zuknow learn together

新しい教材を作成

ハーブアドバイザーへのいざない 1

カード 47枚 作成者: ハーベスト (作成日: 2014/09/23)

  • 「植物の中でのハーブ🌿」
    生活型の植物分類
    植物の分類は、各々植物の( )による分類や、見た目の大きさや、成長した時の形態で分類する( )の分類があります。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    「植物の中でのハーブ🌿」 生活型の植物分類 植物の分類は、各々植物の( )による分類や、見た目の大きさや、成長した時の形態で分類する( )の分類があります。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 繁殖型 2 生活型

    解説

  • 2

    ( )年生、( )年生草本 ( )を出し、( )し、( )を作って( )いくという( )を、( )年で終了する植物グループが( )です。この( )が1年以上かかり、( )年目に花を咲かせて枯れていくのが( )です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1、2、芽🌱、成長、種子、枯れて、サイクル、1、1年生草本、サイクル、2、2年生草本

    解説

  • 3

    ( )草本 春に( )が出、( )し、秋になると( )が枯れて( )になり、この( )を( )グループの植物です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多年生、芽🌱、成長、草本の部分、根の部分だけ、サイクル、毎年繰り返す

    解説

  • 4

    「( )」 木質の多年生植物で、( )を中心にした高い植物です。一般的に幹が( )で、いくつにも( )しているグループの植物です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高木、一本の幹、上方に伸びる途中、枝分かれ

    解説

  • 5

    「 ( )」 高木より高さの低い木質の多年生植物で( )の部分から( )が出ているグループの植物です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低木、株元、たくさんの枝🌿

    解説

  • 6

    「( )」 からみついたり、くっついたり、あるいは巻きひげなどの性質を持っているもので、( )や、横に広がる性格の植物のグループです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • つる性植物、つるの状態

    解説

  • 7

    ハーブにはその他に、( )の仲間、( )の仲間、( )の仲間など、種子によって( )しない草や( )のグループがあります。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キノコ、海藻、シダ、繁殖、菌類

    解説

  • 8

    「葉、茎」 葉は、( )を行っている部分で、葉に含まれている( )は、一般的に( )作用や( )作用、( )作用があるといわれています。葉は、ハーブの中で最も利用されている部分です。 茎は、( )部分で、液体質や繊維質を含んでいるものが多くあります。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光合成、葉緑素、殺菌、脱臭、解毒、養分を運ぶ

    解説

  • 9

    「花」 花は、一般的に、( )、( )、( )からなる( )の部分と、雌しべの周囲に( )、( )からなる( )があり繁殖の働きをしています。その雌しべ、雄しべの外側に( )や( )があります。毒性のある花を除いて、花の( )の部分をハーブ🌿として活用することができます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子房、花柱、柱頭、雌しべ、花糸、葯、雄しべ、花弁、花冠、全て

    解説

  • 10

    「種子、果実、木の実」 種子は、( )と数種の( )で作られます。種子は、( )で成長し、( )で、その多くは( )を含んでいます。 ( )が大きくなったのが( )で、その形状は種類によって異なります。 ( )は、乾燥していて熟しても割れず、その中に( )がはいっています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顕花植物、非顕花植物、子房のなか、栄養分が豊富、植物油、子房の膜、果実、木の実、種子

    解説

  • 11

    「根」 根は、植物の地中部分で、土の中で( )したり、休眠の時の( )働きをしています。細かい毛の根毛は、養分と水分の吸収以外に、( )する物質を分泌します。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水と養分を吸収、養分を蓄える、植物を保護

    解説

  • 12

    「樹皮、木部、樹脂」 ( )、( )、( )の部分に、樹脂、木部、樹皮はあります。幹や枝などの( )である木部、樹皮は、それを( )の部分になります。樹脂は、( )したときに( )する( )のある、( )物質です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 木の幹、枝、根、中心部分、保護する皮、樹木が損傷、分泌、粘着性、水に溶けない(水に溶けにくい)

    解説

  • 13

    「アルカロイド」 ( )を一つ以上含んでいる( )のことで、人体の中枢神経をはじめとした組織に働き、強い効能を持つものがあります。( )、( )、( )などもアルカロイドの一つで、中には毒性の強いものがあります。( )にもなり、古くから研究の対象になっています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 窒素原子、活性有機化合物、モルヒネ、ニコチン、カフェイン、薬の重要な原料

    解説

  • 14

    「 苦味質」 ( )で、( )の( )を促し( )させる、多種多様な物質の化合物です。苦味質は、( )し、さらに( )ともいわれています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 苦味のある成分、消化酵素、分泌、食欲を増進、肝臓も刺激、消化を促す

    解説

  • 15

    「 粘液質」 ねばねばと糸を引くような( )のことで、多くの場合、( )です。その組成は、多糖類で、水分を吸収してゼリー状になります。( )や( )を( )をする、といわれています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 粘着性のある物質、植物が傷ついた時に出てくる成分、痛み、皮膚の炎症、やわらげる働き

    解説

  • 16

    「フラボノイド」 植物に含まれる( )の( )で、( )の中の一つです。( )の一つとして注目され、( )や、( )、( )、( )、( )、( )や( )などが期待できる成分といわれています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 淡黄色、色素成分、ポリフェノール、抗酸化物質、動脈硬化の予防、毛細血管を強化、抗アレルギー、抗菌、抗ウィルス、利尿、発汗作用

    解説

  • 17

    「 タンニン」 皮膚や粘膜のタンパク質と反応して、( )したり、( )したり、( )、あるいは( )する作用がある物質です。( )があることで注目を集めています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炎症を鎮静、治りを早く、下痢をとめる、カタル性の分泌物を減らしたり、抗酸化物質

    解説

  • 18

    「 ビタミン・ミネラル類」 ビタミンは、( )で、ビタミンD以外は植物、果実、野菜などに含まれています。 ミネラルは、( )や( )、( )、( )などに含まれ、各種の代謝過程に必要な微量元素です。( )、( )、( )などがこの仲間です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間の代謝に不可欠な物質、血液、組織液、骨、歯、鉄、亜鉛、カルシウム

    解説

  • 19

    ハーブのの質を求めるのであれば、( )か( )のもので、( )のものを選ぶと良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自生(ワイルド)、有機栽培、自然乾燥

    解説

  • 20

    自生( ワイルド)ハーブ ( )で育っているハーブのこと。自生が出来たということは、その土地に( )ということと、( )などを与えなくても十分に( )を持っていたということ、またそのような環境があったということになります。いろいろな領域に使用するには( )といえます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然の状態、適している、肥料、育つ強さ、理想的なハーブ

    解説

  • 21

    「有機栽培ハーブ🌿」 ( )で、( )を使用して栽培しているハーブのこと。 安全性が高く成分的にも優れていて、( )といえます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無農薬、有機肥料、安心して使用できるハーブ🌿

    解説

  • 22

    「 無農薬ハーブ🌿」 ( )に( )を使用して、栽培されたハーブの事をさします。農薬が使用されていないので、( )と考えられます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農薬を使用せず、化学肥料、おおむね安心して使用出来るハーブ🌿

    解説

  • 23

    「減農薬・減肥ハーブ🌿」 農薬を( )、あるいは化学肥料を使う( )栽培で作られたハーブ🌿をさします。人体になるべく害が及ばないように、工夫された栽培で作られたと考えて良いです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 使う回数・量を減らした、回数・量を減らした

    解説

  • 24

    「その他のハーブ🌿」 農薬を使用し、化学肥料で栽培されたハーブ🌿は、摂取と同時に( )などを摂取してしまう場合もあるので、安全性の面から、色、味、香りの点からも( )ハーブ🌿です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 残留農薬、なるべく避けたい

    解説

  • 25

    「自然乾燥」 ハーブ🌿を採取してから、( )させることです。色や状態の良いドライハーブ🌿になります。成分的にも損失がすくないので、( )といえます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然な形で乾燥、理想的な乾燥方法

    解説

  • 26

    「ドラム(機械)乾燥」 ハーブ🌿を採取してから、( )させる方法です。色が全体的に退色していて、理想的な状態とはいえませんが、コストの問題などで多く使われています。自然乾燥のものと比べると、( )がわかります。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大型の乾燥機で一気に乾燥、色などで違い

    解説

  • 27

    ハーブを長期的に保存する場合は、変質を出来るだけ遅くするために、なるべく( )させたものか、大きなカットのドライハーブを購入する方がよい。小さくカットされたものほど、( )が、それだけ( )や( )が早くなるからです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大きな形状で乾燥、成分抽出の効率は良くなります、酸化、劣化

    解説

  • 28

    「ポプリ虫」 6〜10月の( )、( )になる時期には、ポプリ虫という( )が発生することがあります。この虫は、( )といわれています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高温、多湿、小さなこげ茶色の虫、人体には無害

    解説

  • 29

    ドライハーブ🌿を保存する時は、ガラスや陶磁器製のネジ蓋やゴムパッキンのついた( )に入れ、乾燥剤を入れて( )で保存するのが良いでしょう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 密閉容器、冷暗所

    解説

  • 30

    密閉容器には、ハーブ名、購入年月日、または製造年月日を記入した( )を貼っておくと便利です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラベル

    解説

  • 31

    ドライハーブを作る時は、できるだけ晴天が続くタイミングを見計らい、( )、( )、出来る限り汚れた空気に触れない( )で、直射日光は避けて( )にします。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風通しが良く、湿気がすくない、清潔な場所、陰干し

    解説

  • 32

    ドライハーブには、( )のものと( )のものがあります。 パック詰めのものであれば、( )、( )の確認、( )がはいっているもの、あるいは( )が入っているものであれば理想的です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 食用、ポプリ用、製造年月日、賞味期限、乾燥剤、脱酸素剤

    解説

  • 33

    「フレッシュハーブ🌿」 スーパーマーケットなどで、パックにはいったフレッシュハーブを購入する時には、( )が良く、しおれていない、( )て( )としているものを選ぶのが良いでしょう。ふつうの( )と共通しています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鮮度、みずみずしく、シャキッ、野菜選び

    解説

  • 34

    「ハーブ苗」 ハーブの苗を購入する場合、出来るだけ( )や( )がなく、生き生きしているものを選びます。虫などがいないか、病気にかかっていないか、( )などもチエックしてから購入すると良いでしょう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変色、虫食い、葉の裏側

    解説

  • 35

    「軟膏、クリームを作るための基材」 (蜜ろう) ( )の巣から採取した( )を精製したものです。( )や( )の基材として、欠かせないものになっています。( )があるていわれ、( )働きもあります。( )して使用します。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミツバチ、ロウ、軟膏、クリーム、穏やかな抗菌作用、皮膚を柔らかくする、湯煎

    解説

  • 36

    「軟膏、クリームを作るための基材」 (カカオバター) ( )の( )から抽出した油脂です。皮膚になじみやすく、軟膏やクリームはカカオバターを加えると、より( )ます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カカオの果実、種子、滑らかに仕上がり

    解説

  • 37

    「パックを作るための基材」 (カオリン) ( )を含んでいる( )の一種です。( )、( )、( )に富んだもので、パックの基材として使用されています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケイ酸アルミニウム、粘土、吸収力、吸着力、被覆力

    解説

  • 38

    「パックを作るための基材」 (モンモリオナイト) カオリンと同じく( )の一種です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 粘土

    解説

  • 39

    「食品系の基材」 (ハチミツ) ハーブティーの甘味漬けや、ゴマージュなどの( )として、少量まぜるのに使用されています。( )、( )が豊富で、穏やかな( )があるといわれます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • つなぎ、ビタミン、ミネラル、抗菌力

    解説

  • 40

    「食品系の基材」 (コーンスターチ) とうもろこしの種子から採取した( )のことです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デンプン

    解説

  • 41

    「食品系の基材」 (天然塩) ( )などを作る時に使用します。( )と、( )させる作用があるといわれています。( )や各種( )を含んでいます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バスソルト、抗菌作用、皮膚を活性化、塩化ナトリウム、ミネラル

    解説

  • 42

    「食品系の基材」 (アップルビネガー) りんご果汁を原料とした醸造酢です。穏やかな( )と( )があるといわれています。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗菌作用、デオドラント効果

    解説

  • 43

    「食品系の基材」 (ウオッカ) ライ麦をベースにした( )です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無職無臭の蒸留酒

    解説

  • 44

    「食品系の基材」 (ホワイトリカー) ( )時に使う蒸留酒です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 果実酒などを漬け込む

    解説

  • 45

    「その他の基材」 (精製水) 薬局で販売されている( )のことです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精製された水

    解説

  • 46

    「その他の基材」 (無水エタノール) ( )のことで、薬局で販売されています。( )ので、火の気のないところに保管することが大切です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エチルアルコール、揮発性で燃えやすい

    解説

  • 47

    「その他の基材」 (カプセル) 薬で使用されるカプセルと同じタイプの市販品です。飲みにくいハーブ🌿を入れて摂取したり、( )を作る時に使用します。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーブサプリメント

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ