zuknow learn together

新しい教材を作成

現代社会〜基本的人権の保障〜

カード 42枚 作成者: りょうへ (作成日: 2014/09/11)

  • 基本的人権とは、憲法11条で何として保障されなければならないか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

完成したぞ!
人権の広がりは自分でがんばって!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    基本的人権とは、憲法11条で何として保障されなければならないか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 犯すことのできない永久の権利

    解説

  • 2

    権利と権利が衝突したり対立したとき、調整するものは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公共の福祉

    解説

  • 3

    基本的人権は、人類の多年に渡る(①)の成果であるとされていて、国民の(②)によって保持されなければならないとされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自由獲得への努力 ②不断の努力

    解説

  • 4

    18世紀の西欧社会 「①」VS 個人 現代社会 「②」など私的団体VS個人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①国家権力 ②大企業

    解説

  • 5

    こうした「社会的権力」からの人権侵害に対しても人権を保障すべきだと考える考え方。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 私人間における人権保障の考え方

    解説

  • 6

    国民の三大義務 ①()義務 ②()の義務 ③()の義務

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①子供に普通教育を受けさせる ②、③勤労、納税

    解説

  • 7

    基本的人権では、個人の尊重を13条でどのように掲げているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全て国民は個人として尊重される ※個人=人格、一人ひとり多様。

    解説

  • 8

    一人ひとり多様であれば、いろいろな違いが出てくる。 だからこそ、一律に同等に扱うべき➡︎(①)の平等

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①法の下

    解説

  • 9

    「全て国民は、(①)、(②)、(③)、(④)、または(⑤)による差別を受けない。」憲法14条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①人種 ②信条 ③性別 ④社会的身分 ⑤門地

    解説

  • 10

    女性差別はまだ社会に根強く残っている。 ➡︎「①」法 「②」法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①、② 男女雇用機会均等法 男女共同参画社会基本法

    解説

  • 11

    今もなお残る、封建身分制のもとで卑しい身分とされいろいろな差別を受けてきた人々の問題。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 部落差別(同和問題)

    解説

  • 12

    部落差別の撤廃を求めるために、1922年に結成された組織。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全国水平社

    解説

  • 13

    北海道の先住民、アイヌ民族を法律上承認した法律。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アイヌ文化振興法

    解説

  • 14

    自由権とは何か。「干渉・侵害」、「自由」を使って説明せよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人が国家権力から不当な干渉・侵害を受けずに、自由に生きる権利

    解説

  • 15

    自由権は、大きく三つにわけることができる。 その3つを答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神の自由、身体の自由、経済活動の自由

    解説

  • 16

    日本国憲法は、精神の自由として、何の自由を保障しているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 思想・良心の自由 信教の自由 言論・出版などの表現の自由 学問の自由

    解説

  • 17

    大日本帝国憲法の時代に、公権力が言論や出版の統制をしたことを何と言うか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検閲

    解説

  • 18

    日本国憲法は、旧憲法時代の国家神道体制を反省し、国と宗教の結びつきを否定する(①)を詳細に定める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政教分離の原則

    解説

  • 19

    【判例】 愛媛県が、靖国神社や護国神社に玉串料などとして公金を支出。最高裁は、違憲判決をだした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 愛媛玉串料訴訟

    解説

  • 20

    【判例】 高校の教科書検定は「検閲」にあたり違憲であるとして争った訴訟。最高裁は合憲判決。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家永訴訟

    解説

  • 21

    身体の自由は、(①)拘束及び苦役を禁止。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 奴隷的

    解説

  • 22

    法の定める適正な手続きによらなければ刑罰を科せられないという原則。 ※二つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 適正手続主義 罪刑法定主義

    解説

  • 23

    逮捕や捜査についての(①)主義、(②)権の保障 ⬅︎(③)を防ぐため。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①令状 ②黙秘 ③冤罪

    解説

  • 24

    判決確定後に事実認定に合理的な疑いがでたとき、裁判をやり直すこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再審

    解説

  • 25

    疑わしきは「①」の原則のによって、死刑から無罪になった冤罪事件が少なくない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①被告人の利益に

    解説

  • 26

    被害者の人権を守るためにできた法律と制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 犯罪被害者基本法 被害者参加制度

    解説

  • 27

    経済活動の自由は、(①)、(②)、(③)の自由。 (④)権、さらに(⑤)の自由も保障。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①居住 ②移転 ③職業選択 ④財産 ⑤営業

    解説

  • 28

    資本主義の発展によって、(①)の差が拡大。➡︎社会問題化➡︎(②)の理念➡︎ 社会権ができる!

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①貧富 ②福祉国家

    解説

  • 29

    25条の生存権とはどのような権利か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康で文化的な最低限度の生活を営む権利。

    解説

  • 30

    【判例】 生活保護法による生活保護基準が25条に違憲だとして争われた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 朝日訴訟 ※最高裁は「プログラム規定」説の立場から、合憲判決。

    解説

  • 31

    【判例】 障害福祉年金を受けている者に児童扶養手当を支給しないのは、14条、25条に違反するとして提起された訴訟。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 堀木訴訟 ※最高裁は国会の裁量に属するといって違憲の主張を退けた。

    解説

  • 32

    教育を受ける権利をうけて、教育の目的などを定める法律は何か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育基本法

    解説

  • 33

    教育を受ける権利の背後にあるのは、どのような権利か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学習権

    解説

  • 34

    教育を受ける権利の最低限の保障として、26条では何を定めているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 義務教育の無償

    解説

  • 35

    労働三権を答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 団結権 団体交渉権 団体行動権(争議権)

    解説

  • 36

    労働三法を全て答えよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働基準法 労働組合法 労働関係調整法

    解説

  • 37

    日本国憲法は、(①)の原理のもとで、国民の選出した代表者が議会を通じて立法や政治を行う(②)を採用している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①国民主権 ②議会制民主主義

    解説

  • 38

    憲法で、「国民固有の権利」としてどのような権利を保障しているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公務員の選定・罷免権 普通・平等選挙

    解説

  • 39

    国民が直接決定する直接民主制的制度として採用されている二つの制度を答えよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 憲法改正の国民投票 国民審査

    解説

  • 40

    権利や自由が侵害されたときに裁判所に訴えてその救済を求めるための権利。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判を受ける権利

    解説

  • 41

    公務員の違法な行為などによって、損害を受けた国民が、国や地方公共団体に損害賠償を請求できる権利。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国家賠償請求権

    解説

  • 42

    損害の救済や法律などの制定・廃止などに関して議会や行政機関に請願する権利。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 請願権

    解説

56767

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ