の食事のリズムを大切に、生活リズムを整え、また自分で食べる楽しみを手づかみ食べから始めることが望ましいとされる時期は生後何ヶ月頃にあたるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生後12〜18ヶ月頃

    解説

  • 49

    離乳の完了とはどのような状態を指すか。

    補足(例文と訳など)

    • 間違っても、母乳または育児用ミルクを飲んでいない状態ではない。

    答え

    • ・形のある食物を噛みつぶすことができる ・エネルギーや栄養素の大部分を母乳また育児用ミルク以外の食物から取れる

    解説

  • 50

    離乳の完了時期はいつ頃か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 12~18ヶ月頃

    解説

  • 51

    咀嚼機能は、奥歯が生えるに伴い乳歯の生え揃う( )歳頃までに獲得される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    乳児において鉄が不足しやすいのは何ヶ月以降か。

    補足(例文と訳など)

    • 離乳食が順調に進まないと、鉄の不足リスクが高まる。母乳や育児用ミルクだけでは摂取が難しい。

    答え

    • 9ヶ月以降

    解説

  • 53

    とくに生後5ヶ月頃までの乳児のエネルギー蓄積量は1日何kcalにあたるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 120kcal/日

    解説

  • 54

    離乳開始前の乳児に(  )を与えることに栄養学的意義は認められない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 果汁

    解説

  • 55

    離乳とは、母乳や育児用ミルク等の(  )から(  )に移行する過程をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳汁栄養 幼児食

    解説

  • 56

    離乳の目的を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・バランスのとれた栄養素の確保 ・摂食機能発達の助長 ・消化機能発達の助長 ・精神発達の助長 ・食習慣の確立

    解説

  • 57

    (   )とは、成長・発達を継時的変化で示したもので、20歳での成長・発達度を100として4つの型に分類している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スキャモンの成長曲線

    解説

  • 58

    スキャモンの成長曲線の4つの型を述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①一般型 ②脳・神経型 ③リンパ系型 ④生殖器型

    解説

  • 59

    スキャモンの成長曲線における、リンパ系型にあたる組織・器官を全て述べよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胸腺、リンパ腺、扁桃腺

    解説

  • 60

    スキャモンの成長曲線において"頭囲"は、一般型と脳・神経型のいずれにあたるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳・神経型

    解説

  • 61

    スキャモンの成長曲線の一般型にあたる要素はどの時期に成長が著しいか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳幼児期および思春期

    解説

  • 62

    スキャモンの成長曲線において、乳幼児期に成長が著しく、12歳ごろに完成するのはどの型にあたるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳・神経型

    解説

  • 63

    スキャモンの成長曲線において、リンパ系型は(  )歳ごろに(  )歳時の(  )倍程度まで成長し、その後(  )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10~12歳ごろに20歳時の2倍程度まで成長し、その後低下する。

    解説

  • 64

    スキャモンの成長曲線において、生殖器型はどの時期に最も成長するか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 思春期

    解説

  • 65

    乳児の身長に対する体表面積は成人に比べて大きく、これは(  )で失われる水分が多いことを意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不感蒸泄

    解説

  • 66

    乳児の体内水分量(%)はいくらか。

    補足(例文と訳など)

    • 成人は55~60%

    答え

    • 80%

    解説

  • 67

    乳児の皮下脂肪は生後( )ヶ月で最大になり、その後は減少に転じ、栄養状態と相関する。 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3ヶ月

    解説

  • 68

    乳歯(一時歯)の萌出が始まるのは生後何ヶ月頃か。

    補足(例文と訳など)

    • 離乳が開始できるのはこのため。

    答え

    • 生後6ヶ月

    解説

  • 69

    基礎代謝基準値が最も高いのはどの時期か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 幼児期(1〜2歳)

    解説

  • 70

    一歳児の体重は新生児のおよそ何倍か。

    補足(例文と訳など)

    • 新生児はおおよそ3000gであり、一歳児では9000gほどになる。また4歳児では5倍の16kgほどである。

    答え

    • 3倍

    解説

  • 71

    一歳児の身長は新生児のおよそ何倍であるか。

    補足(例文と訳など)

    • 新生児の身長は平均50cmであり、一歳児では約75cmとなる。4歳児では2倍の約100cmほどになる。

    答え

    • 1.5倍

    解説

  • 72

    新生児期とはどの時期を指すか。

    補足(例文と訳など)

    • 新生児期・乳児期前半における身体的な成長・発達の伸びは最も顕著

    答え

    • 0~1ヶ月未満

    解説

  • 73

    乳児期はどの時期を指すか。

    補足(例文と訳など)

    • 新生児期・乳児期前半における身体的な成長・発達の伸びは最も顕著

    答え

    • 1ヶ月〜1歳未満

    解説

  • 74

    幼児期とはどの時期を指すか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1~6歳

    解説

  • 75

    学童期はどの時期を指すか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6~12歳

    解説

56678

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ